プレママタウン

マタニティウェア

調査/レポート

みんなはどんなマタニティブラやマタニティハーフトップを選んだ?

2017.07.24

プレママのおっぱいを守る役割を果たすマタニティブラやハーフトップ。妊娠中、出産後も活躍するとても大切なアイテムですが、種類が多くてどのようなタイプを選べばよいか悩む方も多いのではないでしょうか。今回は先輩ママ達がどのようなポイントに注意してマタニティブラやハーフトップを選んだのかなど、アンケート結果を大公開します。ぜひ参考にしてください。

アンケートには1699名のベビータウン会員が協力してくれました。みなさん、たくさんの質問に答えてくれてありがとうございます!(アンケート実施期間 2017年3月22日~3月29日)

取材協力:(株) 千趣会BELLE MAISON

マタニティブラやマタニティハーフトップは
いつ買った?

マタニティブラやハーフトップは、普通のブラジャーと同じように使うことができるので、買うのが早すぎるということはありません。けれど、他のプレママさんたちはいつ頃、どれくらい用意したのか気になるものですよね。さっそくみていきましょう。

妊娠中、マタニティブラ、またはハーフトップを購入しましたか?

購入したかどうか伺ったところ「購入した」と答えた方が83.0%と圧倒的な大多数でした。妊娠すると乳腺や乳管が発達していくので、発達を妨げないように考えて作られているマタニティブラやハーフトップは、ぜひ手に入れていただきたいおすすめのアイテムです。授乳しやすいしくみにもなっていて、長く活躍しそうなのもうれしいですね。

購入した時期と使い始めた時期は?

購入した時期と使い始めた時期について伺った結果が下のグラフです。購入した時期も使い始めた時期も、ともに「妊娠5ヶ月」が一番多く、それぞれ26.5%、24.1%でした。 この頃になると、バストのサイズがアップしてくるので、今までのブラではきついと感じる方が多いのかもしれません。

購入した時期と使用開始した時期はグラフの形が似ているので、購入してすぐに使うケースが多いことが伺えます。妊娠中もバストの大きさは変化するので、使う時の状況に合わせてサイズなどを考えるほうがよさそうですね。

出産後に使用を始めたという解答だけぐんと伸びているので、使わずにいて授乳するようになってから使うようになったママもいらっしゃるようです。ただ、マタニティブラやハーフトップはプレママさんの胸にとってやさしい設計になっているので、手元にあるのに使わないのはとてももったいないことです。手に入れたら、ぜひ身につけてくださいね。

購入したのは全部で何枚?

最終的に何枚購入したかは「3枚」が一番多く26.1%。続いて「4枚」23.6%、「5枚」18.6%となりました。洗濯のこと考えると3枚以上は欲しいと思う方が多いのかもしれません。授乳が始まると、おっぱいが漏れて汚れてしまうこともあるようで、妊娠中よりもたくさん必要という意見も多くありました。最近は、通販などで気軽に買えるので、最低限の枚数を揃えて、必要に応じて買い足すこともできますね。

どのようなタイプのものを買えばいい?

マタニティブラは、大きく分けてワイヤーの入っていないタイプとワイヤー入りのものがあります。ワイヤー入りは、普通のブラジャーと同じようなホールド力がありますが、乳腺の発達を妨げないように考えてワイヤーやカップを設計しています。ワイヤーが入っていないソフトタイプのものは、適度にホールドしてくれつつも、ワイヤー入りより着け心地がラクなのが特徴です。ハーフトップは、タンクトップの上半分にカップがついたような作りなので、ホックやワイヤーがなく、一番リラックスできるつくりになっています。

どのようなタイプを購入しましたか?

一番人気があったのは、「ノンワイヤーのソフトタイプブラジャー」で80.5%、続いて「ハーフトップ」50.4%でした。「ワイヤー入りのブラジャー」と答えた方は20.6%でしたので、多くのママはゆったりとした着け心地を重視して選んでいるようです。つわりの時期は特にゆったりとした着け心地のものを選んだほうが良いという意見が多くありました。

また、ワイヤー入りのものは、買わずにすでに持っているブラジャーを使うという方もいらっしゃるのかもしれません。ただ、マタニティ用のものはワイヤーやカップが乳腺の発達を妨げないよう設計されていたり、バストサイズの変化に対応しやすいように背中のホックの調節が普通のブラジャーよりも段階が多くなっていたりするのでおすすめです。

マタニティブラの正しい選び方についてはこちら>>

授乳口はどのようなタイプを購入しましたか?

授乳口は、大きく分けると4種類。伸縮性のある素材でできていてカップを引き下ろすクロスオープンタイプ、ストラップ部分が外れてカップを開くストラップオープンタイプ、カップの裏が2重構造になっていてストラップを外してカップをめくっても外枠がのこるウィンドウオープンタイプ、胸の谷間の部分で左右に開けられるフロントオープンタイプがあります。

どのタイプを購入したかについては、「クロスオープンタイプ」が72.4%で圧倒的に一番人気でした。片手でめくることができるので、授乳がしやすいのが人気の理由のようです。「ウィンドウオープンタイプ」が一番、胸を固定してくれ安定感がありますが、何回も授乳することを考えて、授乳のしやすさを一番に考えるママが多いことが伺えます。

産後すぐに必要な授乳インナーについてはこちら>>

先輩ママからのアドバイス

実際にマタニティブラやマタニティハーフトップを選ぶ時、どのようなことに気をつけて選べばよいのでしょうか。ワイヤー入りにするかしないか、ハーフトップのほうがいいのかだけでなく、授乳口もいろいろなタイプがあるので、悩んでしまいそうです。先輩ママたちの生の声をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

いろいろなタイプのものを使ってみる

どれかひとつのタイプに絞るのではなく、仕事の時はしっかりとワイヤーの入ったものを選んだり、つわりの時期はゆったりしたタイプを選ぶなど、いくつかの種類を使い分けているというママが多くいらっしゃいました。授乳口もどれが授乳しやすいか、個人差があるようなので、実際に使ってみて使いやすいものを買い足すと良いですね。

ママの声

  • 2、3種類買って、授乳のときに使ってみて使いやすいタイプのものを買い足すのが良いと思う。周りが勧めてくれたものでも、使ってみたら自分には合わないときもある。

    (石川県/3児のママ)

  • 使ってみないとわからないというのが正直なところなので、同じ形ばかりでなく、違うものを買ってみた方が良いと思った。枚数も思ったより必要だった。

    (広島県/1児のママ)

  • ストラップオープンタイプとクロスオープンタイプを買いました。私が買った物は、形はストラップオープンタイプの方がしっかりしていて良いですが、クロスオープンタイプの方が、授乳の時にさっとできて楽でした。冬場などの寒い時は授乳用のインナーだと、めくらなくていいのでとても良かったです。

    (東京都/1児のママ)

  • ノンワイヤーは楽ですが、胸の形が崩れやすいので、ソフトワイヤーのものもあると安心です。

    (埼玉県/1児のママ)

  • ギリギリまで仕事するならカッチリしたブラが良いと思う。仕事や外出用と家用を分けると○。

    (大阪府/1児のママ)

サイズ選びは慎重に

妊娠期間中は、乳腺や乳管が発達するので徐々にバストが大きくなっていきます。出産して授乳しはじめるとさらに大きくなり、人によっては2カップ以上サイズアップすることも。ゆったり過ごせる大きめサイズをおすすめするママが多くいらっしゃいましたが、あまり大き過ぎるとバストをきちんと支えることができなくて着け心地が悪くなるという声もありました。購入する時はしっかりサイズを測って、同じサイズをまとめて買うのではなく、自分のサイズの変化に合わせて買い足したり、背中のホックで調節がきくタイプのものを選ぶと良さそうです。

ママの声

  • 自分のアンダーバストのサイズを把握した上で購入した方が良い。特にワイヤーのないタイプの場合、ピッタリあったサイズでないとサイズアップしたバストを支えきれないし、着け心地が悪くなる。店頭よりネットで口コミを見て買うのもオススメ。

    (京都府/2児のママ)

  • 私は予想に反して胸が大きくならず、結局母乳もほとんど出ずだったのでマタニティのブラのサイズが合わなかった。そういう事例もあるということを知っておいた方が良いと思う。

    (三重県/1児のママ)

  • アンダーがキツいと苦しいので、きちんとアンダーの長さを測って購入することをオススメします。妊娠初期に選ぶと妊娠後期とアンダーやバストが変わるので、ホックが何段階も変えられるものを選ぶか、同じサイズを一気に買わないで、その都度、自分にあったサイズを少量買うことをオススメします。その方が失敗がないと思います。

    (北海道/1児のママ)

  • 産前と産後ではおっぱいの状態が変化する(産後も1歳までと後でも胸の張り方が違う)ので、出産前にまとめ買いするのではなくて、その時その時で合うものを買った方が良いと思います。

    (大分県/1児のママ)

授乳しやすいものを選ぶ

妊娠期間中だけでなく、産後も活躍してくれるマタニティブラやハーフトップ。授乳口のタイプによって、使いやすさがかわってくるので、選ぶときは授乳しやすいかを考えることも大切です。一番おっぱいをあげやすいかったという意見が多かったのは、クロスオープンタイプでしたが、人によってはフロントオープンやストラップオープンタイプのほうがあげやすかったというママもいらっしゃっいました。授乳中におっぱいが漏れて枚数が必要になったという声もあったので、実際に使ってみて自分に合ったものを買い足すと良さそうですね。

ママの声

  • 産後のことを考えて、授乳しやすいなるべく柔らかいものを選んだ方が使いやすいし、長く使えると思いました。

    (長野県/1児のママ)

  • 授乳は頻度が多いので、肌触りや使い勝手を考慮し、マタニティブラはお値段よりも素材や機能重視で選んだ方が良いです。

    (山口県/1児のママ)

  • どのタイプが授乳までの時間を短くできるかがポイントだと思います。赤ちゃんがその間泣きっぱなしなわけなので。

    (岩手県/2児のママ)

  • 授乳口はクロスオープンがいいと思う。フロントオープンは赤ちゃんがいるとやりにくかった。

    (鳥取県/3児のママ)

  • ひきおろすクロスオープンタイプよりストラップが外れた方が、授乳がしやすい。

    (愛知県/1児のママ)

マタニティブラやハーフトップはプレママやママたちのことを考えて作られています。乳腺の発達を妨げないように設計されていたり、授乳がしやすい作りになっていたり、サイズがかわっても調節しやすいようにホックを増やしていたり、嬉しい工夫がたくさんです。自分に合ったマタニティブラやハーフトップをつけることで、さらに快適な妊娠ライフを満喫してくださいね。

マタニティブラ・
マタニティハーフトップ
について
もっと詳しく
見たい人はコチラ

あわせて読みたい記事

出産予定日の登録

出産予定日を入力してね!
登録するとあなたにおすすめの記事が表示されるよ!

記事をシェアしよう!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!

会員登録すると全員に
「ナチュラル ムーニー」
サンプルプレゼント!!

プレママのおっぱいを守る役割を果たすマタニティブラやハーフトップ。妊娠中、出産後も活躍するとても大切なアイテムですが、種類が多くてどのようなタイプを選べばよいか悩むこともおおいもの。どのようなポイントに注意してマタニティブラやハーフトップを選んだのかなど、アンケート結果を大公開します。|妊娠・出産のサポートサイト「プレママタウン」

会員登録をすると、
あなたの悩みに合った記事が表示されるよ!
今なら、ムーニーおむつプレゼント中!