プレママタウン

大百科/基本情報

専門家/メーカー

妊娠7ヶ月の胎児の状態は?

2010.04.01

妊娠7ヶ月になると赤ちゃんは脳の発達とともに、視覚・聴覚・味覚・嗅覚といった感覚器官が発達してきます。実は、赤ちゃんはママのおなかの中でも、さまざまな情報をキャッチしているのです。
なかでも代表的なものが、聴覚です。おなかの赤ちゃんは言葉を理解できませんが、パパやママが話しかけてくれる声はちゃんと赤ちゃんに届いています。
ここでは、妊娠7ヶ月のころの赤ちゃんに見られる脳や感覚器官の発達についてご説明します。

妊娠7ヶ月(24~27週)
胎児の大きさ(妊娠27週末)
☆身長/約38cm ☆体重/約1200g

睡眠と覚醒の
リズムを繰り返します

脳が発達して、脳の命令で体全体の機能や動きをコントロールできるようになります。神経系や感覚系の発達も目覚ましいものです。赤ちゃんの五感の中で一番ゆっくり発達するのが視覚ですが、妊娠7ヶ月ごろには、かなり敏感に光の明暗を感じるようになります。お母さんの脳で分泌されるホルモンの影響で、おなかの中の赤ちゃんも昼夜の区別がついてきます。

聴覚はさらに
発達します

赤ちゃんの聴覚はさらに発達します(完成は妊娠8ヶ月)。子宮壁に触れるほどに赤ちゃんの体が大きくなり、ママの腹壁が薄くなったことも加わって、いろいろな外界の音が赤ちゃんに届きやすくなります。赤ちゃんは、おなかにいる時から、ママの血管を流れる血液の音やママの声のリズム、それに抑揚などのパターンを記憶するといわれています。

誕生後、泣いている赤ちゃんにママが抱いて語りかけたり、ザザーッという波の音を聞かせると泣きやむケースが多いのは、聞き慣れたママの声や、血液の流れる音に似た波の音のおかげで安心できるからです。

興味深いのは、ママのおなかにいた時に聞き慣れた音なら、たとえば工事音や飛行機のエンジン音などの「騒音」でも、赤ちゃんは不快に感じないこと。胎内で聞いた音を記憶している証拠です。

味覚、嗅覚も
発達してきます

妊娠7ヶ月ごろになると、赤ちゃんの嗅覚もじょじょに発達してきます。また、味覚が発達して苦味や甘味の区別がつくようになります。 赤ちゃんは妊娠6ヶ月ごろから、はがれた自分の皮膚表面のカケラが浮く羊水を飲み込み、いったん腸でこした後で腎臓で濾過(ろか)し、きれいにしていました。味覚や嗅覚が発達してきたおなかの赤ちゃんは、羊水の味やにおいを感じているのでしょうか? もっとも羊水は無色透明、無味無臭。強いていえば、少し生臭いようなにおいがします。

誕生直後の赤ちゃんは、ママの乳房が発散するフェロモンのにおいに誘われて、ママのおっぱいへ口を寄せよう、飲もうとするしぐさをします。このフェロモンのにおいは子宮の中で赤ちゃんが慣れ親しんだ羊水のにおいにとても似ているそうです。胎内での指しゃぶりは、赤ちゃんがおっぱいを飲むための練習といわれていますが、赤ちゃんはおなかの中にいる時から嗅覚を発達させて、おっぱいを探す力を身につけているのですネ。

記事をシェアしよう!

出産予定日の登録

出産予定日を入力してね!
登録するとあなたにおすすめの記事が表示されるよ!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!

会員登録すると全員に
「ナチュラル ムーニー」
サンプルプレゼント!!

出産予定日を登録すると
あなたにおすすめの記事が表示されるよ!