プレママタウン

妊娠・出産に関する用語集

子宮頸がんしきゅうけいがん

子宮頸部と呼ばれる、子宮の入り口にできるがんのこと。40代以上の女性がなることが多いとされてきましたが、近年では20代や30代の若い女性がなることも多くなり、妊娠時の健診で発見される例も少なくありません。性行為によって感染する「ヒトパピローマウィルス」というウィルスが原因で予防接種がすすめられていますが、初期は自覚症状がでにくいので、定期的な検査も必要です。