プレママタウン

離乳食

専門家/メーカー

目からウロコ!秘密兵器で離乳食作りがグンと手軽に!

2018.02.14

カンタン60秒!タイプ別プレママ診断

母乳やミルクから始まって少しずつ、ふつうの食べ物に慣れていく赤ちゃん。離乳食はそのファーストステップです。生後5か月頃から徐々にスタートするので、出産準備品のリストには離乳食作りのキットも。専用の調理器具やハンドミキサーはもちろん便利だけれど、アイデア次第でもっと手軽に、そしておいしく離乳食を作ることができます。子どもの「食べる」ことを育てていく離乳食作りに気負わず楽しくチャレンジしましょう。

取材協力:ユニ・チャームunicharm

取材協力

伊藤京子さん
ユニ・チャーム株式会社グローバルマーケティング本部ブランドマネージャー

ムーニーでお馴染みのユニ・チャームで、クッキングペーパーの企画やマーケティングに携わっていらっしゃいます。

子どもの未来につながる離乳食

食事を楽しむ習慣をつける

成長とエネルギーの源である食事。母乳やミルクからだんだんと食べることを覚え、離乳食、幼児食、そしてパパママと同じ食事になるまでステップアップしていきます。食事は栄養を摂るだけでなく、家族団らんの時間でもあり、心を満たす幸せな場面でもあります。大きくなっていく過程で、そして大人になってからも食事を楽しめるようになってほしいですよね。離乳食はまさにそのスタート地点。「料理は苦手」というママも、離乳食作りをきっかけに、料理や食事の楽しさを感じていけるといいですね。ちょっとしたアイデアで手軽においしく調理するコツを覚えると、ぐっと離乳食作りの楽しさが広がります。

素材そのものの味を知る

赤ちゃんは内臓の発達が未熟なうえに、甘さや塩気などが強いと刺激になって、味覚に影響するということも。最初は味付けをせず、素材の味で十分です。素材のそのものの味を覚えていくことも大切なのです。塩分がなくても、たとえば、だしやスープの風味や、野菜本来の持つ甘みでも食欲がわくように、調理の仕方を工夫してみましょう。

だし・スープ

ほんのりとした風味となるのでおかゆと混ぜたり、野菜のペーストをのばしたり、魚を煮たり、とマルチに活躍します。

・おいしいだしの取り方
  1. 水に昆布を入れ、中火にかける。
  2. 煮立ってきたらかつおぶしを入れる。
  3. もう一度煮立ったら火を止める。
  4. かつおぶしが沈んだらペーパータオルなどで漉す。
・野菜スープ

にんじんやタマネギなど、余った野菜をしばらく煮て、ざるやペーパータオルなどで漉す。

じゃがいも さつまいも かぼちゃ にんじん

甘さとボリュームがあるので、離乳食作りには欠かせない材料です。煮たり、ゆでてマッシュしたり。じゃがいもやさつまいも、かぼちゃは、とろみ付けにも使えるのでペーストにして他の材料と組み合わせ。かぼちゃやにんじんは彩りもよく食欲をそそりますね。

トマト

トマトに含まれるグルタミン酸はうまみ成分なので、だしと同じように、風味付けとしても使えます。トマトジュースを利用してもいいですね。

調理の手間と時間とコストをカット

赤ちゃんの食べるごく少量のために、こまごまと調理するのは時間と手間がかかって忙しいママにはかなりの負担に。また、専用の調理器やハンドミキサーなどはあると便利だけれど、わざわざ買うのは…という声も。ちょっとしたアイデアで手軽に調理ができるようになります。

電子レンジでお手軽に

レンチン調理は離乳食作りにも。ゆでるより栄養を逃がさないので、材料の持つおいしさを保てるのも魅力です。電子レンジ用の容器などがあれば、さらにお手軽に下ごしらえや調理ができますね。ただ、小さい赤ちゃんが口にするものはしっかり加熱したいので、火の通りぐあいなどチェックして。

まとめて下ごしらえ、小分けに冷凍

食事のたびに下ごしらえして作るより、時間のある時にまとめて調理して冷凍しておくほうが断然楽ちんです。何種類かを1回分ずつ小分けしておけば、手早く、そしてバラエティに富んだものが作れますね。

製氷皿やラップなどで1回分ずつ

だしやスープなどの液体や、マッシュポテトのようなペーストのもの、それに初期のころの10倍がゆなども、製氷皿や冷凍食品などの仕切りのあるトレイが、ちょうど1回分の冷凍保存に便利です。

凍ったまま削ると手間いらず

一度熱を通した鶏のささみや魚の切り身などを冷凍した後、解凍せずにそのまますりおろして使うのも手。ゆでた野菜などもこの手が使えます。ほうれんそうや小松菜といった青菜は、細かく切っておかなくても、冷凍するときに細長いスティック状に包んでおけばすりおろすのも楽々。冷凍する前にはしっかり水切りしておきましょう。

つぶす、こす、絞るの秘密兵器がペーパータオル!

離乳食専用の調理器や、ハンドミキサーなどがあると時間も手間もカットできるので魅力的ですよね。とはいえ、わざわざ用意するのはお金もかかるし収納場所にも困るうえ、意外と洗うのに手間がかかる…。実はもっと手軽に使えるもので離乳食が作れちゃうのです。それは、ペーパータオル。どんな使い方があるかいくつか例を見てみましょう。

簡単なだしの取り方

  1. ボウルなどにかつおぶしをたっぷり入れ沸騰したお湯を注ぐ。
  2. 数分おいてペーパータオルなどで漉す。

簡単なマッシュポテトの作り方

  1. 皮をむき大きく切ったじゃがいもを、ぬらしたペーパータオルに包んでレンジで加熱。
  2. 麺棒やすりこぎなどでペーパータオルの上から叩いてマッシュ状に。

簡単な果汁の絞り方

おろしたりんごや、皮をむいたみかんを、ペーパータオルに包んで絞ります。
ガーゼやふきんと違って洗う手間がいりません。

お手軽トマトの湯せん

  1. 切り目を入れたトマトをクッキングタオルで包み熱湯に入れる。
  2. クッキングタオルごと取り出して、皮をむく。

離乳食用のペーパータオルの選び方

実際にペーパータオルを使って、「水切りをしようとして絞ったら、破けた」という経験がある人も多いのでは? 上記でご紹介したように、絞ると破けたりボロボロになって繊維が残る場合もあります。だから離乳食作りに使うペーパータオルは、品質をチェックして選びましょう。

check1

丈夫なもの

紙よりも不織布でできたペーパータオルを選びましょう。厚手のものがよりオススメです。

check2

伸縮性があるもの

ペーパータオルじたいに伸縮性があれば破れにくいので、調理で使ったあと、ふきん代わりに使えて経済的。

check3

やさしい材料や製法で作られたもの

天然パルプなど素材や製法によって手触りも異なります。接着剤を使わない製法で作られたものが安心です。

調理の際に注意したい3つのこと

大きさと固さ、なめらかさ

赤ちゃんはかむこと、のみ込むことを、離乳食を通して覚えていきます。だから発達のステップに応じた形状のものをあげることが肝心です。

【5・6か月頃】なめらかにすりつぶした形状
【7・8か月頃】舌でつぶせる固さ
【9-11か月頃】歯ぐきでつぶせる固さ
【12-18か月頃】歯ぐきでかめる固さ
※月齢は目安です。

冷凍したものは1週間で使い切る

まとめて下ごしらえ、といっても赤ちゃんが食べる量は知れています。冷凍したものはなるべく早く使い切るよう、心がけましょう。いつ冷凍したか分かるよう日付を入れておくと安心です。

衛生には十分気をつけて

まだ抵抗力の弱い赤ちゃん。細菌などにはとても弱いのです。調理に使うざるやすり鉢など、細かい目まできちんと洗い落とせていないこともあるので気をつけて。ガーゼやふきんなども要注意です。この時期だからと割り切って、使い捨てのペーパーなどを利用するのもいいでしょう。まな板やシンク回りなども清潔にするよう心がけましょう。また、食品トレイなどを再利用する場合は十分に洗ってから使ってください。

赤ちゃんの体を思って「離乳食を手作りしたい」というママが大多数のようです。けれど、いざ作るとなると、育児に追われて時間がなく、こまごまと下ごしらえなどをする心のゆとりがないことも。市販のベビーフードや半加工品なども取り入れたり、上記のようにペーパータオルなどを使って気軽に、できる範囲で手を掛ければいいのです。手軽に離乳食を作るコツを知っていたら、レパートリーも広がり、手作りがもっと楽しくなるはず。ママが楽しいと、赤ちゃんもうれしくなって、お食事タイムがもっとハッピーに。ハッピーな雰囲気で食べる食事はおいしく感じて、もっと「食べること」が好きになる!今回ご紹介した小さなアイデアを試してみてはいかがでしょう?

破れず、よく伸びて、離乳食づくりに大活躍する
クッキングペーパーについて詳しくはこちら

あわせて読みたい記事

出産予定日の登録

出産予定日を入力してね!
登録するとあなたにおすすめの記事が表示されるよ!

関連用語集

記事をシェアしよう!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!
  • ママ友が増えて悩みや不安を解消!

プレママタウン
入会キャンペーン

今なら全員に
「ナチュラル ムーニー」オリジナルサンプルプレゼント!

生後5か月頃から離乳食が始まるので、出産準備品として離乳食キットを探している人もいるのでは?よくある離乳食キットやハンドミキサーよりも安価で、下ごしらえや調理の手間と時間をカットできる、ちょっとしたアイデアをご紹介!妊娠・出産のサポートサイト「プレママタウン」

カンタン60秒!
あなたはどんな妊婦さん?
タイプ別プレママ診断!