プレママタウン

育児にかかるお金

体験/アドバイス

教育資金の貯め方・選び方、みんなどうしてる?

2017.08.25

将来を考えると、子どものために教育資金を貯めておきたいもの。「ママひろば」の掲示板に集まった声では、多くの方が出産前後に、教育資金について検討をしているようです。では、先輩ママは教育資金をどうやって貯めているのでしょうか、気になりますよね。教育資金の貯め方、選んだ理由などをご紹介します。

多数が選ぶ「学資保険」その理由は?

ママひろば 掲示板公式テーマ「子どもの教育資金、いつから貯める?どんな方法で?」からたくさんの声を集めてみました。

学資保険プラス他の貯蓄というご家庭が多いようですが、学資保険を選んだ理由は「貯金が苦手」「銀行預金の金利が良くない」など。さらに、返戻率を意識した支払いを行い、よりお得な運用をされているご家庭もありました。

(前略)育休中でもありますが、出産してからお金が貯まらないことを実感しました。そのため、学資保険などで無理矢理にでも貯めないと、と思いました。あとは、子供の口座を作って、お祝い金やお年玉などを貯金しています。

(まおちゃんママ0048さん)

とりあえず、遅くできた子供だったので1歳を超えた時に今までの貯蓄を学資保険に一括払いで支払いました。かなりお得(数十万円)でした。それと、毎月3万円ずつ子供名義の貯金通帳にためてます。(後略)

(hanako0012さん)

(前略)預金の金利がよくなく、すぐに使う予定もなかったので、自身の預金を学資保険利回りが一番高い一括払いで支払いました。(中略)児童手当、お年玉、祖父母からいただいたおこづかいを子供名義の通帳で貯金していくつもりです。

(ELIEさん)

(前略)子供専用の預金口座を開設して祝い金やお年玉、児童手当を全額入金する事にした。生まれてすぐ学資保険に入り、祝い金なし五年払込前納でできるだけ返戻率を高くするようにした。

(天竺さん)

コツコツ毎月貯金!が理想ですが、貯金が苦手な私たちは学資保険を選びました。他にも子供の名義で通帳を作り、児童手当はそこに貯めています。(後略)

(あゆ0348さん)

生命保険派も少なくありません、選んだ理由は?

利率や保証などを踏まえ、学資保険の代わりに生命保険を利用しているご家庭もあるようです。

大学費用を貯めるために400万受け取れる貯蓄型終身保険に加入しました。今年の4月から保険料が上がるということと、去年末に子供が生まれたので、子供が健康なうちに入っておこうと決めました。

(モチコ0011さん)

(前略)お祝い、お年玉、お小遣い、手当ては全て貯金、親の終身保険も子どもの学資保険代わりに1つ余計にかけています。(後略)

(73bonさん)

(前略)貯蓄を目的とし終身保険に加入。その他、子供名義で、出産祝い・お年玉・各行事などで頂いたお祝い金をまとめてある。学資保険の金利の低さより、中途解約さえしなければ好条件の終身保険を選択しました。(後略)

(ぽてと0030さん)

(前略)普通預金とドル建の生命保険。(中略)夫と相談して、早期支払い完了する生命保険を学資保険がわりに加入しました。

(しっぽミディアムさん)

(前略)主人の積立型生命保険。満期での返戻率が学資保険よりいいだけでなく、主人が重度障害などになってもその後の払込は免除、また主人が万が一亡くなっても大学入学前に約300万円は受け取れる設定の保険にしました(後略)

(おめめらんらんさん)

児童手当・お祝い金などを銀行口座へ、貯金派の声

貯金派のご家庭は、主に児童手当、お祝い金、お子さんへのお年玉などを子ども用の貯金としているようです。

(前略)生活費で残った分をコツコツ貯金します。子供の分も老後の分も病気の分もそこから出す予定です。ただ、 児童手当分、お年玉、じいちゃんばあちゃんがくれるお小遣いは子供のものとして普通預金にためています。きりがよくなれば定期にしようと思います。(後略)

(りょう0268さん)

(前略)出産祝いでいただいたお金と児童手当を銀行口座に貯金しています。本当は学資保険に入りたいので、現在検討中です。

(よっちゃん0328さん)

こども手当は、絶対に手をつけずに、貯金します!学資保険には入ってません。大学まで、200万円貯めたいです。(後略)

(かなた0014さん)

いつまでにいくらと言うのは決まってないですが、毎月給与から、子供に一万、何かあった時用に一万、子供には子供手当やお祝い金お年玉は全て口座に貯金しているし、今後もしていくつもりです

(あーちゃん0982さん)

「投資信託」「純金積立」など、その他の貯蓄方法

教育資金を家庭の貯蓄範囲に含めているご家庭もありました。家庭の貯蓄に含めた場合、資金運用の方法に幅広さをみせている様子がうかがえます。

(前略)投資信託、個別株、債権に分散投資。共働きで、妻の収入分程度は貯蓄しているので、今後もそれを継続していく予定。運用しづらいので、貯蓄を特にこども用として分離はしませんが、現金でいただいたお祝いと児童手当は子ども名義の口座に入れています。こどもNISAの制度の内容次第では利用を検討するつもり。

(ぴかるこさん)

(前略)純金積立、生命保険、銀行預金、お年玉と一つに絞らずにしています。

(あき1199さん)

大学までにとりあえずは200万円、学資保険ではないですが個人年金として。あとはこども手当や出産祝いなどは全て貯金しています。(後略)

(ゆき1437さん)

貯蓄はなかなか難しいという声もありますが、将来のため、目標金額のために、ご家庭にあった方法で継続して貯蓄ができるといいかもしれませんね。

教育資金の目標額、資金調達方法など、先輩ママの声が集まった掲示板も参考になさってください。
子どもの教育資金、いつから貯める?どんな方法で?

記事をシェアしよう!

あわせて読みたい記事

出産予定日の登録

出産予定日を入力してね!
登録するとあなたにおすすめの記事が表示されるよ!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!
  • ママ友が増えて悩みや不安を解消!

プレママタウン
入会キャンペーン

今なら全員に「ナチュラル ムーニー」
オリジナルサンプルプレゼント!

会員登録をすると、
あなたの悩みに合った記事が表示されるよ!
今なら、ムーニーおむつプレゼント中!