プレママタウン

妊娠の兆候・検査

専門家/メーカー

妊娠初期症状を見分けるポイントは?

2017.04.23

学資保険相談キャンペーン実施中

妊娠すると、さまざまな妊娠初期症状があらわれます。妊娠4週目頃から症状が出てくることが多いのですが、ほとんど感じなかったという人もいますし、早い人は月経予定日1週間前頃には体調の変化を感じたという人もいます。つわりのような症状があるけれど、妊娠検査薬を試すのにはまだ早い…。「それでも、妊娠初期症状なのか気になってしかたがない」という方も多いのではないでしょうか。断定まではできませんが、妊娠初期の症状が妊娠によるものなのか、違う理由なのか、見分けるポイントについてご紹介します。

監修/取材協力

医学博士 井上裕子先生

井上レディースクリニック 院長/リボーンレディスクリニック 理事長/日本産婦人科専門医/NPO法人マザーシップ 代表

女性の一生涯をサポートする婦人科診療、乳がん・子宮がん検診などにも力を注ぎ、『産婦人科の診療室から』(小学館)、『赤ちゃんとお母さんのための妊娠中のごはん』(池田書店)、『やさしくわかる 月数別 はじめての妊娠・出産』(西東社)など、著書、監修本も多数。

妊娠初期症状には
どんなものがある?

まずは妊娠初期の症状として、どのようなことが起こりやすいのか確認しておきましょう。個人差があるので、すべてが当てはまる方は少ないと思いますが、妊娠しているとひとつではなく、いくつかの症状に当てはまることが多いようです。

月経の遅れ

月経周期が安定しているのに、月経開始予定日を1週間以上過ぎてもまだこない場合は、妊娠の可能性が高く、検査薬を試すこともできます。

月経様出血(着床出血)

確率は2%程度と高くはないのですが、着床したときに、出血することがあります。「着床出血」と呼ぶ方もいますが、医学用語では「月経様(げっけいよう)出血」といいます。

高温期が続く

基礎体温を計っている場合は、高温期と呼ばれる基礎体温の高い期間が21日以上続くと、かなり妊娠の確率が高いといえます。着床した兆候として、高温期が10日続いたあたりで1日だけ体温がさがってまたあがる「インプランテーションディップ」が起こることも。ただし、必ず起こるものではありませんし、体温の低下が計測ミスや体調によるものなどの場合も多いようです。

体調の変化

妊娠するとホルモンバランスが変わったり、子宮が大きくなったりする影響で、体調に変化を感じることがあります。

  • 吐き気
  • においに敏感になる
  • 腹痛
  • おりものが増える
  • 風邪のような症状(熱っぽい、ねむけ、だるいなど)
  • 胸が張る、痛む
  • 精神的に不安定になる、イライラする
  • トイレの回数が増える
  • 頭痛
  • 便秘
  • 肌荒れ
  • 立ちくらみ など

月経と月経様出血
(着床出血)を
見分けるポイントは?

着床による出血が起こる可能性が高いのは、月経開始予定日の1週間前から月経開始予定日頃まで。そのため、少し月経が早くきたのか、着床による出血なのか判断ができなくてドキドキする方もいらっしゃいますよね。個人差があるので断定はできませんが、月経と比べると、月経様出血は期間が短い、量が少ない、色はうすい茶褐色やピンクのことが多いようです。

基礎体温をつけておくと、判断の参考にすることができます。基礎体温は、月経から排卵までが低めの体温が続く低温期、排卵から月経前までが高めの体温が続く高温期になるため、出血しても高温期が続いているのならば、月経ではない可能性が高くなります。

風邪と妊娠初期症状の
だるさを見分ける
ポイントは?

妊娠初期症状のひとつに、熱っぽい、だるい、ねむい、など、風邪に似た症状があります。これは、妊娠するとしばらくの間、体温が高めの状態がつづくため、風邪で熱がでたような症状がでるのです。「風邪をひいたときのねむけと妊娠によるねむけは違いがあるのか?」と、それぞれの症状同士を比べても、判断することは難しいもの。たとえば胸が張る、おりものが増えるといった、風邪では起こらない変化も起きているかをチェックしてみてください。一緒に妊娠初期ならではの体調変化があらわれているようなら、妊娠の可能性は高くなります。

どうやって妊娠したことを
見分けるの?

妊娠初期症状は、妊娠した可能性を考えるうえでは参考になります。しかし、妊娠初期症状だけをみて、妊娠したかどうかの断定をすることはできません。では、どのような検査を経て、妊娠を確認するのか見ていきましょう。

妊娠検査薬

月経が開始予定日よりも1週間以上遅れている場合は、妊娠検査薬を試してみましょう。着床すると分泌が始まるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが、尿から検出されるかで調べます。市販の妊娠検査薬を用意して、説明書の通りに尿をかけて数分待つだけで、陽性か陰性かがわかります。妊娠検査薬の精度は約99%と、とても高いので、陽性反応がでたら妊娠している可能性はかなり高いでしょう。ただし、子宮外妊娠などの異常妊娠かどうかまでは判定できないので、必ず産婦人科を受診してください。

早期妊娠検査薬って?

「1日も早く妊娠の可能性について知りたい!」という方は、月経予定日あたりでも検査できる早期妊娠検査薬も市販されていますので、試してみるとよいかもしれません。ただし、月経予定日の1週間後に検査するタイプのものに比べると、精度は低くなります。参考程度に考えるとよいでしょう。また、陽性反応が出ても、その後に「生化学的妊娠(通称:化学的流産)」が起こる可能性もあるので、「妊娠した!」と喜ぶのは待ってくださいね。

生化学的妊娠(通称:化学的流産)とは?

尿検査では陽性がでたけれど、超音波検査で妊娠を確認する前に流産してしまうことです。「化学的流産」と呼ぶ方も多いですが、医学的には「生化学的妊娠」といいます。また、医学的に流産の回数には数えないことになっていて、超音波検査で妊娠が確認された後の流産とは違うものとして考えられています。

妊娠検査薬の感度が高くなったために、生化学的妊娠をしていたとわかるケースが増えてきましたが、以前は気がつかないことが普通でした。今でも月経がきたと思っている人のほうが多いくらいです。要因は受精卵に異常がある場合がほとんどで、防ぐことはできません。頻度も高いものですし、元々、胎児として育つことができない受精卵だったということなので、自分を責めたりは絶対にしないでくださいね。

受診

妊娠検査薬で陽性がでたら、病院に行って確認しましょう。病院にいくと、尿検査や超音波(エコー)検査などを行います。尿検査で陽性がでて、超音波検査で赤ちゃんを包んでいる袋である胎嚢(たいのう)と、赤ちゃんの心拍が確認できれば妊娠が確定します。まだ時期が早いと確認できないことがあり、その場合は時間をおいてもう一度受診することになります。

妊娠の兆候があらわれ始めてから、妊娠が確定するまでの期間は、本当にドキドキするものです。「妊娠しているのか、していないのか、早く知りたい!」ですよね。自分にあらわれている症状が妊娠初期症状かを考えることは、妊娠の可能性を考えるうえでは役に立ちます。可能性が高いと感じたら、タバコやお酒はやめたり、体によい食事をとったり、薬は妊娠していても大丈夫なものを病院で処方してもらうなど、妊娠していた場合のことを考えて生活しておくと安心です。けれど、本当に妊娠しているかどうかは、やはり産婦人科に行って確認してもらわないと断定できません。まだ検査ができないほど早い時期だとしたら、結果がわかるのはもう少し先と割り切って、焦らず上手に気分転換できるとよいですね。

あわせて読みたい記事

出産予定日の登録

出産予定日を入力してね!
登録するとあなたにおすすめの記事が表示されるよ!

関連するキーワード

記事をシェアしよう!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!
  • ママ友が増えて悩みや不安を解消!

プレママタウン
入会キャンペーン

今なら全員に
「ナチュラル ムーニー」オリジナルサンプルプレゼント!

妊娠をすると4週目あたりから妊娠初期症状が出てくることが多いのですが、ほとんど感じなかったという人もいます。症状による体調の変化と体調不良の見分け方、どのような初期症状がおこりやすいのか見てみましょう。妊娠・出産のサポートサイト「プレママタウン」

新規入会キャンペーン
今すぐ会員登録しておむつ試供品をもらおう!