プレママタウン

離乳食

体験/アドバイス

赤ちゃんとの外食を楽しむコツ

2013.09.04

学資保険相談キャンペーン実施中

赤ちゃんと
外食をするコツ

大人だけで外食するときと同じように振舞っていては、周囲に迷惑をかけてしまうことも多いですし、結果的に自分たちが楽しめないことも。
やはり赤ちゃんを連れて楽しく外食するためには、いくつかのコツがあるようです。
先輩ママたちがどのようなことに気をつけていたのか、早速みていきましょう。

店を選ぶ

静かで大人な雰囲気の店よりも、子連れのお客さんが多い店のほうがママは気が楽ですよね。また、そういった店は、子ども用食器や椅子、離乳食などを用意してくれていたり、子どもが遊べるキッズスペースがあったりなど、赤ちゃん連れのお客様へのサービスが充実していることも。他にも、メニューが取り分けしやすいか、座敷や個室があるかどうかなどもポイントのようです。

時間を選ぶ

混雑時を避けて、店がすいている時間に食事をするようにしているママが多数いらっしゃいました。また、赤ちゃんが店で寝てくれるようにお昼寝の時間に行く赤ちゃんの機嫌が良いタイミングにするなど、赤ちゃんのリズムに合わせて外食するのも効果的。お店に行く時間を決められるときは、事前に予約しておくのも良いでしょう。他の人に迷惑になりにくい端の席を用意しておいてくれるなど、対応してもらえることが増える場合があるようです。

気持ちの持ち方を変える

ママやパパの気持ちは赤ちゃんに伝わるもの。イライラしていたら余計に赤ちゃんがぐずってしまい、さらにイライラしてしまうなんて悪循環にならないよう、気持ちに余裕を持って外食をするようにしましょう。他のお客様や店員さんが、赤ちゃん連れの自分たちのために配慮してくれることへの感謝の気持ちを持つことで、お互い気持ちよく食事ができるという意見もありました。

交代であやす

赤ちゃんをあやしながら自分も食事をするは大変なもの。大人が数人いるときは、ママが食事をしている間は他の人が赤ちゃんのお世話をするといったように、交代で食事をしている方が多くいらっしゃいました。

グッズを持っていく

赤ちゃんがぐずらないようにするためのおもちゃ、洋服をよごさないためのお食事エプロン子ども用の食器、レトルトの離乳食など、赤ちゃんとの外食を快適にするために持ってでかけたほうが良いグッズがいろいろあるようです。荷物が増えてしまって大変だという場合は、赤ちゃん用のサービスが充実しているお店を事前に調べておいて、持参しなければならない荷物を減らすという方法もありますね。

私はこう思った!
(先輩ママのコメント集)

店を選ぶ

  • キッズスペースのあるお店、離乳食メニューがあるお店を事前に調べておく。

    (東京都/2歳児と4歳児のママ)

  • 予約可能なお店は、前もって座敷の席を予約してから行く。

    (長崎県/2歳児と5歳児のママ)

  • お店やほかのお客さんに迷惑がかからないように、できるだけ赤ちゃん連れでもOKそうなお店を選んでいた。自分の食べたい店にはなかなか行けなかったが、それは子どもがいる以上はしかたがないと思う。

    (愛知県/3歳児と5歳児のママ)

  • 子どもでも食べられるメニューがあるお店に入るようにしています。

    (茨城県/1歳児と5歳児のママ)

時間を選ぶ

  • 混まない時間帯を狙って早めにお店に行く。

    (岡山県/6歳児と10歳児以上のママ)

  • 混雑している時間には外食しない。夕食を食べるときは、開店と同じ時間に予約して行く。あらかじめ赤ちゃんがいることを伝え、座敷にしてもらったり、余計な装飾品は撤去してもらうようにお願いする。

    (東京都/0歳児と4歳児のママ)

  • 赤ちゃんのミルクの時間に合わせて店に行き、赤ちゃんのミルクを先に済ませ、お腹いっぱいにして、しばらくはご機嫌でいてもらう。

    (東京都/0歳児のママ)

  • ぐずっちゃうと周りも気になるし、ゆっくり食べられないので、機嫌が良いときや寝てくれそうな時を狙って外食するようにしていました!

    (大阪府/0歳児と5歳児のママ)

気持ちの持ち方を変える

  • 大人のリズムで動こうと思うとぐずったりしてストレスがたまるので、そういう気持ちは思い切って捨てる。赤ちゃんがご機嫌でいると、結果的に大人も外食の時間を楽しめます。

    (栃木県/3歳児と6歳児のママ)

  • 周りのお客様や店員さんへの感謝の気持ちを忘れないこと。少なからず周りに迷惑をかけてしまっていると思うので。

    (神奈川県/1歳児のママ)

  • 親が気持ちに余裕がある時に外食すると、赤ちゃんもぐずらないかな。

    (埼玉県/5歳児と8歳児のママ)

交代であやす

  • ぐずったときなどは皆で協力して、順番に抱っこしたりしています。

    (埼玉県/0歳児のママ)

  • 親が二人の時は、父親が赤ちゃんに食べさせ、その間に母親が自分の食事を摂り、終わったら、交代して、母親が赤ちゃんに食べさせて、その間に父親が食べるようにしていました。

    (広島県/9歳児のママ)

  • 気が合うママ友と行くと、旦那よりもどうすれば良いのかよくわかっているから色々助けてもらえるし、楽しいから、旦那よりもママ友と行くのがおすすめ!!

    (広島県/0歳児と4歳児のママ)

グッズを持っていく

  • 自分たちが食事している間、赤ちゃんは途中で飽きてくるとぐずってしまうので、飽きてきそうなころあいを見計らっておもちゃを渡す。ただし、音のならないもの、落とさないもの(ひもをつけるなど)。

    (東京都/0歳児のママ)

  • おもちゃを持っていく。店員さんの持っている伝票を打ち込むリモコンみたいなもののおもちゃがあると、店員さんの真似をして楽しそうにしています。

    (神奈川県/0歳児と3歳児)

  • 小麦アレルギーだったのでごはんだけは必ず持って外出し、後はレトルトを持参し、ごはんにかけて食べさせることが多かったです。アレルギーの心配もいらないし、持参していればいつでも食べさせられるので、荷物になったけど便利でした。

    (東京都/2歳児のママ)

  • ウエットティッシュ、スプーン、フォークは必ず持っていく。

    (東京都/4歳児のママ)

あわせて読みたい記事

出産予定日の登録

出産予定日を入力してね!
登録するとあなたにおすすめの記事が表示されるよ!

記事をシェアしよう!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!
  • ママ友が増えて悩みや不安を解消!

プレママタウン
入会キャンペーン

今なら全員に
「ナチュラル ムーニー」オリジナルサンプルプレゼント!

赤ちゃんとの外食は大人だけで外食するときと同じように振舞っていては、周囲に迷惑をかけてしまうことも多いですし、結果的に自分たちが楽しめないことも。やはり赤ちゃんを連れて楽しく外食するためには、いくつかのコツがあるようです。妊娠・出産のサポートサイト「プレママタウン」

新規入会キャンペーン
今すぐ会員登録しておむつ試供品をもらおう!