プレママタウン

大百科/基本情報

体験/アドバイス

『さあ、妊活を始めよう!』まず最初に調べたことは?

2017.08.24

『さあ、妊活を始めよう!』そのとき最初に何を調べますか?“はじめての妊娠・出産”はもちろん“はじめての妊活”だって、わからないことだらけですよね。

ママひろばの掲示板テーマ「いざ妊活。まず何を調べた?何をした?妊活にかかったお金も。」から、先輩ママの体験談をピックアップしました。

妊娠しやすい日を調べる

基礎体温をはかったり、アプリを利用したり…「まずは妊娠しやすい日を調べた!」という先輩ママが多数派でした。

生理周期から妊娠しやすい日を調べ、基礎体温を計って、グラフ化していました。

(るんるんるんさん)

アプリでこの日ができやすいとかを調べて私はこっそりそれで主人を誘い、ほしいなとおもって2人目も3人目も4ヶ月以内ではできました。(後略)

(3人のママがんばるで♡さん)

職場の先輩に教えてもらったおりものチェック!!!おりものが伸びるか、伸びないかをチェックしてました。排卵もわかるし、産み分けもできるとか…!?なので、特に費用はかかっていません!(後略)

(かえる0174さん)

毎朝基礎体温を付けるのを数ヶ月続け、自分のサイクルを知るところから始めました。体を冷やさないように、仕事中もひざ掛けを使うなど気を付けていました。

(めぐみるくさん)

妊娠に関する検査

妊娠できるかどうか、風疹の抗体があるかどうか、など「まずは検査から!」という先輩ママたちもいます。

まずは夫婦で妊娠できるかどうかのチェックを実施しました。血液検査も痛かった…でも卵管造影検査はもっと痛かった…。主人にも精液検査もしてもらいました。全部で3万円くらいですかね。

(伸びた君さん)

結婚が決まったとき、風疹の抗体検査を受けに病院に行きました。風疹の感染経験がなく、予防接種を1回打っただけでしたので、しっかり抗体を持っているか心配でしたので。

(MIYOKICHIさん)

1人目の時は、まず風疹の抗体検査を受けに行きました。市の助成があり、450円くらい?だったかと思います。葉酸サプリを飲み、基礎体温も測りました。(後略)

(よしを0002さん)

不妊治療に関わること

不妊治療について調べたり、検査を受けたりした、先輩ママたちの声です。

もともと何年にもわたって基礎体温はつけていた。タイミングの指導も受けていた。でも、妊活を強く意識したのは、卵管造影検査を勧められたとき。不妊治療が始まるんだって思った。だから、まず調べたのは卵管の通り。色々な治療を5年以上にわたって受けたので、人工授精などはしていないけど、総額20万円くらいかかった。

(ゆうたえさん)

不妊治療の有名な病院を探しました

(彩ママ0033さん)

妊活中の食事について

妊活中の生活は何に気を付ければいいのか…気になりますよね。先輩ママたちは、特に食事を意識していた人が多いようです。

妊活にあたって、とったらいい栄養素を調べて摂取するよう心がけました。また、自分の住んでいる自治体の妊婦健診の補助券の総額やサービスなどを調べました。その他、近くの産婦人科の情報を調べたりしましたね。

(おはるさん0004さん)

食べていいものいけないものを1番始めに調べました。

(ゆー54321さん)

妊活を始める際、多くの人がまず調べていたのが“基礎体温”でした。他に先輩ママたちが調べていた“病院での検査”や“妊活中の食事”についても、気になるところです。プレママタウンから、下記の専門家/メーカーからのアドバイスも、ぜひ参考にしてください☆

記事をシェアしよう!

関連用語集

出産予定日の登録

出産予定日を入力してね!
登録するとあなたにおすすめの記事が表示されるよ!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!
  • ママ友が増えて悩みや不安を解消!

プレママタウン
入会キャンペーン

今なら全員に「ナチュラル ムーニー」
オリジナルサンプルプレゼント!

出産予定日を登録すると
あなたにおすすめの記事が表示されるよ!