プレママタウン

大百科/基本情報

専門家/メーカー

妊娠10ヶ月のママの体調

2010.04.01

妊娠10ヶ月に入ると、もうすぐお産のとき。ママは安心してお産を迎えるために、心も体も整えておきたい時期です。
この時期のママによく見られるのが、食欲の増加。これまで食欲がなかったママもこの時期になると食欲が出てきますが、食べすぎはもちろんダメです。お産に向けて体重の増加量をここでチェックしておきましょう。
ここでは、お産を控えた妊娠10ヶ月のママの体重管理や、この時期に抱えがちな不安な気持ちのこと、そしてママの体で起こるお産準備についてご説明します。

妊娠10ヶ月(36~39週)
子宮の大きさ/子宮底長 32~35cm(妊娠39週末)

胃のつかえがとれて
食欲が増します

妊娠36週になると胃のあたりのつかえがとれてスッキリする分、食欲が出て1回に食べられる量が増えます。でも、ここでママがせっせと食べると、困ったことになります。このころ、赤ちゃんの膵臓(すいぞう)の働きは完全に成熟して、十分な量のインスリン(血糖値を調整するホルモン)を分泌しはじめます。つまり、妊娠36週以後にママがたくさん食べて高血糖になると、赤ちゃんも高血糖になり、たくさんのインスリンを分泌します。このインスリンの成長促進因子の作用で、赤ちゃんは一気に大きくなる可能性があるのです。

今までのトータル体重増加はどのくらいでしょう。妊娠前のBMIが普通の人の場合、10kg程度が理想的ですが、多くても12kgが限度!それ以上増えると、赤ちゃんが大きくなりすぎて難産になる心配もあります。食事を抜いたりの無理なダイエットはいけませんが、1日の食事量を6回程度に小分け食いすることで、食欲を上手にコントロールしましょう。

精神的な不安が
つのるママも出てきます

そろそろ、大きなおなかを抱えた暮らしとサヨナラできて身軽になる期待感がふくらみます。パパ似かな?ママ似かな?赤ちゃんに会えるうれしさも増しますね。

その一方で、なんとなく精神的な不安感がつのるママも……。安産できるだろうか、赤ちゃんは元気に生まれるだろうか、育児をきちんとできるだろうかなど、この時期、いろいろに不安を感じる人もいるでしょう。こんな気持ちは、哺乳動物の「メス」としての原初的不安といわれます(反発を感じるママもいるでしょうが……)。「いわれなき不安」と表現する心理学者もいます。

好きな音楽、ショッピング、後期母親学級への参加など、自分なりに気持ちが安らぐことを見つけてください。

お産準備の兆候が現れます

体の中でお産への準備が始まります。赤ちゃんが下に下がるため、足の付け根が押されるような感じが強くなります。尿が近くなって、夜中に何度かトイレに起きるようになったり、1日に何度か、おなかが張るようになります。とくに夕方になると強く張ることでしょう。

超音波検査や内診で、お産の準備状態を観察することができます。子宮の下の部分(子宮頸管)が上に引き伸ばされて短くなったり、子宮口が柔らかくなり少し開いてきます。初産婦は、ビショップスコアという点数で分娩準備状態を採点することができます。

記事をシェアしよう!

関連用語集

出産予定日の登録

出産予定日を入力してね!
登録するとあなたにおすすめの記事が表示されるよ!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!
  • ママ友が増えて悩みや不安を解消!

プレママタウン
入会キャンペーン

今なら全員に「ナチュラル ムーニー」
オリジナルサンプルプレゼント!

出産予定日を登録すると
あなたにおすすめの記事が表示されるよ!