プレママタウン

妊娠中の食事

専門家/メーカー

妊娠期に必要な栄養素はサプリで効率よく摂取

2014.03.09

プレママたちは、おなかの赤ちゃんのために毎日栄養バランスのいい食事をとろうと気を使っています。でも、妊娠中に必要となる栄養を食事だけから摂取するのは、意外に大変。そこで、食事では足りない栄養をサプリメントで補うプレママも増えています。
では、たくさんあるサプリメントの中から、妊娠中にぴったりのものをどう選べばいいのでしょうか?
ここでは、妊娠中の栄養の補い方とサプリメントの選び方についてご説明します。

取材協力:和光堂wakodo

バランスのとれた
栄養摂取って?

おなかの赤ちゃんのためにもママ自身の健康のためにも、毎日、バランスよく必要な栄養を摂ることはとても大切です。食事ですべて摂ることが理想ですが、つわりや体調の変化、好みなどの問題もあり、なかなか難しいと実感しているプレママも少なくないよう。

プレママに聞きました「食事だけで栄養素を補うのは難しい?」

  • 2010年和光堂調べ(回答数603)

プレママ期に不足
しがちな栄養素は?

では具体的にどんな栄養素が必要かというと…

プレママに聞きました「妊娠中に必要だと思う栄養素は?」

  • 2013年和光堂調べ

カルシウム

牛乳、小魚、海藻、緑黄色野菜などに多く含まれるミネラル。骨や歯をつくる栄養成分。1度にたくさん摂っても、吸収される量は一定なので、毎日きちんと食べることが大切。妊娠期の1日の摂取目安は550mg。牛乳200CCに含まれる量は約230mg。

肉、魚、大豆、海藻、緑黄色野菜などに多く含まれるミネラル。血液中の赤血球をつくる栄養成分。不足すると貧血になり、酸素をうまく運べなくなる。妊娠期の1日の摂取目安は17.5~18mg。鶏レバー100g(生)に含まれる量は9mg。

葉酸

ほうれん草など緑黄色野菜、果物、レバーなどに多く含まれるビタミン。タンパク質や細胞をつくるのに必要な栄養成分。胎児の発育に重要な役割を果たすので、妊娠中は特に心がけて摂取したいもの。妊娠期の1日の摂取目安は400μg。ほうれん草100g(生)に含まれる量は210μg。

足りない分を
バランスよく補うには?

食事だけでは不足しがちな栄養はサプリメントで補うのも賢い方法です。
「マルチビタミン」「マルチミネラル」など「マルチ」=複数の栄養素を組み合わせたサプリもいろいろ出ています。けれど、一般の女性、プレママ、授乳中のママではそれぞれ必要な栄養素の量に違いがあるので、単純に、いろいろなビタミンやミネラルがバランスよく入っているだけでは、余分なもの、足りないものがあるのです。また、必要なものだけ摂ろうとすると、自分で取りそろえるのは大変。

そこで、強い味方になるのが、プレママ用、授乳中のママ用としてバランスよく作られたサプリメントです。

サプリはなかなか
続かない!?

プレママ用のサプリメントを買っても毎日飲み続けられなかった…そんなケースも少なくないようです。その理由の一つには「いろいろな栄養素が入りすぎていて、必要以上に栄養を摂りすぎてしまう」という心配があること。また、「1回にたくさんの量を飲むのが苦痛」「大きすぎて飲み込みにくい」といった理由も。つわりや味覚が敏感になりやすい妊娠中は「サプリ独特の味が不快」で、いやになってしまう人もいるようです。必要な栄養素を必要な分だけ補える、飲みやすいサプリメントを選ぶのがポイントですね。

プレママタウンの
オススメはコレ

体調管理のむずかしい妊娠期や、育児に忙しく栄養状態が悪くなりやすい授乳期こそ、バランスよく栄養を摂るべき。マタニティ期に必要な栄養をひとまとめに摂取できるサプリメントなら毎日の食事にプラスして、赤ちゃんの発育とママの健康をしっかりサポート。

記事をシェアしよう!

関連用語集

出産予定日の登録

出産予定日を入力してね!
登録するとあなたにおすすめの記事が表示されるよ!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!
  • ママ友が増えて悩みや不安を解消!

プレママタウン
入会キャンペーン

今なら全員に「ナチュラル ムーニー」
オリジナルサンプルプレゼント!

出産予定日を登録すると
あなたにおすすめの記事が表示されるよ!