プレママタウン

妊娠中の仕事

体験/アドバイス

働く先輩ママが語り尽くした、育休中と保活のこと

2017.10.30

働く先輩ママたちの妊娠中から職場復帰後の経験やホンネを聞く座談会を開催。前号では、職場への妊娠報告のタイミングや妊娠中の働き方についてご紹介しました。今回は、座談会で最も盛り上がった「保活」=保育園探しを中心にお伝えします。まだまだ待機児童が多い首都圏にお住まいの3名の先輩ママが、いかに苦労して保育園入園までこぎつけ、子育てと仕事を両立させているか、リアルなお話がうかがえました!

妊娠中の仕事と職場との関係について語り合った内容はこちら>>
仕事と育児の両立についての悩みや工夫についてはこちら>>

取材協力:ユニ・チャームunicharm

座談会出席者紹介(写真左から)

長井千香子さん
ユニ・チャーム(株)勤務。「ソフィ」などの女性用生理用品ブランドのマーケティングをご担当しています。28歳のときに第1子、33歳で第2子出産し、小2と3歳の男の子のママです。育休はどちらも約1年半ずつ取得し、ふたりとも保育園に1歳児クラスから入園しました。

大熊輝子さん
ベルメゾンの(株)千趣会勤務。EC販売推進部で、ベルメゾンとベビータウンをつなぐお仕事もされています。31歳のときに第1子、35歳で第2子出産し、小1と2歳の女の子のママ。育休はどちらも約1年半ずつ取得し、ふたりとも保育園に1歳児クラスから入園しました。

大浦樹子さん
ソニー生命保険(株)勤務。経営企画部でリスクマネジメントのお仕事をされています。  34歳のときに第1子、37歳で第2子出産し、4 歳と1歳の男の子のママ。育休は長男の時が1年1ヶ月(1歳児クラスから入園)、次男のときは10ヶ月(0歳児クラスで入園)取得しました。

夫は妻が仕事をつづけることに、どう協力している?

出産後のみなさんの働き方をどうするかを、どのタイミングで旦那さまと話し合いましたか?

大浦さん

大浦さん

夫と出会ってつきあい始めたとき、結婚後のことを話し合いました。私は仕事を続けたいことを伝え、子どもは2人ほしいというのはお互いに一致していたので、「1人目は私が見るから2人目はよろしく」と夫に言いました。

長井さん大熊さん

長井さん・大熊さん

すごい!しっかりしてる!さすが理系(笑)

大浦さん

大浦さん

話したら「そうだね」と夫も言ってくれました。実際には長男のときも次男のときも、出産後に夫は2週間だけ育休を取ってくれました。主人の会社は最初の10営業日の育休を有給扱いとする会社なので。

他のお二人の旦那さまは育休は取られましたか?

長井さん

長井さん

取ってないですけど、1年とか取ってくれるならいいですが、今はまだ男性がそんなに育休を取れないですよね。

大熊さん

大熊さん

1週間とかで「育休取ったぜ!」って言われるのもね(笑)。

長井さん

長井さん

男性が1週間とかの休みで「私は育休取りました」とイクメン的な記事を見るとどうなのかな、と。こっちはずっとなのに。育休を取ったかどうかより、実際にどれだけ育児しているかが大事だと思います。だから、例えば、金曜日の夜から月曜日まで、とか期間を決めて、奥さんだけ自由行動で実家に帰るなどして休ませてもらい、3日間限定パパだけのワンオペ育児(※ワンオペレーション育児=ひとりだけで育児をすること)を体験してもらうなど、が本当は手っ取り早いと思います(笑)育児は、「頭」で理解するものではなく、「体」で体験経験してしかわかりえないものですから。その体験を通して、「あ、こういうことだったんだ」と理解できると違ってくると思います。

大浦さん

大浦さん

「ミルクでもいい」って割り切れれば、もっと早い時期にパパのワンオペ育児もできるのでしょうけどね。母乳をあげてないと自分のおっぱいも張ってきちゃうし。
ただ、我が家は里帰り出産をしなかったので、2週間でも夫の育休は必須でした。 私の実家が遠方なのですが、夫が東京での出産を希望したので、「あなたが育休を取ってくれるなら東京で産んでもいいよ」と交換条件で。1人目の時は私も主人も初めてのことだったので、主人が活躍したとまでは言えませんが(笑)、2人目は上の子の保育園の送り迎えから家事育児とかなりやってくれたので、産後の床上げまでの間は家にいてくれてかなり助かりました。夫自身も生まれてすぐの子どもを24時間見ることができて、親としての実感もわいたのかなと思います。

みなさん育休中は完母だったとのことですが、育休中の完母から保育園に預けるときの混合への移行は?

長井さん

長井さん

うちは保育園に入れたのが2人とも1歳を過ぎていたので、離乳食メインでほとんど乳離れしていたと思います。1歳を機に母乳は卒業させて、1歳半で保育園に入れているので、それまではミルクにしました。

大熊さん

大熊さん

私は育休の途中から、夜だけ母乳を飲ませていました。

大浦さん

大浦さん

1人目は哺乳びんを嫌がったのでミルクにできなかったのですが、保育園は1歳すぎからだったので影響はなかったです。2人目は哺乳びんの練習しなきゃなと思いつつ、哺乳びんを洗うのが面倒くさくて。「おっぱいが出るのにわざわざミルクの練習するのもな…」という思いもありました。あわてて練習させたけど、ミルクも哺乳びんもいやがって。でも10ヶ月になっていて、離乳食も始まっているし無理に飲ませなくても水分補給だけできればいいかなと。後輩で「生後半年で保育園に入れる」と決めていた人は、最初からミルクと混合でがんばっていましたね。

働くママ最大の悩み「保活」は?

保育園探しはどうされましたか?

大浦さん

大浦さん

上の子は3月生まれですが生後3ヶ月ぐらいから保活始めたら認証保育園で何十人待ちという状況でした。保育園からも「来るのが遅い」と言われるし、認可保育園は1歳の4月まで入れないしで、慌てました。認可外保育園が見つかって入れましたけど、そこは2歳まで。1年待ったら認可に入れると思っていけど入れず、結局2年待ち。本当にショックでした。年少で奇跡的に入れましたけど、区役所に異議申し立て行きましたよ。

長井さん

長井さん

区役所、私も行きました!区議会議員にも会いました。

大熊さん

大熊さん

そういうのって効くんですかね?

長井さん

長井さん

効くかどうかわからないですけど、できることはなんでもしようと。大浦さんと私の住まい、偶然同じ区なのですが、待機児童が多いのに保育園が全然増えないので、行政に声をあげるしかないんですよね。

大浦さん

大浦さん

2年待って認可保育園に入れなかったので「異議申し立てにみんなで行くからどうですか?」とママ友から声をかけられました。実は長男は隣の区の認可外保育園に通っていたのですが、その区内に住んでいるママ友はパート勤務でしたが、認可外保育園に入れていたことで加点(※保育園の入園条件として、ほとんどの自治体は点数制で家庭の状況を審査しており、その点数が付くこと。ポイントとも呼ばれます)がついて翌年認可保育園に入れたのです。でもうちの区はダメで。区によって保育園の加点制度が違うので、どこがいいかは一概には言えませんけれど。

保育園の入りやすさとか加点(ポイント)のことは誰か教えてくれましたか?

長井さん

長井さん

「妊娠した瞬間に認可外保育園に電話しまくらなければいけない」とママ友から聞きました。無事に産まれてくるかもわからないのに、保活のために4月生まれになるように妊活するとか、認証保育園は先着順なので妊娠9週目で電話を抱えていたり。でも、そんなことしなきゃいけないって、本当に日本はおかしいと思いました。そこまでしなければ保育園に入れない国ってがっかりですよね。妊婦は、なんとか健康にお腹の子に育ってほしいと一心に考えて、小さな命を守っている人が、そんなことを考えなければいけないのかと腹がたちました。

大浦さん

大浦さん

妹が住んでいる自治体は、保育園の0歳児枠が毎月増えていくので、年度途中でも入れるのです。でもポイント内容は開示されていないから何が優先されているかはわからない。東京は入りにくいけどポイント内容は開示されてはいる。どっちもどっちですよね。妹の居住地のように年度途中で入れる枠はできないかと異議申し立てで言ったら、「そういうこともやりたいけれど、現状で待機している人が大勢いるので、枠をあけること自体ができない」と。確かにそうなんですけど。
上の子で苦労したので、2人目は0歳の4月で入れるように、兄弟加点がつくうちに2人目がんばろうかと思いました。でも授かるタイミングはわからないし。保育園のことで産むタイミングを考えなきゃいけないことがおかしいと思います。

大熊さん

大熊さん

本当ですよね。上の子と下の子との年齢差とか、家庭ごとの事情による育てやすさで産むタイミングは考えたいのに。

長井さん

長井さん

後輩たちにはこんな想いはさせたくないですよね。だから今できることをしたいと思っています。私は今、下の子の来年の保育園が決まっていないんです。保活して区役所とかに行っていると、仕事と育児に加えて「政治活動」してることになるじゃないですか。だけどこの時期が過ぎてしまって当事者でなくなると声を上げられなくなるので、大変でも今やろうと。継続して声があれば何かしら変えられるのではと、少しは希望をもっています。

大熊さん

大熊さん

保育園の拡充と同様に、学童についても同じことをリクエストしたいです!保育園の待機児童はよく取り上げられていますが、学童も待機児童がいるんですよね。学童は、制度上は小学3年生まで預けられるのですが、自治体によっては、小学2年生や3年生になると、もう入れないという話もよく聞きます。学童は、保育園と違って、毎年入会審査があり、学年が上がるごとに付与ポイントが下がりますし。子どもによっては、3年生でカギを預けても大丈夫な子もいるかもしれませんが、その子の性格にもよるし、預かってもらえるなら、3年生以上でも預かってもらえた方が親は安心なので、学童ももう少し手厚い補助をしてほしいですよね。

旦那さまは保活に一緒に動いてくれましたか?

長井さん

長井さん

私から言えばバックアップしてくれました。

大浦さん

大浦さん

いいですね。私は保活で夫に対してイライラしちゃったことがありました。完母中の母親が育休を取るとか、初期の育児は母親が主になることは仕方ないと思っていますが、保育園のことは誰にでもできるし、区役所は父親だって行ける。申込みだって行けるはずなのに、「なんで私が全部調べて、電話かけて、申込みも一人でやってるの?」って。「こういう保育園に見学に行ったよ」と言えば「ふーん」という反応。「そうじゃなくて、保育園を調べようと思わないの?」と。論理的に話せばちゃんと聞いてくれるのだと思いますけど、イライラした状態だとうまく話せなくて。もうちょっと夫にも当事者意識がほしいのですけどね。

長井さん

長井さん

家族の中の優先順位として、1番は子どもの命のことで、2番が夫の仕事、3番目が私の仕事と、なんとなくなっている気がします。そうなると、私が保活に奔走するのは優先順位が3番目だからで、保育園に入れなかったら奥さんが仕事辞めればいいだけという暗黙の了解がありますよね。でもその優先順位は否定できないから仕方ないのかな、という気持ちもあります。

でも今の若い人は、夫婦の収入差があまりなかったり、共働きでないと子育てできない家庭も多いですよね。

長井さん

長井さん

そうしたら夫も保活に奔走すべきですよね。日本のパパは保育園に入れなかったら自分が仕事を辞めるとは思ってないですよね。

大浦さん

大浦さん

保活しているパパがいないわけじゃないですけど、ごく少数ですよね。逆に、「自分が大黒柱となって働く覚悟があるのか?」と問われると、いざとなれば覚悟できるかもしれませんが、パパに仕事があるうちはそこまでの覚悟にはなれないかもしれませんね。3番目でも仕方ないかも。

仕事をつづけてよかったことは?

保活に苦労されながらも、仕事と育児を両立してよかったと思うのはどんなことですか?

長井さん

長井さん

ママになったからこそということでは、自分に限らず仕事でも家庭でも時間が限られているので、ママってものすごくマネジメント能力あるし、仕事早いですよね。そういう人材を会社もうまく使えば生産性も高まりますよね。

大熊さん

大熊さん

子どもはもちろん一番大切ですけど、離れる時間も自分には大事で、それがあるからこそなお大切な存在だと思えることがよかったですね。

大浦さん

大浦さん

 1人目のときは「会社辞めてもいいかな」と思った時もありました。私は仕事では旧姓を使っているのですが、2人目を産んだ頃から病院に行ったり役所に行ったりで、実名で呼ばれる機会が増えて、実名の自分と旧姓の自分の区別に混乱したこともありました。でも、今は、一人の人間として旧姓で仕事をしているときの自分も大事にしたい。それがあるからこそ母として全力で家庭でもがんばれるのかなと思います。

長井さん

長井さん

私もお二人とまったく同感です!(笑)

待機児童問題とリアルタイムで闘いながら、家庭での自分、社会で活躍している自分、そして後輩ママのためにも日本をよくしようと精一杯生きていらっしゃるお三方は、とてもキラキラしていました。その姿は、お子さまたちにも、会社の同僚や後輩たちにもきっと輝いて見えていることと想像がつきます。

三名には、仕事と育児の両立のために工夫されていることや、旦那さまやママ友、同僚など、まわりの協力を得ながら子育てするコツなどについても熱く語っていただいています。姉妹サイト「ベビータウン」の以下のページもぜひご覧ください!

仕事と育児の両立についての悩みや工夫についてはこちら>>
パパの役割や職場との関わり方についてはこちら>>

働くママを応援するムーニーサイトはこちら

あわせて読みたい記事

働く先輩ママたちの妊娠中から職場復帰後の経験やホンネを聞く座談会を開催。待機児童が多い首都圏にお住まいの3名の先輩ママが、いかに苦労して保育園入園までこぎつけ、子育てと仕事を両立させているかについてお伝えしています。妊娠・出産のサポートサイト「プレママタウン」