プレママタウン

妊活ライフ

体験/アドバイス

聞かせて!妊活に消極的なご主人へのアプローチ法

2017.12.07

学資保険相談キャンペーン実施中

夫婦で考え、取り組んでこその妊活。ご主人の協力なしでは乗り越えることのできない妊活ですが、実際には妊活に消極的な夫をその気にさせるには、いったいどうしたらいいの?と一人悩んでいる方も多いのではないでしょうか。どうやって説得しよう…どんな風に話せばいいの?とお悩みのあなたのために、先輩ママたちが実践したあの手この手の方法をピックアップ!!選りすぐりのアプローチ法をご紹介します。

アプローチ法その1:対話

夫婦でしっかりと話し合う…まずはここから初めてみてはどうでしょう。

とにかくよく話し合いました!ちょっと話しにくいかなぁということも真面目に話すことを心掛けたら聞いてくれました。
やっぱり悩んでいるだけだと前に進めないので どんどん話し合うのが良かったかなと思っています!(後略)

(なおら0002さん)

まず話し合いました。 夫はいずれ授かれば、くらいのスタンスでいたので、結婚後2年は2人の時間を楽しむ、その後は妊活に励む等決めました。 妊活でケンカになったりしたくなかったので、夫に強要しないようにしました。
「協力してくれてありがとう!」と言ったり、子供を授かるための時間ではなく夫婦の時間という意識でいるようにしました。

(ちー0657さん)

お互いに子どもは欲しかったですが、夫はマイペースでいつかできたらいいねといった感じでした。私は結構1人で焦ったりしていましたが、調べた情報や私の不安を共有して、できるだけたくさん話すようにしました。

(ゆきゃりさん)

少し時間をおいて、何度も希望を伝えました。すると、ある日突然「いいよ」と言ってくれました。

(ともはせさん)

ちゃんと時間をとって真剣に思いをすべてぶつけました。愛する人の真剣さは必ずわかってくれます

(彩ママ0033さん)

『言葉にしなければ伝わらない』
自分の気持ちや思いを、ちゃんと言葉にして伝えることは、とっても大切ですね。じっくりと話し合ったり、繰り返し話したり、時には時間をおいてみたり…思いの伝え方はそれぞれですが、相手にはしっかりと伝わっているようですね。

アプローチ法その2:数値・データ・計算

数値やデータにすることで、妊活をより現実的に考えられるのかも…

夫は超理系なので、すべてデータを書面で見せてゆっくりしてられない事、男性側にも原因があるから2人で検査する事を示したら私が感情的にいう時より納得してくれました!

(ともあおのママさん)

夫に「定年前には子どもに◯歳になっていてほしいよね。」など将来のことを話しながら逆算してモタモタしていられないことを理解して貰いました。

(子豆ままさん)

年齢的におたがい30を超えていたので、将来設計を話し合い、今産んだら子供が20歳になった時に自分たちが何歳か計算させて、早めの妊活を決心させました。

(ミィ0017さん)

(前略)「妊娠は奇跡なんだよ」と何度も言っても「どう奇跡なのかが分からない」と、言ってきた旦那にネットで妊娠についての分かりやすい情報と、年齢別の妊娠確率を携帯に送りました。そして、夫婦で連携できる排卵日予測アプリを旦那の携帯にもインストールしたりしました!

(のんびりマイペースママさん)

年齢を逆算したり将来設計を話し合う中で、具体的な数値やデータを見せると、妊活の必要性がより現実的に伝わることもあるようですね。

アプローチ法その3:第三者

思うように気持ちが伝えられなかったり、説得できなかったら、第三者を巻き込んで伝えてみては…

(前略)私だけだと説得出来なかったので、主人の両親や共通の友人に話して皆に説得してもらいました。
皆に言われているうちにやっとその気になったみたいで、今は無事に2人目が出来ました。特に主人の両親からの説得が効いたみたいです。

(はるねママさん)

私は結婚してすぐにほしかったですが、旦那はいつかできればいいなという感じ。私の親から言われて産婦人科に通いだしてやっと妊活に積極的になったかな。

(える0027さん)

私が理論的に話せないので、一緒に不妊治療のセミナーに参加しました。医師から説明を聞くことと、同じ境遇の夫婦と一緒に受講することで、自分ごとに捉えてくれたと思います。

(ルクトマさん)

ずっと私一人で通っていた不妊治療の病院に、夫も連れて行ってから治療について話しあったり理解してもらえるようになりました。診察の内容によっては、一緒に先生の話を聞いたり、待合室で待つだけでも(産科と併設のクリニックだったので妊婦さんの姿を見て、うちも頑張ろうと思ったとか。)効果があったみたいです。

(しゅせんどぅーさん)

私は病院に通っていましたが、出来るだけ早い段階で一緒に病院に行くことで相手にも実感がわいたのだと思います。(中略) あとは、子育てしてからもそうですが、「ネットで見たけどこうなんだって」「誰々がこう言っていた」より、「お医者さんがこう言っていた」と、言う方が、男性は素直に聞いてくれると思いました。

(みゆき55さん)

ご両親や友人、そして病院の先生など説得力のある方に協力してもらうのも一つの方法ですね。
特に人生の、子育ての大先輩であるご両親や、医学的な立場からお話をしてくれる病院の先生の言葉は、すんなりと受け入れられることもあるようです。

アプローチ法その4:体験

小さいお子さんと触れあう時間、楽しく遊ぶ時間を体験することで、父性本能を刺激されると…

甥っ子とよく遊ばせて子どもがほしいと思えるようにしました。

(akieeeenさん)

子どもがいるお友達に子どもを連れてきてもらって、子どもとの楽しさを感じてもらった。

(チョコメロンパンダさん)

子どもがいる夫の友人に子どもがいることの楽しさを色々話してもらった。

(かおかお0068さん)

妊娠・出産・子育てにあまり実感のない男性にとって、小さいお子さんとの楽しい時間は、子どものいる生活をより現実的に考えるきっかけの一つになるのかもしれませんね。

アプローチ法その5:最終手段?

男性は女性の涙に弱い?…時には大胆な行動も…

泣いて訴えました。

(みゆちゃんママ0139さん)

私は結婚してから10年経っても子供が出来ず、産婦人科に誘っても嫌がって、自分は不妊治療に関係ないという態度を取り続けたので、離婚を切り出し、別居したら、夫は心を入れ替えて、妊活に協力してくれました。

(スイカ好きっ子さん)

とにかく気持ちを伝えたい!わかって欲しい!その深い思いから、時には大胆な行動に出ることも。でもそれは決してご主人を困らせたいがための行動ではなく、自分の気持ちを伝えるため…。
精一杯の行動でご主人の心を動かすことができたようで、ほっとしました。

先輩ママたちは、自分の気持ちを素直に言葉にしたり、いろいろな角度からアプローチをして、思いを伝えていましたね。そしてこれから妊活をスタートさせる方々も、いつかこの過程が『夫婦の絆を深める大切な時間だった』と振り返る日が訪れますように…

今回は【ママひろば】の掲示板公式テーマ
妊活に消極的な夫。どうやって説得した?夫婦でどう話した?』からピックアップしました。

まだまだたくさんの先輩ママの声がありますので、ぜひ参考にしてくださいね。ご主人にピッタリなアプローチ法が見つかるかもしれませんよ。

あわせて読みたい記事

出産予定日の登録

出産予定日を入力してね!
登録するとあなたにおすすめの記事が表示されるよ!

記事をシェアしよう!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!
  • ママ友が増えて悩みや不安を解消!

プレママタウン
入会キャンペーン

今なら全員に
「ナチュラル ムーニー」オリジナルサンプルプレゼント!

妊活に消極的な夫をその気にさせるには、どうしたらいいの?と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんな風にお悩みのあなたのために、先輩ママたちが実践した選りすぐりのアプローチ法をご紹介したいと思います。妊娠・出産のサポートサイト「プレママタウン」

新規入会キャンペーン
今すぐ会員登録しておむつ試供品をもらおう!