プレママタウン

ママニュース

寝かしつけに最適な絵本の読み聞かせテク

2019.05.23

寝かしつけに最適な絵本の読み聞かせテク

パナソニックが共働きのパパ、ママ500名を対象に子育てに関するアンケート調査を実施。育児と仕事を両立させる上で、「子どもがもっとこうなってくれたらいいな、と望んでいること」とは、一体なんでしょう?

アンケートのダントツ1位は「夜になったらすぐに寝付いてくれること(53%)」。2位の「ごはんを好き嫌いせずに食べてくれること(43%)」や、3位の「おもちゃなどの後片付けをしてくれること(41%)」などを10ポイント以上も上回りました。

また、「子どもが寝付かないことで翌日の仕事に支障が出て困った経験がありますか?」という問いに対して、「ある」と答えた人は半数超の52%。

「寝不足になり、仕事で凡ミスを繰り返した」「締め切りがある仕事をかかえていたにも関わらず、子どもたちの寝付きが悪くて仕事の取りかかりが遅くなった」など、その影響はあなどれません。

悩み多き寝かしつけ対策のひとつとして、「絵本の読み聞かせ」にトライしている人も多いはず。とは言え、子どもが絵本に興味を示してくれなかったり、眠るどころか逆に興奮して目が冴えてしまったり、なかなかうまくいかないことも……。

そんなパパ、ママの悩みを『JAPAN絵本よみきかせ協会』の代表・景山聖子さんが解決! 上手な読み聞かせテクニックを、パナソニックの公式サイトで詳しくレクチャーしています。

景山さんが、子どもの入眠しやすい読み聞かせのコツとしてアドバイスしているのが、声の出し方。抑揚をあまりつけず、同じ音の高さで、ささやくようにやさしい声で読んであげると寝付きやすくなるのだそうです。

何回も「読んで!読んで!」とせがまれることが多いという人は、最初に「今日は何回読む?1回?2回?」と聞いて、あらかじめ子どもに決めてもらっておくのがGood。子どもとは言え、自分で決めたことには、ちゃんと従う傾向にあるんですって。

部屋の明かりもポイントのひとつ。あまり暗すぎると文字や絵がよく見えませんが、明るすぎても、子どもの目が冴えてしまいます。絵は文字が見える範囲で、部屋をできるだけで暗くするのがおすすめ。パナソニックからは、寝る前の読み聞かせに最適な明るさの「くつろぎモード」に調整できる、寝室向けのLEDシーリングライトが発売されています。

他にも、「時間がないときは5分の読み聞かせでもOK!」「子どもがページをどんどんめくってしまうときの対処法」「パパ向けの読み聞かせのコツ」など、役立つアイデアがいっぱい! ぜひ、サイトをチェックしてみて。

寝る前の読み聞かせとおすすめのあかり(パナソニック)

参考:

記事をシェアしよう!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!
  • ママ友が増えて悩みや不安を解消!

プレママタウン
入会キャンペーン

今なら全員に
「ナチュラル ムーニー」オリジナルサンプルプレゼント!