プレママタウン

おむつ・おしりグッズ

専門家/メーカー

おむつ選びは素材選び!赤ちゃんのお肌に徹底的な安心を

2016.11.02

食を始め、生活品に安心・安全が求められている現代。赤ちゃんができると、特にその意識が強くなりますよね。赤ちゃんのお肌に直接触れるおむつの安心について考えてみましょう。

取材協力:ユニ・チャームunicharm

安心なものってどう選ぶ?

生活品の安心の基準にはさまざまなことが考えられますが、身につけたり口にするものの基準のひとつが素材選びです。

妊娠すると妊婦さんの食べたものがお腹の赤ちゃんの体をつくるもとになるため、今まで以上に原産地や作り方を気にして食材を選ぶ人が多くなりますよね。

肌につけるものでも、赤ちゃんの衣類に対する基準は、ホルムアルデヒド(衣類の縮みやしわを防ぐために使われる薬品)の残留規定値が厳しく定められています。

今さら聞けない
「オーガニック」って何?

野菜や衣類、化粧品などで「オーガニック」という言葉をよく耳にしますね。それだけで安心なイメージですが、オーガニックって何のことかきちんと知っていますか?

「オーガニック」は「有機」という意味で、有機栽培されたもののことを指します。具体的には、化学肥料や農薬を使わずに自然の恵みの力だけで栽培された植物そのものや、それを使って作られた製品のことです。

そもそも農薬が必要だったのは、害虫などから生産物を守るためだったり、化学薬品は安価で効率よく育てるためでした。けれどそれらの中には、植物に残留すると体によくない成分が含まれていたり、土壌を汚すことにつながるため、オーガニック栽培が注目されているのです。

「オーガニックコットン」
はどんなもの?

タオルや赤ちゃんの肌着などでよく見かけるようになった「オーガニックコットン」。前述のように、有機栽培で作られた綿花を原料としたコットン製品のことです。栽培時に薬品が使われていないので、製造過程でも極力薬品を使わずに製品化されるため、コットンが本来持つ柔らかさやふかふかの風合いを持つことでも人気のようです。

赤ちゃんの肌に一番近い
ところにあるのは?

肌着よりも赤ちゃんの肌に一番近いところで身につけるもの、それはおむつですね。赤ちゃんのお肌は大人の約2分の1の厚さでデリケート。だから、小さな赤ちゃんの体の広範囲を長い時間包むおむつは、肌着と同じように素材にこだわりたいもの。

これからのおむつ選びの基準は、食べ物や肌着と同様「オーガニック」がキーワードになりそうです。

プレママタウンが
オススメする
「肌あんしん新基準」の
おむつ

赤ちゃんの肌につけるものに徹底的にこだわりたいママのために生まれたオーガニックコットン使用のおむつ。触れてみるとびっくりするほど柔らかく、赤ちゃんを想うママのやさしさが形になったと実感できます!

記事をシェアしよう!

出産予定日の登録

出産予定日を入力してね!
登録するとあなたにおすすめの記事が表示されるよ!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!
  • ママ友が増えて悩みや不安を解消!

プレママタウン
入会キャンペーン

今なら全員に
「ナチュラル ムーニー」オリジナルサンプルプレゼント!

出産予定日を登録すると
あなたにおすすめの記事が表示されるよ!