プレママタウン

大百科/基本情報

専門家/メーカー

妊娠6ヶ月の胎児の状態は?

2010.04.01

妊娠6ヶ月のママのおなかが前にせり出すように大きく重たくなるのは、この時期に赤ちゃんが身長、体重ともにめざましく成長するからです。赤ちゃんの体の発達に伴って、ママはこれまでよりも力強い胎動を感じるようになるでしょう。
ここでは、妊娠6ヶ月のころの赤ちゃんの体の大きさや、この時期の赤ちゃんがママのおなかでどのように過ごしているのか、そして、このころに見られる性器の完成や歯の発育といった変化についてご説明します。

妊娠6ヶ月(20~23週)
胎児の大きさ(妊娠23週末)
☆身長/約30cm ☆体重/約700g

超音波の画面から
はみ出すほどに

体の発育のスピードはめざましくなります。身長、体重が大きくなって、赤ちゃんの体全部が超音波のモニター画面に映るのはむずかしくなってきて、画面には頭と胸のところ、おなか、足や手など、部分的にしか映らないようになってきます。

同時に、赤ちゃんの大きさの個人差が大きくなってきますし、ママの外見のおなかの大きさや子宮底長(ていちょう)、腹囲の差も大きくなります。しかし、おなかの外見や子宮底長、腹囲の数値だけでは、赤ちゃんの発育が順調かどうかを正確に判断するのはむずかしく、このため、もし、妊娠週数に対して赤ちゃんが小さすぎる「子宮内胎児発育遅延」が疑われる時は、ほとんどの場合、超音波検査で診断します。

赤ちゃんの動きは
ローリング

骨格や筋肉がしっかりして、動きはますます活発になり、ママは胎動を強くしっかり感じるようになります。赤ちゃんは、はがれた皮膚の一部などが混じって汚れた羊水を飲み込んでは、腎臓で濾過(ろか)し、きれいな尿にして排泄します。このような成長にともない、羊水量は一段と増えてきて、赤ちゃんは自由に羊水の中で動き回ることができます。

このころの赤ちゃんの動きはちょうど、宇宙飛行士が無重力空間で遊泳する姿に似ていて、グルッと体を回転させる動き(ローリング)が主です。

性腺が発達、ホルモンを
分泌しはじめます

髪の毛が多くなり、まつ毛やまゆ毛もはっきりしてきます。皮下脂肪はじょじょについてきて、シワは少なくなりますが、まだ、かなりやせっぽちです。

男の子、女の子、それぞれの外性器は完成していて、超音波検査でほぼ正確に性別判断ができるようになります。体の中では内性器(男の子は精巣、女の子は卵巣)ができて、それぞれにホルモンを分泌しはじめます。

赤ちゃんの歯は胎内でその元がつくられます。妊娠7~10週にはもう乳歯の芽ができはじめ、妊娠4~5ヶ月ごろからは永久歯の元までつくられはじめます。赤ちゃんの歯のために、食事に特別な注意をしないといけないのではと心配するママもいますが、赤ちゃんはママの体から貪欲にカルシウムをとって自分の骨や歯をつくりますから、ママは普通に栄養バランスのよい食事をとっていれば大丈夫です。

記事をシェアしよう!

関連用語集

出産予定日の登録

出産予定日を入力してね!
登録するとあなたにおすすめの記事が表示されるよ!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!

会員登録すると全員に
「ナチュラル ムーニー」
サンプルプレゼント!!

出産予定日を登録すると
あなたにおすすめの記事が表示されるよ!