プレママタウン

妊娠中の病気・薬

専門家/メーカー

マスク装着でかぜ・インフルエンザ対策

2010.10.06

学資保険相談キャンペーン実施中

妊娠中や授乳中のママは薬に頼りにくいため、かぜやインフルエンザがはやり出す時期には予防が肝心! 屋外や人の多いところではマスクを付けて、外出から戻ったらうがいや手洗いを徹底するなどの対策を心がけたいものです。
そして、マスク着用の効果を高めるには、どんなマスクを選ぶかも重要なポイント。
ここでは、かぜやインフルエンザに感染するメカニズムや、マスクの役割、予防効果の高いマスクの選び方についてご説明します。

取材協力:ユニ・チャームunicharm

「かぜを引く」
ということは

のどの痛みや発熱といった「かぜ」の症状。インフルエンザはさらに悪寒や頭痛、関節痛などを伴う重い症状をあらわします。こうした症状を引き起こしているのがウイルスです。ウイルスが私たちの体内に入るのは、鼻や口から。鼻やのどの気道の粘膜が健康な状態であれば、くしゃみや咳で異物を排出するのですが、この気道粘膜が乾燥し荒れた状態だと、排出する働きが低下し、くしゃみや咳が悪化して炎症や痛みを発症することになります。さらに体内に侵入し増殖したウイルスをやっつけようとして発熱します。

外の空気が乾燥する季節は鼻やのどが乾きやすくなるので、感染しやすくなるのです。

感染のメカニズム

  • 乾燥した空気を吸うと、のどの粘膜は乾燥状態になります。

  • のどが乾燥すると、ウィルスや細菌が粘膜へ侵入し感染しやすくなります。

  • ウィルスが感染するとのどが炎症をおこし、つらい痛みを感じるのです。

セルフケアでしっかり対策

かぜやインフルエンザの人のウイルスは一般的には「飛沫感染」と「接触感染」という形でほかの人にうつると言われています。ごく小さく軽いウイルスがくしゃみや咳の飛沫によって空気中に飛び散り、鼻や口から直接ほかの人の体内に入り込みます。これが「飛沫感染」です。それだけでなく、手すりやドアノブなど飛沫のついた場所を無意識に触り、その手で自分の口を触ったり物を食べたり飲んだりしてウイルスが侵入することもあり、これが「接触感染」です。

手や肌、のどなどについたウイルスを落とすにはうがい、手洗いをします。それに加え、ウイルスが入らないようにするため、鼻と口をマスクでおおうことが対策のカギとなります。

マスクの効果のほどは?

マスク装着には鼻・口からの飛沫ウイルスの侵入をガードするのと同時に、のどの乾燥を防ぐ効果もあります。インフルエンザウイルスは低温、低湿度を好むので、のどの湿度が上がればインフルエンザに感染しにくくなると見られています。

マスク装用有無による、子供のインフルエンザ発症率の違い

インフルエンザ発症率 5分の1に低減!

マスクによって
効果はいろいろ

ここ数年、マスクの効果は注目を集め、薬局などでもさまざまなマスクが売られています。マスクであれば、どれでも同じように効果があるわけではありません。では、どんなマスクがいいのでしょうか?

マスクで鼻と口を覆っていても、鼻の横や頬のところにすきまがあると、そこから飛沫ウイルスは入り込みます。だからといって、口や鼻の穴にフィットしすぎると息苦しくなってしまい、長時間着け続けることができなくなってしまいます。つい外したときに感染してしまっては意味がないですよね。

つまり、よいマスクの条件は

  • すきまが出来にくいこと
  • せきやくしゃみに含まれる飛沫ウイルスを通さないこと
  • 長時間使用しつづけることができること

だと考えられます。

マスクを外すときの注意

マスクの表面にはウイルスや細菌が付着している危険性が大。せっかくマスクでガードしたのに、そこを触ると手にウイルスが付いてしまいます! 外すときは表面を触らないよう気をつけましょう。また、外した後はすぐに手をしっかりと洗いましょう。

まとめ

かぜやインフルエンザの事前対策をするために、マスクは必須アイテムです。かぜやインフルエンザに絶対かかりたくないプレママ期は、予防効果の高いマスクを選びましょう。乾燥に気になる季節は特に、外出時の必須アイテムです。

プレママタウンの
オススメはこちら

あわせて読みたい記事

出産予定日の登録

出産予定日を入力してね!
登録するとあなたにおすすめの記事が表示されるよ!

関連するキーワード

記事をシェアしよう!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!
  • ママ友が増えて悩みや不安を解消!

プレママタウン
入会キャンペーン

今なら全員に
「ナチュラル ムーニー」オリジナルサンプルプレゼント!

乾燥する季節、薬に頼りにくいママとしてはかぜやインフルエンザには気を付けたいですよね。そんな時はマスクを着用して感染を未然に防ぐように心がけましょう。ここでは意外と知らないマスクの正しい使い方を教えちゃいます。妊娠・出産のサポートサイト「プレママタウン」

新規入会キャンペーン
今すぐ会員登録しておむつ試供品をもらおう!