プレママタウン

妊娠・出産に関する用語集

児童手当じどうてあて

  • この情報は2012年6月現在のものです。制度は変更している可能性がありますので、詳細は関係する自治体、勤務先などにお問い合わせください。
  • 2012年4月から、それまでの「子ども手当」に変わって導入された制度。2010年3月までの旧制度の児童手当とは異なりますのでご注意ください。

0歳から中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している人に国から支給される手当のこと。
支給額は月額で、3歳未満の児童1人につき一律15,000円、3歳以上小学校就学までは10,000円(第3子以降は15.000円)、中学生は一律10,000円ですが、支給には所得制限があるため、所得制限の限度額以上の世帯の場合は特例給付として月額一律5,000円が支給されます。
2012年3月まで子ども手当を受給されていた方は、改めての認定請求は不要ですが、毎年6月に現況届の提出が必要となります。また新たに子どもが生まれた場合も受給には各自治体に請求する必要があるので、自分の受給資格とともに申請法を問い合わせてみましょう。