プレママタウン

大百科/基本情報

専門家/メーカー

妊娠初期リスクチェックで、病院選び

2017.12.01

学資保険相談キャンペーン実施中

「お産にリスクはつきもの」「お産はいのちがけ」とはいうけれど、自分の出産のリスクは高いの?低いの?あるの?ないの? 妊娠がわかったら、「妊娠初期リスクチェック」をしてみましょう。自分のリスクを知って、そのリスクに見合った適切な分娩施設を選ぶことが、安心安全安産の重要なカギなのです。

監修者プロフィール

久保隆彦先生
シロタ産婦人科名誉院長、医学博士。
岡山大学医学部卒業後、聖隷浜松病院NICU、高知医科大学助教授、国立大蔵病院産科医長、国立成育医療センター産科医長を経て現職。専門は、周産期医学、胎児・新生児学、妊産褥婦のメンタルヘルス。作成したガイドラインは、「産科危機的出血の対応ガイドライン」、「産科危機的出血への対応指針2017」、「産科危機的出血に対するIVR施行医のためのガイドライン2012」、「産科危機的出血に対するIVR施行医のためのガイドライン2017」、「早期母子接触の留意点」、「CRS診療マニュアル」。評価したガイドラインは、「産婦人科診療ガイドライン産科編2008」、「産婦人科診療ガイドライン産科編2011」。

妊娠初期リスクチェックは、何のため?

日本でのお産の安全度は、世界トップクラスです。しかし、リスクがないわけではありません。産科医が不足し、分娩施設が減っている現状を見れば、潜在的なリスクが高まっているともいえます。お産のリスクをできるだけ減らして、安心安全を確保するために大切なのは、まず自分にどんなリスクがあるのかを知ること。そのうえで、リスクに見合った適切な分娩施設を選ぶことです。

さあ、笑顔で赤ちゃんを迎えるために、妊娠がわかったら、さっそく、『妊娠初期リスクチェック』をしてみましょう! 妊娠8ヶ月か9ヶ月になったら、『妊娠後期リスクチェック』もしてください。

また次の記事も合わせて読みましょう。お産の現実、リスクチェックの大切さがわかります。
■「日本の安全安産度は世界一! お産のリスクを減らす方法」はこちら

妊娠がわかったら、リスクをチェック!

次の1~19の質問に答えてください。当てはまる項目があったら、チェックボックスにチェックを入れてください。最後に判定結果が出ます。

妊娠初期リスクチェック

  1. お産をする時の年齢は?
  2. これまでにお産をしたことがありますか?
  3. 身長は?
  4. 妊娠前の体重は?
  5. タバコを1日20本以上吸いますか?
  6. 毎日お酒を飲みますか?
  7. 覚せい剤、抗精神薬を使用していますか?
  8. これまでに、あてはまる項目があればチェックしてください。
  9. これまでに、あてはまる項目があればチェックしてください。
  10. これまでに、あてはまる項目があればチェックしてください。
  11. これまでに、あてはまる項目があればチェックしてください。
  12. これまでに、あてはまる項目があればチェックしてください。
  13. これまでに、あてはまる項目があればチェックしてください。

    前回の妊娠が

  14. 今回、不妊治療は受けましたか?

    15~19の質問の選択肢に該当しない方は、チェックを入れないでください。
    誤って操作された場合は、お手数ですが、判定ボタンの下のリセットで入力しなおしてください。

  15. 今回の妊娠は
  16. 今回の妊婦健診について
  17. 赤ちゃんに異常があると言われていますか?
  18. 妊娠初期検査であてはまる項目があればチェックしてください。
  19. 多胎の方にお聞きします(多胎の種類は先生にお聞きください)

チェックお疲れ様でした。結果を確認するには「判定」ボタンを押してください。1~19の合計点数が出ます。

【 合計点数と判定 】

 

「判定」ボタンを押すと結果が表示されます。

結果は以下の3種類あります。

  • 0~3点

    現在のところ大きな問題なく、個人開業医でも心配いりません。

  • 4~6点

    いくつかの点から妊娠のリスクが、うかがえます。周産期センターと密接に提携している病院での妊娠管理・分娩を考えてください。

  • 7点以上

    ハイリスク妊娠に対応できる周産期センターでの妊娠管理・分娩を考えてください。

  • 周産期センターとは高度な医療設備を持ち、高い妊娠出産のリスクと重症新生児管理に対応できる医療センターのこと。各地域のどこにあるかは、各自治体に問い合わせください。
  • こちらの判定はあくまでも参考としてお考えください。

判定結果を病院選びに役立てよう

いかがでしたか? 点数が高かった人は心配になるかもしれませんが、これは万が一に備えるためのセルフチェックです。今のうちから自分に合った病院を選んで、不安や心配を減らし、安心できる妊婦生活を送ってください。

妊娠8ヶ月か9ヶ月になったら、今度は、『妊娠後期リスクチェック』もしてみましょう。自分で自分のリスクを知ることが、安心安全なお産、安産につながるのです。
また、「日本の安全安産度は世界一!」の記事も合わせて、ご覧ください。お産の現実がわかります。

取材協力/シロタ産婦人科

あわせて読みたい記事

出産予定日の登録

出産予定日を入力してね!
登録するとあなたにおすすめの記事が表示されるよ!

記事をシェアしよう!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!
  • ママ友が増えて悩みや不安を解消!

プレママタウン
入会キャンペーン

今なら全員に
「ナチュラル ムーニー」オリジナルサンプルプレゼント!

「お産にリスクはつきもの」「お産はいのちがけ」とはいうけれど、自分のお産のリスクは高いの?低いの?あるの?ないの? 妊娠がわかったら、「妊娠初期リスクチェック」をしてみましょう。自分のリスクを知って、そのリスクに見合った適切な分娩施設を選ぶことが、安心安全安産の重要なカギなのです。妊娠・出産のサポートサイト「プレママタウン」

新規入会キャンペーン
今すぐ会員登録しておむつ試供品をもらおう!