プレママタウン

妊娠中の食事

専門家/メーカー

妊娠中にリフレッシュできる飲み物

2008.02.01

妊娠前はおうちや職場で気軽にコーヒーブレイクしていたママも、妊娠するとカフェインが気になって好きな飲み物を楽しめなくなってしまうこともあるでしょう。でも、妊娠中だからといって我慢してばかりいると、逆にストレスをためてしまうかも。
そこで、薬剤師で薬学博士の小菅崇先生に、カフェインは本当に飲んではいけないのか聞いてみました!
ママと赤ちゃんにやさしいドリンクもご紹介しますので、この機会に今まで飲んだことのないヘルシードリンクを試してみては?

取材協力:(株) 千趣会BELLE MAISON

取材協力:薬剤師・薬学博士 小菅崇先生

カフェインは
「飲んではいけない」?

妊娠中はカフェインを取るのはNG。なんとなくこれが常識のように取られがちだけれど、本当のところは? 薬剤師で薬学博士の小菅崇先生に伺いました。

お母さんが飲んだカフェインはおなかの赤ちゃんに影響あるのですか?

影響というよりもまず事実として、カフェインは胎盤(血液・胎盤関門)を通過し胎内の赤ちゃんに到達します。(小菅先生/以下同)

それじゃ飲んじゃダメなんですか?

ただ、お母さんが飲んだカフェインのうちどれぐらいが赤ちゃんの体にいくか、どの程度赤ちゃんの体に残るか、それらによってどんな影響がどの程度出るかということは、まだはっきり分かっていません。

カフェインの作用とは?

いくつかの薬理的な作用が知られていますが、そのうちのひとつが中枢神経系を刺激し、興奮させる作用です。また、心筋に直接作用し心機能を亢進するなどし、心拍数や呼吸数を増加させます。 ただ、胎内へどれぐらいのカフェインが到達したら、赤ちゃんにこうした作用を及ぼすかなど、判明していません。

病院によって指導が分かれるそうですが…?

可能性がある以上、避けた方がいいという考え方もあります。一方、精神的に不安定な妊娠期に、リラックスするためなら1日1,2杯なら飲んでもいいとする先生もいます。ちなみに1杯のコーヒーに含まれるカフェインはおよそ100mgです。いずれにしろ飲み過ぎには注意した方が良いですね。

カフェイン含有量(浸出液100gあたり)

飲み物 カフェイン 浸出法
コーヒー 0.06g コーヒー粉末10g/熱湯150ml
せん茶 0.02g 茶10g/90℃ 430ml 1分
玉露 0.16g 茶10g/60℃ 60ml 2.5分
紅茶 0.03g 茶5g/熱湯360ml 1.5~4分
ウーロン茶 0.02g 茶15g/90℃ 650ml 0.5分

ストレスをためない
リフレッシュ飲み物

これまで日常的に飲んでいたコーヒーやお茶、紅茶を急にやめるのは精神的なストレスにも。そこで、この機会に代わりの飲み物を試してみるのも手。コーヒー党ならコーヒーに近いもの、紅茶派はハーブティーを…というように、今まであまり口にしていなかった飲み物の中からお気に入りのものを見つけてみましょう。

ママと赤ちゃんに
やさしい飲み物

つわりや体重コントロールなど、妊婦さんは食事面でも気を遣いますよね。そこで、プレママにやさしい飲み物なら、授乳期にも安心して飲めます。シチュエーション別におすすめの飲み物をリストアップしてみました。

コーヒーや紅茶が飲みたいときにはたんぽぽコーヒー、たんぽぽティー

古くから西洋ではコーヒーの代替品として、また、中国では漢方薬「蒲公英(ほこうえい)」として、愛されてきたたんぽぽ。根を乾燥させ、焙煎したものは、ほろ苦い風味や見た目がコーヒーや紅茶に近く、ノンカフェインなので、コーヒー、紅茶好きのプレママや授乳中のママ、小さな子どもも安心して飲めます。

たんぽぽコーヒー・たんぽぽティーミニ知識(1)

たんぽぽ根(蒲公英)を成分とする漢方薬「蒲公英湯(ほこうえいとう)」は乳腺の発育不全な女性に対し古くから飲まれてきました。

たんぽぽコーヒー・たんぽぽティーミニ知識(2)

「たんぽぽコーヒー」「たんぽぽティー」などの名称があります。ブレンドしたものもありますが、基本は同じたんぽぽ根です。

食後やつわりですっきりしたいときにはルイボスティー

南アフリカ原産のルイボスティーは、人の体液に近いミネラルバランスで、亜鉛、マンガン、セレン、マグネシウムなどが含まれた、人気の健康茶。赤くきれいなお茶で、気分もすっきりと。また、酸味がきいたビタミン豊富なローズヒップやハイビスカスなどのハーブティーもおすすめ。

緑茶やウーロン茶が飲みたいときには穀物茶

玄米茶や麦茶、そば茶など、穀物を焙煎したお茶なら、くせもなく、食事中や、作りおきして冷やして飲んでも楽しめます。最近は、栄養価の高い発芽茶も出ていて、手軽に発芽した穀類の栄養も摂取できます。

発芽食品 ミニ知識

発芽玄米やスプラウトなど、人気急上昇の発芽食品。種子の栄養庫であり、もともとたんぱく質やミネラルが豊富な胚芽は発芽により貴重な成分が新たにできたり増えたりします。体にいいとされるギャバも発芽すると格段に含有量がアップします。

つわりや外食などで野菜不足が気になるときに青汁

ケールや大麦若葉など、緑色野菜の絞り汁「青汁」。飲みにくそうなイメージがあって敬遠している人も、ブレンドタイプや大麦若葉主体のものなら大丈夫。野菜不足のときに限らず、続けて飲むことで排便習慣につながります。

プレママタウンの
オススメはコレ

ママがリラックスした気分でいると、おなかの赤ちゃんにもきっと伝わるはず。おいしくて心と体にやさしい飲み物で、イライラや疲れをいやしましょう。今まで出会っていなかった、お気に入りドリンクを見つけてください。

取材協力:薬剤師・薬学博士 小菅崇先生

あわせて読みたい記事

関連用語集

妊娠中はカフェインを含む飲み物は控えるように言われますがリフレッシュするティータイムは欲しいですよね。そんな時はママと赤ちゃんにやさしいハーブティーなどを試してみてはいかがでしょうか?妊娠・出産のサポートサイト「プレママタウン」