プレママタウン

大百科/基本情報

専門家/メーカー

妊娠7ヶ月のママの体調

2010.04.01

妊娠7ヶ月になると、ママのおなかは全体的に大きくなってきます。食事のときや寝るときには、おなかに圧迫されて胸のあたりが苦しく感じることも出てくるでしょう。胸のあたりがつかえるような感じがして、食事がとりづらくなったことを不安に感じるママもいるかもしれません。
ここでは、おなかがかなり大きくなってくる妊娠7ヶ月のママの食事のことや、寝るときに苦しくならない姿勢、そして気になる妊娠線を予防する方法についてご説明します。

妊娠7ヶ月(24~27週)
子宮の大きさ/子宮底長約22~26cm(妊娠27週末)

大きくなった子宮が
胃を圧迫しはじめます

妊娠した子宮の一番上の部分が子宮底です。妊娠7ヶ月になると、子宮底はおへその上まで届いて、おなか全体がかなり大きくなります。子宮底長(恥骨結合から子宮底までの長さ)は、妊娠27週には約22~26cmになっています。

大きくなった子宮は、内臓を圧迫しはじめます。子宮が胃を圧迫すると胸がつかえたような感じになって、1回に食べられる量が減るママもいます。でも、これはとても理にかなったことなので心配しないで! 妊娠7ヶ月の終わりごろから急に食欲が出てくるママも多いのですが、食欲のある割には胃がつかえて1回に食べられる量が減るおかげで、食べすぎを防ぐことができるわけです。「1回にたくさんは食べられない」という胃からのサインに素直に従うことが、太りすぎの予防につながるといえるでしょう。

仰向けに寝ると
苦しいことも

おなかが大きくなると、妊娠前と同じ姿勢で眠ると、息苦しくなったり、眠りが浅くなることがあります。妊娠7~8ヶ月ごろには、心拍数がピークになるので、動悸がして熟睡しにくいというママも出てきます。仰向けに寝ると、低血圧になることもあります。これは仰臥位(ぎょうがい)低血圧症候群といって、大きくなった子宮が下大静脈を圧迫して、心臓に戻る血液の流れが滞るためです。

仰向け寝が苦しいと感じたら、姿勢を変えてみて。体の左側を下にして横向きに寝る「シムスの姿勢」が楽ですし、おなかやひざの下にクッションを当てると寝やすくなります。自分なりに一番眠りやすく楽な姿勢を工夫しましょう。

おなかや乳房に
妊娠線ができることも

おなかの皮膚に赤いミミズ腫れのような筋ができるのが、妊娠線です。乳房や太ももなどにできることもあります。妊娠線は、皮下脂肪が増えるのにともない、表面の皮膚が急に引き伸ばされてできた皮膚の断裂。一度できてしまった妊娠線は完全には消えないので、予防が大切です。急に皮下脂肪が増えたり、皮膚が乾燥するとできやすくなります。食べ過ぎて一気に太らないように注意します。また、保湿効果のあるクリームでていねいにマッサージして、皮膚をしっとりさせましょう。温めすぎは皮脂をおとして乾燥肌につながります。厚着や熱いお風呂に長く入るなどは控えましょう。

記事をシェアしよう!

出産予定日の登録

出産予定日を入力してね!
登録するとあなたにおすすめの記事が表示されるよ!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!

会員登録すると全員に
「ナチュラル ムーニー」
サンプルプレゼント!!

出産予定日を登録すると
あなたにおすすめの記事が表示されるよ!