プレママタウン

大百科/基本情報

専門家/メーカー

妊娠8ヶ月のママの体調

2010.04.01

妊娠8ヶ月からは妊娠後期と呼ばれます。この時期になると、おなかの赤ちゃんが栄養をどんどん欲しがるために食欲が増してしまうママもいます。
特に、甘いものが食べたくなるママは多いようですが、これまで甘いものが好きではなかったママは、なぜ急に食べたくなったのか不思議に思うのではないでしょうか?
ここでは、妊娠8ヶ月のママが甘いものを食べたくなる理由と、妊娠後期になると気になりだす体のむくみやおなかの張りについてご説明します。

妊娠8ヶ月(28~31週)
子宮の大きさ/子宮底長 26~29cm(妊娠31週末)

母体のエネルギー配分が
変わります

妊娠28週になると、母体の脂肪からつくられるブドウ糖が、赤ちゃんへ優先的に送られるようになります。これが母体のエネルギー配分が変わるということ。突然ケーキやチョコレート、アイスクリームなどが食べたくなるのも、おなかの赤ちゃんがブドウ糖を欲しがっているから。今までケーキは嫌いだったというママでも、妊娠28週を境に食べたくなるというケースも目立ちます。

しかし、食欲にまかせてたくさん食べると太りすぎのもと。妊娠8ヶ月からは妊娠後期に入り、1日の必要カロリーは非妊娠時にプラス500kcalになります。でも、これはあくまでも栄養バランスのよい食事を適量増やすという意味です。一方、種類や大きさにもよりますがケーキ1個で300kcal前後、1箱で400kcalのチョコレートもあります。菓子類の過食はカロリーオーバーにつながります。

妊娠28週から31週ごろの3~4週間は、とくに甘い物への誘惑に負けないことです。赤ちゃんに必要なブドウ糖はご飯や穀物などの炭水化物からとりましょう。

むくみやすくなります

足のすねの部分を指で押してから放すと、すぐに戻らずにくぼみがつくことがあります。これが「むくみ」で医学用語では「浮腫(ふしゅ)」といいます。むくみは、血液中の水分が血管の壁から染み出てきて、皮膚の下にたまった状態です。

妊娠後期には母体の血液の水分量が多くなります。体を循環する血液がますますたくさん必要になるため、水分を多くすることで血液量を増やすからです。生理的な水血症といい、ネットリしがちな血液をサラサラにして血管の中を通りやすくしたり、血圧を上げないようにするための、大事な体のしくみです。

水っぽい血液からは水分も染み出しやすいので、妊娠28週以後は、むくみやすくなるのです。むくみ対策には、足の下にクッションを置いて足を高くした姿勢で寝ます。また、体の左側を下にして横向きに寝ると、子宮が下大静脈を圧迫するのを防いで、下半身から心臓へ戻る血液の流れがよくなり、むくみがとれやすくなります。

時々おなかが
張るようになります

おなかが張るというのは、痛みがなくて少しおなかが固くなることをいいます。妊娠後期では1日に何度か、とくに夕方になるとおなかが張ることがよくあります。働いている人や立ち仕事の多い人、上の子の世話がある人はおなかが張りやすいものです。横になって安静にすれば、ほとんどの場合はじきに張りがとれます。

記事をシェアしよう!

関連用語集

出産予定日の登録

出産予定日を入力してね!
登録するとあなたにおすすめの記事が表示されるよ!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!
  • ママ友が増えて悩みや不安を解消!

プレママタウン
入会キャンペーン

今なら全員に
「ナチュラル ムーニー」オリジナルサンプルプレゼント!

出産予定日を登録すると
あなたにおすすめの記事が表示されるよ!