プレママタウン

ママニュース

怖いヒアリ!見分け方や対策は?

2017.09.04

怖いヒアリ!見分け方や対策は?

ついにヒアリに刺された人まで! 今年6月に兵庫県尼崎市の港のコンテナ内で発見されてから、あちこちで確認され、身近に迫ってきている感じ。強い毒性を持ち、生命の危機に至ることもある、と聞くと、毎日、外で遊ぶ子どもたちが心配。ふつうのアリと、どこがどう違うの?

環境省HPより

ヒアリは、南米大陸原産。強い毒性を持ち、刺されると火傷のように激しい痛みがあるので、「ファイヤーアント(火蟻)」の名がついたそう。

日本では、これまでヒアリの生息は確認されていませんでしたが、今年の6月に兵庫県尼崎市の港のコンテナ内で初めて発見されました。以降、東京や愛知、大阪、福岡、大分などの湾岸地域での確認が相次ぎ、7月には福岡市で、港の作業員がヒアリに刺される被害も!

現在、政府は全国68の港湾で調査を行い、ヒアリの上陸や周辺への拡散防止などに取り組んでいます。

今のところ、ヒアリが発見されているのは主に湾岸地域。しかし、私たちの周囲にまでその脅威が広がる可能性もあります。環境省では、ヒアリに関する知識をまとめてホームページに公開しています。

【ヒアリの見分け方】

小さいため、他のアリと見分けるのはなかなか難しいようですが、肉眼で分かる特徴もあります。

  1. 赤っぽくてつやつやしている。
  2. お尻の部分の色は暗め。
  3. 大きさは2.5mm~6mmで、さまざまな大きさが混在している。
    (黒いアリや、2.5mm以下の小さなアリ、6mm以上の大きなアリは、違う種類)

もし、ヒアリに似たアリを発見したら、最寄りの環境省の地方環境事務所や、都道府県の環境部局に連絡を。

【万が一、ヒアリに刺されたら】

ヒアリであれば、刺されたときに「熱い!」と感じるような激しい痛みがあります。その後、かゆみや腫れが起こり、重篤な場合はアナフィラキシー症状(呼吸困難、血圧低下、意識障害)を引き起こす可能性も。異変を感じた場合は、直ちに医療機関を受診してください。

環境省のホームページには、子ども向けのチラシなどもあるので、ぜひ、チェックして!

ストップ・ザ・ヒアリ(ヒアリの特徴・生態・駆除方法・刺されたときの対処方法等の参考)[7MB]

●広報チラシ「ヒアリに注意」 大人用 [85KB]こども用 [85KB]

●広報チラシ「ヒアリに気をつけて [786KB]

参考:

記事をシェアしよう!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!
  • ママ友が増えて悩みや不安を解消!

プレママタウン
入会キャンペーン

今なら全員に「ナチュラル ムーニー」
オリジナルサンプルプレゼント!