プレママタウン

妊娠中の食事

専門家/メーカー

妊娠中の食事 妊婦にいい食べ物・悪い食べ物

2017.04.23

学資保険相談キャンペーン実施中

おなかの赤ちゃんの体は妊婦さんが食べたものを栄養としてつくられていきます。だから妊娠中の食べ物には妊娠前よりいっそう気を配りたいですね。普段と同様、バランスのとれた食事が一番ですが、普段よりも意識して摂るべき栄養素や、逆に妊娠中は避けた方がよいNGな食べ物があります。妊婦さん自身とおなかの赤ちゃんの健康を守るために、妊娠中の食事の基本的なことを知っておきましょう。

監修者プロフィール

愛育病院 栄養科・科長 高橋嘉名芽先生

管理栄養士、臨床栄養師。愛育病院で妊婦さんの栄養指導、母親学級、産婦さん・赤ちゃんの栄養管理を担当。

妊娠中に意識して
食べたいものは?

葉酸が豊富な緑黄色野菜

妊娠中に特に意識して摂りたい栄養素の代表が「葉酸」。葉酸はビタミンB群の水溶性ビタミン。細胞分裂に不可欠で、妊娠前や妊娠初期に十分に摂取することで、神経管の先天異常の発症リスクを低下させる効果があるといわれています。18歳以上の女性の1日の摂取推奨量は240㎍ですが、妊娠中は480㎍と通常の2倍必要。ほうれん草など緑黄色野菜や果物、納豆、レバーなどに多く含まれます。ほうれん草は100g当たりに210㎍含まれていますが、水溶性のためゆでると半減してしまいます。茹でると減ることも考えて、他の食材も組み合わせながら、メニューを工夫しましょう。妊婦さん向けに葉酸が手軽にとれるサプリメントもあるので、上手に取り入れる手もあります。

鉄分が豊富な食材

日本人の女性は普段から鉄分が不足気味といわれていますが、妊娠中の鉄分はおなかの赤ちゃんにもしっかり運ばれるため、妊婦さんは貧血になりやすのです。また、妊娠後期は出産に備えて血液量が増えます。血液の赤血球(ヘモグロビンが主成分)の増加よりも、血液の液体部分の増加が多く、希釈され貧血になったりします。増加した赤血球はヘモグロビンのもととなる鉄分が多く必要となります。

妊娠前の月経期間以外には1日約6.5mgだった推奨量が、妊娠初期は+2.5mgの9.0mgに、中期から後期では+15mgの21.5mgにもなるので、鉄分が豊富な食べ物を意識して取り入れるように心がけましょう。鉄分が多い食材には牛肉、レバー、あさり、まぐろ、かつお、納豆、小松菜、ほうれん草、切り干し大根、などがあります。鉄の吸収を良くするにはビタミンCも必要です。

カルシウムが含まれる食材

カルシウムは赤ちゃんの骨や歯をつくる大事な栄養素。通常時よりも多く摂る必要はないものの、日本人は慢性的にカルシウム不足といわれているため、1日550mg~650mgの推奨量をきちんと摂るようにしましょう。カルシウムが多く含まれている食材は牛乳やヨーグルトなどの乳製品、大豆製品、小魚、小松菜等などがあります。

妊娠中の食べ物で
注意したいこと

妊娠中に妊婦さんの食事で注意したいことは、普通の大人が食べたり飲んだりしても大丈夫なものでも、妊婦さんの場合は胎盤を通しておなかの赤ちゃんに届くことで、赤ちゃんの成長や発達に影響を及ぼす可能性があること。

妊娠中は完全に避けた方がよいものと、一定量を超えて食べ過ぎない方がよいものがあります。なかには妊婦さん自身の好物で「食べたい」「飲みたい」と思うこともあるかもしれませんが、人生の中で妊娠中(授乳中を含む場合もあり)は限られた、とても大切な期間。おなかの赤ちゃんの健康を第一に考えて、食品や飲み物を選んでいきましょう。

妊娠中は避けたい
NGの食べ物・飲み物

アルコール

胎児の成長や発達に影響を与える可能性があるため、妊娠中のアルコールはNGが大原則。今はアルコール0%のノンアルコールビールやワインもあるので、利用しながら雰囲気を楽しみましょう。

栄養ドリンク

すべてがNGではありませんが、種類によってカフェインやアルコールが入っているものは、妊娠中は飲まない方がよいでしょう。必ず製品の成分を確認しましょう。

刺身(生魚)・生の魚卵

妊娠中に妊婦さんが食中毒を起こすと胎児に悪影響を与えます。食中毒を防ぐために、生魚はNGです。だからお寿司もがまん。火を通せば大丈夫なので、魚や魚卵を食べる際は焼く、煮るなど必ず十分に火を通しましょう。

生卵

生魚同様に妊婦さんが食中毒を起こすと下痢や嘔吐の症状が出て、胎児に影響を与える可能性があるため、生卵は避けましょう。卵焼きなど、十分に加熱して調理に使うのは大丈夫です。

生肉(ユッケ、レアステーキ、生ハムなど)

妊娠中は特に、リステリア菌に感染しやくすくなり、胎盤を通して赤ちゃんにも届きやすく、リステリア食中毒が胎児に影響を与えるため、生肉・しっかりと加熱のされていない肉や加工品は食べないようにしましょう。食べる際は必ず中まで十分に火を通してください。

ナチュラルチーズ

ナチュラルチーズとは加熱処理されていないチーズのこと。生肉同様、リステリア菌を含んでいる可能性があるため、妊娠中はそのまま食べないようにしましょう。ピザにするなど、加熱する調理法で使う場合は大丈夫です。プロセスチーズは加熱処理されているので食べても大丈夫です。

妊娠中に量に
気をつけたい成分を
含む食べ物・飲み物

水銀を含む魚

「水銀を含む魚!?」とちょっと驚くかもしれませんが、水銀は自然界に微量に存在しています。それを取り込んだ小さな魚を大きな魚が食べることで、大きな魚には水銀が比較的多く含まれているのです。それらの魚を妊婦さんが大量に食べた場合、胎児の発達に影響を与えることが指摘されています。そのため、厚生労働省でも以下の魚について、妊娠中の摂取量の基準を定めています。

  • キダイ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ(インドマグロ)、ヨシキリザメ、イシイルカ、クロムツ…1回80gを週2回まで
  • キンメダイ、ツチクジラ、メカジキ、クロマグロ(本マグロ)、メバチ(メバチマグロ)、エッチュウバイガイ、マッコウクジラ…1回80gを週1回まで

*80gは切り身1切れぐらいの大きさ。

  • コビレゴンドウ、バンドウイルカは水銀量が多いため、妊娠中は避けた方がよいでしょう。

魚はたんぱく質やDHA、カルシウムなどを豊富に含む、本来妊婦さんにとっても良質な栄養源です。上記の魚は偏らないように量と回数に注意しましょう。上記以外の魚(ツナ缶、サケ、アジ、サバ等)は安心して積極的にとりいれましょう。

ヨウ素を多く含む昆布など

ヨウ素は甲状腺ホルモンの主原料で、人間にはなくてはならない成分ですが、摂りすぎるとおなかの赤ちゃんの甲状腺機能が低下すると言われています。海藻類に多く含まれ、特に昆布に多く含まれています。日本人はダシなどで昆布を日頃から多く摂取しているため、許容量を超えないように妊娠中は毎日食べることは避けましょう。許容量の目安は5cm角の昆布を500mlの水でダシをとり、味噌汁1杯分の150mlが1日の目安量になります。昆布ダシを常用している人は、カツオや煮干しのダシで代替するなど工夫しましょう。昆布以外の海藻類は通常の食べ方で大丈夫です。

ヒ素を多く含むひじき

ひじきは食物繊維やミネラルが豊富で、カロリーが低く、妊婦さんに良い面もある食材ですが、ヒ素が含まれ、食べ過ぎると健康被害をもたらす恐れがあります。妊娠中は乾燥ひじき5g(煮物小鉢1杯程度)を週2回までにしましょう。

ビタミンA多く含む食品

ビタミンAは人間にとって必要な栄養素ですが、妊娠初期のビタミンAの摂りすぎは、赤ちゃんの形態異常を引き起こす可能性があると言われています。決められた推奨量を守るようにしましょう。特に多く含まれているのはレバーやうなぎです。目安としては、レバーは串焼きを週に1本、うなぎは蒲焼きを週に1回まで。いずれも大量に毎日食べるものではありませんが、続けて多く食べないように気をつけましょう。

カフェインを含む飲み物

カフェインはコーヒーだけでなく、さまざまなお茶に含まれています。胎児の発育に影響を与える可能性があります。飲む場合は以下の1日の目安を参考に飲み過ぎに注意しましょう。

また飲み物の濃さや、カップの大きさで摂るカフェインの量が多くなる場合もあります。
自分で用意する時は薄めにしたり、楽しむ程度にしましょう。

  • コーヒー…1、2杯まで
  • 紅茶…2、3杯まで
  • 緑茶…3、4杯まで

妊娠中に積極的に食べた方がよいもの、NGなもの、どちらも聞いたことがあるものも、ちょっと意外なものもあったのでは?好き嫌いなく、バランスの良い食生活をしていれば神経質になる必要はありませんが、普段から毎日理想的な食生活ができている人は多くないかもしれませんね。赤ちゃんが生まれたら、生後5・6ヶ月頃から離乳食づくりが始まります。子どもは好き嫌いなく育てたいと思う方も多いはず。妊娠中から妊婦さん自身の食生活を見直すことから始めてみませんか?色々な食材を使って、生の食材は注意し、しっかりと火を通し調理する。衛生面に気をつけてバランスの良い食事をすることが、自分にとってもおなかの赤ちゃんにとっても安心して出産に向かう近道です。

監修/高橋嘉名芽先生(愛育病院 栄養科・科長)

あわせて読みたい記事

出産予定日の登録

出産予定日を入力してね!
登録するとあなたにおすすめの記事が表示されるよ!

関連するキーワード

関連用語集

記事をシェアしよう!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!
  • ママ友が増えて悩みや不安を解消!

プレママタウン
入会キャンペーン

今なら全員に
「ナチュラル ムーニー」オリジナルサンプルプレゼント!

赤ちゃんの体は妊婦さんが食べたものを栄養として作られるので、妊娠中の食べ物には気を使いたいですよね。普段よりも積極的にとったほうがよい栄養素や、控えた方が良い食べ物を覚えて赤ちゃんの成長を助けましょう。妊娠・出産のサポートサイト「プレママタウン」

新規入会キャンペーン
今すぐ会員登録しておむつ試供品をもらおう!