プレママタウン

ママニュース

妊娠中から双子・三つ子家族をつなぐマーク、配布開始へ

2019.10.10

妊娠中から双子・三つ子家族をつなぐマーク、配布開始へ

100人に1人といわれる、双子や三つ子ちゃんのママ。そんな多胎ママたちが、妊娠中から仲間を見つけて育児を楽しんでほしい、と自ら「双子・三つ子マーク」を製作。11月より全国での配布が始まります。

マークを作ったのは、双子ママ9人で構成される企画チーム「TwinsParty」。マークに込めたのは、「子育ては大変だけど、大変なことを大変だと思い続けずに済むように、同じ境遇の仲間と『楽しい』に転換していきたい」という思い。そこで、この活動を広めるために、8月2日から約1ヵ月間、インターネットで資金や仲間を募るクラウドファンディングに参加。これをきっかけに、多胎ママから多くの応援の声が寄せられ、SNSを中心に話題を集めました。目標額を上回る支援金も集まり、マークの全国配布が決定したのです。

妊娠中からこのマークをバッグなどに着けることで、同じ境遇の仲間を街で見つけ、つながるきっかけになるかもしれません。また万一のトラブルを回避するツールになることも期待されています。

チームの双子ママの一人は、妊娠中に通勤電車内で倒れ、搬送される直前に「双子」と伝えたところ、東京都内の病院で「新規の双子妊婦の受け入れはできない」と言われ、栃木県の病院まで行くことになった経験があるそう。こんなときも、多胎マークを着用していれば、自分で伝えられなくても気づいてもらったり、適切な対応してもらったりすることができます。

双子マークは「BOYS」「GIRLS」、さらに男女「MIX」の3種類のデザインを用意。勇気や元気をもらえるツールになればという思いをこめて、イラストには笑顔のキャラクターを採用。また三つ子以上の家族からの声を受け、4種類の三つ子マークも製作。イラストからデザイン調整、切り出し、パッケージングまで、すべてを双子ママが分担して制作したそうです。

11月より配布するマークのデザインは1種類。クラウドファンディングを通じて知り合った多胎サークルなど20サークルに10個ずつ、合計200個分を一斉無料配布する予定です。また、多胎の妊娠・出産・その後のフォローアップ外来で、お付き合いのある病院に置かせてもらえるように準備を進めているといいます。また個人で欲しい場合は、1つ300円プラス送料で販売の予定。最終目標は無料で配布することだそうです。

参考:

記事をシェアしよう!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!
  • ママ友が増えて悩みや不安を解消!

プレママタウン
入会キャンペーン

今なら全員に
「ナチュラル ムーニー」オリジナルサンプルプレゼント!