プレママタウン

保育園

体験/アドバイス

おうち保育園について【育児支援活用シリーズ】

2013.03.06

学資保険相談キャンペーン実施中

赤ちゃんを産んだあとの生活もまだイメージできないのに、「育児支援」なんて先の話。まだ興味がもてないかもしれません。「支援」という言葉にも、「すごく困っているとき」の響きがあって、ちょっと遠慮しちゃいそう。でも、育児支援はママと子どもがリアルに地域社会や人々とつながっていくための足がかりになるもの。積極的に利用すれば、もっと育児が楽しくなる!今回は保育のもうひとつのカタチ、「おうち保育園(グループ保育)」を訪ねてみました。

取材協力・監修

「おうち保育園しののめ」

http://www.ouchi-hoikuen.jp/index.html

事業を行っているところ:NPO法人フローレンス
利用できる人:江東区在住で、保護者が就労、または就職活動をしているため保育に欠ける児童であること。ほかに、「品川シーサイド園」「東池袋園」「とよす園」「おおいまち園」「なかの平和の森園」「なかの弥生町園」「かみおおさき園」などもあり。詳細はフローレンス、または区の保育課へ問い合わせを。
対象年齢:4月1日現在の年齢が、1歳~2歳の健康な子ども。
※3歳になった直後の3月末まで預かり可能
定員:9名(年齢別の定員はなし)
保育時間:基本時間/8:00~18:00のうち8時間
利用料:月額47,000円(通常保育8時間以内、給食費込み)
延長保育500円/1時間(8時間以上の利用の場合)
休園日:日曜日、国民の祝日、年末年始(12/29~1/3)

おうち保育園って、なに?

「保育園」といって思い浮かべるのは、広い園庭や体育室、大型遊具などがあって、保育士さんの数も多い大規模な施設。しかし、「おうち保育園」は、その名のとおり、ふつうの"おうち"。住まいであるマンションや一軒家の、一般家庭の雰囲気の中で、保育ママが少人数の子どもを預かっています。

あれ?「ふつうのおうち、保育ママ…」、どこかで聞いたような……。そう、育児支援シリーズ第4回で紹介した「保育ママ」です。おうち保育園も、この「保育ママ」制度がベース。しかし、先に紹介した「保育ママ」のように、一人で子どもをみるのではなく、何人かの保育ママが集まって、グループで子どもたちをみているのです。

一人の保育ママが子どもを預かるとき、密室や孤立、休暇がとりにくい、などの問題が取り上げられることがあります。しかし、複数の保育ママで子どもたちをみる「おうち保育園」なら、そうした問題も起こりにくい、というわけです。また、先の保育ママは、個人が行政と契約していますが、おうち保育園は法人が行政と契約し、法人が保育ママを雇用しているので、組織的な運営ができるというわけです。

温かみのある家庭的な環境で、少人数の子どもをみる保育ママのよさはそのままに、グループ、組織として保育の向上を目指しているのが、おうち保育園なのです。

マンションの1室が、保育園に早変わり。

マンションのリビングで
遊んだり、
船を見に
お出かけしたり…。

なにはともあれ、どんな保育をしているのか、「おうち保育園しののめ」を訪ねてみました。有楽町線辰巳駅とりんかい線東雲(しののめ)駅に近いデザイナーズマンション、東雲キャナルコートCODANの一室。常駐する保育ママは3名、園児9名。東京都江東区の助成を受けて、NPO法人フローレンスが運営しています。

保育開始時間は、朝8時~。ママと子どもは連絡帳や着替え、などを持って、登園してきます。こうした光景は、認可保育園や認証保育所と変わりはありません。保育内容は、基本的に同じだからです。

違うのは、施設が住居という点。登園は、「ピンポーン♪」「おはようございま~す。○○です」と、まるで友達の家のマンションを訪ねる感じ。エントランスでインターホンを鳴らすと、保育ママがドアホン画面で顔を確認して扉が開きます。

ママは、子どものその日の体調やごきげんなどを保育ママに伝えて、お仕事へ。子どもたちは広いリビングですぐに遊び始めます。園児9名のうち8名が1歳児クラスで月齢もさほど変わらないため、興味を持つ遊びやおもちゃがほぼ同じ。お友達同士で仲良くおもちゃをシェアして遊んでいます。

「おもちゃかして~」「はい、どうぞ」「ありがとう」「ごめんね」……保育ママたちは、子どもたちといっしょに遊んだりする中で、コミュニケーション方法やマナーを教えています。

保育ママ「今日はお船を見に行ってみようか?」
子どもたち「わーい!」「わーい!」

ここは運河沿いに立つマンションなので、散歩に出ればすぐに行きかう船を見ることができるのです。専用の園庭こそありませんが、近隣には公園もあり、お天気がよければ毎日お散歩に出かけます。雨天の日もバルコニーや玄関前の広いスペース、マンション内のホールなどを使って遊びます。夏場は子ども用プールを広げて水遊びも。

マンションのリビングも家具などがないので、広々使える。保育ママが見守る中で、子どもたちは跳んだり、跳ねたり。

手づくりごはん、お昼寝、
遊び、しつけ…。
充実の1日。

保育ママ「今日はおいしいカレーよ~!」
子どもたち「わあい、にんじんがある~!」

お昼ごはんは、マンションのふつうのキッチンで作ります。当番の保育ママと、調理の補助スタッフが協力して作り、子どもたちに提供します。メニューは江東区の保育園のメニューにならっていますが、少人数でもつくりやすいようにアレンジしているそうです。「おうち保育園しののめ」はこうした給食スタイルですが、園によってママがお弁当を持参するところもあるそうです。

お昼ごはんの後は、リビングの隣のお部屋にふとんを敷いて、お昼寝。保育ママたちは、背中をトントンしたり、おててをにぎったり、子どもたちがリラックスできる体勢で寝かしつけをして、たっぷり休息をとらせます。

お昼寝から覚めると「おしっこー!」と声をあげる子。パンツを脱いだり、はいたり、手を洗ったり…。自宅と同じような環境でトイレのしつけ、マナーも教えます。トイレトレーニングも、保育ママとママが相談しながら、その子に合ったタイミングで進めていきます。

夕方のおやつも保育ママの手づくり!豆乳プリンだったり、フルーツゼリーだったり、チヂミ、れんこん餅、かぼちゃのカップケーキ……。子どもたちはおやつの時間が大好き!楽しみに待っています。

食べ終わると、子どもたちはお皿を下げるお手伝いをしたり、みんなで散らかしたおもちゃを片づけてあげたり…。家庭的な雰囲気の中で、子どもたちは社会性を育てていきます。

夕方は特に活発に体を動かせる時間。保育ママの弾くキーボードにあわせて、歌ったり、踊ったり……。

すると、ピンポーン♪仕事を終えたママたちがお迎えにやってきました。インターホンが鳴るたびに、「○○ちゃんのママだ!」と子どもたちは口々に叫びます。ほんの1~2歳でも、お迎えの順番をしっかり覚えて、おとなしく待つことができるから驚きです。

保育ママ「今日も元気に過ごしていましたよ。いいうんちもでました。給食もぜんぶ食べたのよね、○○ちゃん」
子どもたち「ありがとうございました。明日もよろしくお願いします!」

ママにギュッと抱きつき笑顔で退園していく子、園が楽しくて「まだ帰りたくない!」とダダをこねる子も…。閉園時刻の18時をまわると、「おうち保育園しののめ」の1日はやっと終わります。


トイレ、手洗いのしつけも。保育ママはもうひとりのお母さん。

夕方、お迎えを待つ子どもたちとカード遊び。保育ママは子どもたちを飽きさせない。

お迎えに来たママに飛びつく子どもたち。

待機児童の受け皿として
誕生した、おうち保育園

NPO法人フローレンスが、「おうち保育園」を開園したのは、待機児童解消の突破口になると考えたからでした。

「平成23年度のデータですが、東京や横浜などの都市部には、保育所に申し込んでも入所できない待機児童が、46,000人以上。本当に緊急の課題なんです」(NPO法人フローレンス・國嶋賢さん)

働きたいけれど、預け先がないから働けない、というママは、たくさんいます。しかし、大型の認可保育園を作るためには用地確保や予算確保に時間がかかります。なんとか対応して保育園を作っても、数年後には園児が極端に減ってしまう…ということもありえます。その一方で、まったく必要のなかった地域で一気に子どもの数が増えてまた保育園が必要になったり……。

「おうち保育園のように、マンションの一室を利用するタイプだと、必要なときに必要な場所で、すぐ保育園をつくることができます。そして必要がなくなれば閉園して、次の困っている地域へ移転できます。フローレンスでは、平成25年3月で横浜の園がひとつ、役目を終えて閉園します。一方、東京では昨年から今年にかけて、複数のおうち保育園が新規オープンしています」(國嶋さん)

通常、保育ママは保育士などの資格がなくても一定の研修を受ければなれますが、「おうち保育園しののめ」で常駐で働く保育ママは、保育士資格や幼稚園教諭の資格を持っています。待機児童解消!の直近の目的だけでなく、保育の質をしっかりと担保していこうという「おうち保育園」。ひとりひとりの発達に応じたきめこまかな保育は、少人数だからできること。集団ではない少人数保育のよさを積極的に見出しています。

「おうち保育園は、待機児童解消に役立つだけでなく、少人数保育だからできるよさがあるんです」(おうち保育園事業部マネージャー・國嶋賢さん)

おうち保育園の利用の流れ

  1. 【入園申し込み】「おうち保育園」ホームページ内の入園申し込みフォームから、必要事項を入力し送信する
  2. 【申込】定員に空きがあれば、入園申込(予約)
  3. 【入園意思確認】次月の空きが出ることが分かったら、申込順に入園の意思を確認
  4. 【施設見学・面談・契約】入園希望者は施設見学と面談を実施し、契約書を交わした後、入園
  • 江東区では月途中の入園が認められていないので、必ず月初からの利用となる

おうち保育園、利用
してみてどうだった?

お迎えにきたママたちへ、おうち保育園を利用してどう感じているかインタビューしてみました。

「入園したころはまだ小さかったので、最初は"こんなに小さいうちから預けて働くなんて、かわいそうかな…"と罪悪感がありました」という、樋口光子さん(仮名)。実際に利用してみると「子どもが本当に楽しそうだし、自宅の部屋のようなあたたかい環境で見守っていただけるので、ホッとしました」。

「うちの子はちょっと繊細なタイプだから心配していたのですが…」という浦野まりさん(仮名)。「ほどよい少人数なので、気持ちがおだやかで安定している気がします。赤ちゃんのうちはこのくらいの規模がいいですね。大きな園に入れる前の慣らし保育ができた感じです」

「保育ママさんにいろいろ育児相談できるのが助かる」というのは、笠谷千恵さん(仮名)。「子ども3人に対して保育ママ1人と、目が行き届いているので助かる。子どもの成長を細かいところまでよく見てくれているので、毎日連絡ノートを見るのが楽しみです」と、顔をほころばせていました。


ママたちの評判は上々。3歳過ぎてからも預けたいというママも。

取材協力/NPO法人フローレンス

あわせて読みたい記事

出産予定日の登録

出産予定日を入力してね!
登録するとあなたにおすすめの記事が表示されるよ!

記事をシェアしよう!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!
  • ママ友が増えて悩みや不安を解消!

プレママタウン
入会キャンペーン

今なら全員に
「ナチュラル ムーニー」オリジナルサンプルプレゼント!

保育園といえば、広い園庭や体育室、大型遊具などがあって、保育士さんの数も多い大規模な施設を思い浮かべます。一方「おうち保育園」は、ふつうのおうち。住まいである一般家庭の雰囲気の中で、保育ママが少人数の子どもを預かる場所です。妊娠・出産のサポートサイト「プレママタウン」

新規入会キャンペーン
今すぐ会員登録しておむつ試供品をもらおう!