プレママタウン

妊娠・出産に関する用語集

痔とは

肛門疾患の総称。妊娠中になりやすいのは、おもに内痔核で、肛門や直腸あたりの静脈が、大きくなった子宮に圧迫されて、うっ血してできやすくなります。さらに妊娠中は便秘になりやすいので、裂肛(切れ痔)や痔核(イボ痔)になることも。さらに分娩時のいきみや胎児の頭の圧迫で脱肛になることもあります。

みんなはどうだった?

Q. 妊娠、出産によって痔になりましたか?(回答者数=2231名)

妊娠・出産で痔を経験した人はちょうど半数。「自覚がない」人の中にも軽度の人や予備軍はいると考えられますので、半数以上が経験してあたりまえのようです。悪化すると痛みで苦しいので、「妊婦にはつきもの」と恥ずかしがらずに早めにお医者さんに相談しましょう。

妊娠、出産によって痔になりましたか?

Q. 原因はなんだったでしょうか?複数回答可(回答者数=1499名)

分娩のいきみが痔の原因の3割を締めていますが、妊娠前からの痔持ちの人も原因は便秘がちなことが多いようなので、トータルで見るとやはり便秘がもとになりやすいのですね。妊娠中は便秘予防に心がけたいものです。

原因はなんだったでしょうか?

先輩ママの体験談

痔にならないように便秘に気をつけていた人が多数。多めの水分、食物繊維(野菜、寒天など)、ヨーグルト、バナナが便秘解消の四天王。予防しても痔になってしまったとき、肛門科に行くことが恥ずかしくて困ったという人も。妊娠中なら健診時に産院で相談してみましょう。便秘予防については「便秘」の項もご参考に!

  • 出産後、授乳の時に椅子に座るのが辛くて大変だった。退院の時に車で自宅に帰るまでの間も座っているのがすごく辛かった。便秘には病院で薬を処方してもらった。痔には清潔を保つようにし、排便の時は力まないでできるよう気をつけた。

    ゆふさん[千葉県](痔の原因:妊娠前から痔の傾向があった、妊娠前から便秘がちで妊娠中も便秘をしていた、分娩時のいきみ)

  • 水分をいつもより多めに取るようにしたことと、毎朝必ず、バナナ+旬のフルーツにヨーグルトをかけて食べています。(もう、15年以上続けているので、便秘知らずです)

    チーボーさん[愛知県](痔にならなかった)

  • 普段から便秘はほとんどなく、軟便。妊娠中も便秘どころか普段以上に下痢気味で何度もトイレにいくため、拭きすぎで切れ痔のような状態に。出産後は会陰切開の傷が怖くて珍しく便秘に。どちらもすぐ産院の先生に恥ずかしがらず相談して、適切に漢方薬や塗り薬を処方してもらい、酷くならずに治りました。

    ゆうきちさん[愛知県](痔の原因:その他)

  • 横になると痛くて眠ることができなくなった。すぐ産科へ行き、処方箋を頂いたら痔が小さくなり、おしりがぶつかっても痛くならなくなった。やはり10ヶ月間お腹の赤ちゃんも診ていただくのだから、痔も診てもらうのが一番だと思う。

    しょうまままさん[秋田県](痔の原因:妊娠前は便秘をしたことがなかったが、妊娠中は便秘がちだった)

  • 出産の際初めて痔になって、本当に治るのか不安だったが、幸い産院で出してくれた薬ですぐに良くなったので良かった。しかし又出産の時に痔になるのではないかという不安もある。

    rieppeさん[神奈川県](痔の原因:分娩時のいきみ)

  • 助産師さんから妊娠中にはトイレに行くたびにお尻をマッサージするように言われました。

    マァママさん[茨城県](痔にならなかった)

  • 初めて痔になったので、びっくりした。飛び出している痔は手術しなければ治らないと聞いたことがあり、看護師さんにみてもらったら、「こんなにちょっとなら大丈夫、出産でなったのは自然に治るよ」と言われ、ほっとした。

    トロロさん[群馬県](痔の原因:分娩時のいきみ)

  • 分娩時のいきみで痔になりました。出産後、トイレに行かないと便秘になるし、行けば毎回信じられない痛みに襲われるし、苦しい毎日でした。それでも必ず行く方を選んだのは、便秘になるのが恐かったからです。トイレに行った後は速攻でお風呂場に行ってシャワーしました。これがとても気持ちよかったです。その後塗り薬を使って数週間の痛みを乗り切りました。

    ぷぅ~の奥チャマさん[埼玉県](痔の原因:分娩時のいきみ)

  • マタニティヨガは、便秘を予防してくれるので、とてもおすすめです。特に、ヨガの呼吸法は、かなり効き目があるので、マスターすると便秘になりません。

    かばままさん[秋田県](痔の原因:妊娠前から痔の傾向があった、分娩時のいきみ)

  • 陣痛時にいきんでかなり大きい痔が出来てしまったので出産のいきみの時は痛くて痛くて助産師さんに痔を押さえててもらって大変だった。テニスボールなんてちっとも効かなかった…。

    まなみんさん[東京都](痔の原因:その他)

  • 病院によっては痔にならないよう、助産師さんが押さえてくれることがあると後で知った。どの病院でも徹底してくれると良いのに。産後会陰切開の部分を縫った痛みなのか痔の痛みなのかわからず、とにかく痛くて苦しくて座薬のお世話になってつらかった。今も生理前などになると再発し、とても困ってる。

    ツカサさん[兵庫県](痔の原因:妊娠前から痔の傾向があった、分娩時のいきみ)

  • 出産時には、あらかじめ助産師さんに痔が出やすいことを伝えておいたほうがいいです。いきみの時うまく押さえてくれます。

    はるるんさん[新潟県](痔の原因:妊娠前から便秘がちで妊娠中も便秘をしていたから、胎児が大きめで腹圧がかかっていたから、分娩時のいきみ)

  • 出産後、なんとなくお尻あたりが痛いと思い、看護師さんに相談すると少しでていると言われ、すぐに薬をもらえた。治るか心配だったが、1ヶ月くらいでよくなりました。温水洗浄便座を使い、便の時はいきまないようにした。

    ぱやさん[神奈川県](痔の原因:分娩時のいきみ)

  • 妊娠前から10年来の痔主でした。妊娠が進むにつれ肛門の筋肉も緩むのか、悪化したので困りました。運動はおろか歩くのさえ痛かったので、そんな状態でもできる運動や痔にきくツボなどを知りたかったです。結局寝るのが血行もよくなり痔には一番の薬でしたが。出産時には当然倍くらいの脱出を起こし、排便の度に押し込むのが、陣痛よりよほど辛かったです(陣痛なら一度ですからね)。結局2年後に手術で治しました。

    えるむさん[千葉県](痔の原因:妊娠前から痔の傾向があった)

  • 海草、きのこ類を食べ、病院で酸化マグネシウムをもらったら、今までの便秘や痔がうそのように解消しました。

    うえたまさん[和歌山県](痔の原因:妊娠前から便秘がちで妊娠中も便秘をしていた)

  • ものすごい痛みでトイレが2時間かかってしまい赤ちゃんが折角寝てくれても自分は寝られず、時にはトイレで授乳し、本当につらかったです・・・。これから出産の皆さんはなるべく気をつけてくださいね!もしなってしまったら入院中に薬をもらったりするといいですよ。

    ショコラさん[埼玉県](痔の原因:分娩時のいきみ

  • 子どもを長い時間抱っこしていたら、痔になった。寒い時期だった。だっこの方が負担がかかるようなので、長時間になるときはおんぶと交互にした方がいいと思う。

    りゅうちゃんのママさん[東京都](痔の原因:その他)

  • 妊娠中痔がひどくなり排便が怖くなり便秘になった。1人目の出産時には助産師さんが肛門を抑えてくれなかったのでひどい痔になり、歩行も辛かった。2人目のときは出産時に肛門を押さえてくれたので「こんなに産後って楽なの?」と思うほど軽度ですんだ。恥ずかしがらずに出産時には、助産師さんに「痔がひどくならないように肛門を抑えてください」と言った方が産後大分楽です。

    ロータスさん[東京都](痔の原因:妊娠前から痔の傾向があった、分娩時のいきみ)

  • 出産直後は会陰切開で傷の痛みはもちろん、痔の痛みもあり、なかなか座ることや仰向けで寝ることもできませんでした。また、出産後も鉄剤を飲み続けたせいか、便秘が続き、宿便が痔を悪化させ、また、縫合したところも離開してしまいました。退院日には浣腸をする羽目に。痛くて痛くてつらかったです。そこで助産師さんに教わったのが、プルーンを摂取すること。医師から処方されていた鉄剤をやめ、鉄分も含まれているプルーンに切り替えました。また、果実では(ドライフルーツ)効果がいまいちとのことで、プルーンエキスを飲むと便もゆるくなり、かなり快調でした。妊娠時にしっておけば・・・と後悔。

    エヴァちゃんさん[東京都](痔の原因:妊娠前から痔の傾向があった、妊娠前は便秘をしたことがなかったが、妊娠中は便秘がちだったから、胎児が大きめで腹圧がかかっていた)

  • 2回出産しましたが、2回ともイボ痔になりました。でも、3ヶ月ぐらいで何もしなくて治りました。出産後は便秘になった事が無い私も、恐くて3日くらいは便がでませんが、我慢しないで早めに出すと、きれ痔にはなりにくいみたいです。その時、無理にいきまないほうが、いいです。

    ぞうさん[高知県](痔の原因:胎児が大きめで腹圧がかかっていたから、分娩時のいきみで)