プレママタウン

おふろ・スキンケア・衛生

調査/レポート

子育てママの悩み「沐浴・お風呂」

2006.05.03

小さくてぐにゃぐにゃの赤ちゃんを沐浴させたりお風呂に入れることは「守ってあげなきゃ!」とこのうえない愛情を感じる瞬間であるとともに新米ママ&パパにはおっかなびっくりの連続ですね。
みんなはどんなことで悩んでいるのでしょう?

アンケートには2406名のベビータウン会員のママが協力してくれました。
みなさん、たくさんの質問に答えてくれてありがとうございます!

みんなはどんなグッズを
使っている?

沐浴用のベビーバス

ベビータウン会員が沐浴用のベビーバスはどんなものを使ったかについて聞いてみたところ、ベビー専用のものを買った人が9割を占め、ベビー専用ではないタライなどを使った人が約1割。ベビー専用のものを買った人でもその半数が、人からおさがりをもらったりリサイクルショップで購入するなど中古品の利用も目立ちました。

ベビーバスを選ぶときの悩みのトップ2が「使用期間が短そう」ということと「使わないときの収納場所に困りそう」ということだったことからも、2人目、3人目を考えている人以外は収納のことで迷っているケースが多いようですね。

使っているベビーバスのタイプは、「タライやバケツのように中にお湯を入れて使う」スタンダードなタイプがダントツで約8割。「シンクにはめ込んでつかうタイプ」の人が次点で2割。それ以外にも、「お風呂場で赤ちゃんを寝かせてお湯をかけて洗うバスチェアタイプ」を利用している人も1割いました(複数回答の結果です)。

沐浴剤やベビーソープは?

実際に使用している(赤ちゃんが1歳ごろまでに使っていた)ベビー石けんやボディーソープはどんなタイプですか?

ベビー用洗浄剤の選んだポイント

沐浴剤は意外に使われていない?

ベビータウン会員の約4割は専用の沐浴剤は使わなかったと答えていました。沐浴剤選びで迷ったママたちは、「種類がありすぎてどれがいいかわからない」、「沐浴剤とはどんなものかわからない」という声が多く見受けられました。

沐浴剤は大人の入浴剤とは違って、カラダを清潔にするはたらきもあって、すすぎの必要がない、小さな赤ちゃん専用の衛生用品のこと。すすぎをちゃんとすれば沐浴剤でなくても、ベビーソープで最初から洗っているというママも多数いるようです。

ベビーソープは液体が人気

使っているベビーソープのタイプを聞いたのが右のグラフ。やはりベビー専用品を使っている人が圧倒的ですね。特に液体タイプが多数派です。石けんよりも泡立ちが早く、手軽に使える便利さが重宝されているのですね。下の「実際に使用したベビーグッズを選んだ理由」で「泡で出てくるから」と答えた人が2番目に多かったことから、液体ボディソープの中でも泡で出てくるタイプのものが人気のよう。経済的には石けんタイプの方がお得感はありますね。

ベビーシャンプーはボディソープと兼用

ベビータウン会員の6割近くは、赤ちゃんの頭はボディ用と同じものを使っていると答えています。ベビー用では「全身シャンプー」と銘を打っている商品が多いせいかもしれませんね。残りのうち3割はベビー専用のヘアシャンプーを利用。大人と同じ普通のシャンプーを1歳未満のベビーに使っていた人も1%いました。

ベビー用の洗浄剤を選んだポイントは右のグラフの通り。沐浴剤、ボディ用、ヘア用いずれも最も高かったのが「メーカーやブランドの信頼性」でした。成分を気にしている人も多数いましたが、前述の「泡で出てくるから」という利便性(ボディ用とヘア用で2位)や、「価格」(いずれも3位)の方が上回っています。成分は気になりつつも詳細はよくわからないので、メーカーの信頼性にかけている、という心情かもしれませんね。

おふろのどんなことで
悩んでる?

初めての赤ちゃんで、沐浴について悩むママは「落としそう」、「ママの手が小さいから両耳を押さえられない」、「意外と重くて支えるのが大変」と赤ちゃんを持つこと自体が一仕事。でももっと大変と感じるのは、沐浴を卒業して大人と一緒のおふろがスタートしてからのようです。ママたちの悩みが比較的高かった、「タイミング・時間」、「体の洗い方」、「頭の洗い方」について悩みの詳細を見てみましょう。

おふろのタイミングはむずかしい!?

おふろの悩み

ママたちのおふろの悩みで最も多かったのは、「タイミングや時間」。なかでも2人以上子どもがいるママたちは上の子どもと赤ちゃんを入れるタイミングをどうしたらいいか迷っているようです。おふろへの入れ方自体は2人目ともなると慣れてくるけれど、特に冬などは、子どもだけでなくママ自身も風邪をひかないように手際よくする方法を模索しています。パパの協力があれば一番だけれど、1人目ママにも多かった「パパの帰宅時間に合わせると入浴時間が遅くなる」という悩みもとても多かったです。

また、タイミングの悩みの中では、「規則正しくしたいけれど、その時間に赤ちゃんが眠っているときに起こすべきか?」という回答も多数。なかなかママの思うとおりにしてくれないのが赤ちゃんなんですよね。

男の子のママの悩み、それは…

体の洗い方の悩みでは「首の下などクビレ部分がきれい洗えない」、「(首がすわる前)背中を洗うときの体の反転のさせ方がうまくできない」、「力の入れ具合がわからない」が最も多くみられた回答でした。どれも初めてだとわからないことばかり。特に首がすわる前は、見えているところを洗うのが精一杯で、全身洗ったつもりが、拭くときになってところどころのシワ部分に石けんかすのような汚れを発見してしまうママが多数。あせもや湿疹の原因になるので、注意したいポイントですね。

そして男の子のママの大多数が「おちんちんの洗い方がわからない」と答えています。ママにはないものだから迷うのも仕方がないこと?

まだ軟らかい頭を洗っていいの?

まだ大泉門がくっついていない赤ちゃんの頭頂部はやわらかくてぴこぴこ。ごしごし洗ったら壊れちゃいそうと、ひやひやなママが大勢いました。そのせいか、脂漏性湿疹(皮脂がたまることによってできる湿疹)になってしまっている赤ちゃんが多いようです。湿疹ができるとさらに洗っていいのかわからなくて増えてしまう、という悪循環が続いている例も。きれいに洗うことで防げる湿疹ですから、怖がらずにやさしくちゃんと洗いましょう!

赤ちゃんのおふろやカラダについて役立つ情報はこちら

パパの協力が
一番ほしい!?

以前ベビータウンで行ったアンケートでは、パパがしている育児で最も多かったのが「おふろ」。

(詳しくはこちらをご覧ください)

今回もパパの協力度を聞いてみました。

沐浴もおふろも大勢のパパがやっています!

沐浴・おふろのパパの協力度

沐浴とおふろをパパがどれくらいやってくれているかのデータがこちら。沐浴で7割、おふろだと8割のパパが「やってくれた」とママは答えています。両者とも「非常によくやってくれた」と答えたママが4割以上います。育児はママ&パパ両方の責任であることは当然だけれど、他の育児に比べるといろいろな調査でも常に協力度が高い育児と言えます。

おふろに関してパパへの注文

パパがあまり赤ちゃんの沐浴をしてくれなかったことに対してママはどう思いましたか?

悩みに関して、パパへのコメントが多かったのも「沐浴・おふろの悩み」の特徴でした。

生まれたての頃の沐浴について、パパが「あまりしてくれなかった」「全くしてくれなかった」と答えたママに、そのことをどう感じたかについて聞いた答えでは、半数近くが「パパは忙しいから仕方がない」と答えていました。ママはパパへの理解を示そうと努力しているのですね。

一方で、悩みのフリーアンサーの中には、「パパは子どもとおふろに入りたがるが、帰宅時間が遅いから無理」、「パパの時間に合わせて入浴するから子どもの寝る時間が遅くなる」、「1人目のときは喜んで入れていたのに、2人目になったらやらなくなった」という不満の声も。気持ちはあっても仕事との調整が難しければ、曜日を決めたりママとの分担をうまくしたいものですね。

また「パパが入れると子どもが大泣きする」というコメントも意外と多数。赤ちゃんに泣かれないワザもパパには必要かもしれませんね。

先輩ママの沐浴やおふろの悩み、いかがでしたでしょうか?
体の洗い方はだんだん慣れてくるものだけれど、ほかの育児よりも全身労働だったり、ママ自身の入浴も考えると、パパや他の家族の協力がポイントとなりそうです。
知恵をこらしているママたちのアイディアを拝借しましょう!

あわせて読みたい記事

小さくてぐにゃぐにゃの赤ちゃんを沐浴させたりお風呂に入れることは「守ってあげなきゃ!」とこのうえない愛情を感じる瞬間であるとともに新米ママ&パパにはおっかなびっくりの連続ですね。みんなはどんなことで悩んでいるのでしょう?妊娠・出産のサポートサイト「プレママタウン」