プレママタウン

離乳食

体験/アドバイス

離乳食づくりのコツを先輩ママがアドバイス

2006.12.06

学資保険相談キャンペーン実施中

離乳食作りのコツ

まだ大人ほど食べられる食材も多くなく、量も少ない離乳食。毎日バリエーションをつけながら、栄養面も考えて作るのはなかなか大変ですよね。
悩むことが多い離乳食作りですが、先輩ママやママ仲間の体験談の中には解決方法がたくさんつまっているはずです。さっそく見ていきましょう!

情報を集める

ママ友だちや先輩ママからのアドバイスはとてもありがたいですよね。他にも、雑誌本、ネット、自治体の離乳食講習会など、離乳食の情報はいろいろなところで得ることができます。メニューに困った時はどんどん参考にしていきましょう!

楽しんで作る

離乳食作りは毎日のことだからこそ、ママが楽しんでできたら良いですよね。自分も食べたいメニューを作ってみたり、少しの間しかできないことなのだと考え方を変えてみたりしてはいかがでしょうか?でも、何より一番効果があるのは、離乳食を食べてくれる赤ちゃんの笑顔のようです。

神経質にならない

「栄養のバランスは大丈夫かしら?」、「他の子に比べて食べないけどどうしたらいいんだろう?」と、不安になることも多いはず。でも、離乳食の進み具合は赤ちゃんによって全く違うものですし、母乳やミルクからもたくさんの栄養をとっているので心配しないで! 赤ちゃんの様子を見ながら、1週間以内くらいのメニュー全体で、栄養バランスの過不足がなければいいくらいの大きな気持ちでのんびり進めてあげましょう。

手間を省く工夫をする

赤ちゃんが食べられる少しの量だけ毎回作るのはとっても大変。そこでママたちは、まとめて作って、製氷皿などで小分けに冷凍しておいたり、煮物やカレーを作るときに、味付け前の野菜を取り分けて赤ちゃんにあげ大人のメニューを活用するなど、いろいろと手間を省く工夫をしているようですよ!

ベビーフードを活用する

すべて手作りで作ってあげたいという気持ちがあるかもしれませんが、ママの負担が大きくなり過ぎてイライラしてしまっては元も子もありませんね。忙しいときやお出かけのときはベビーフードに頼ったり、ホワイトソースなどベビーフードの調味料を使って味に変化をつけてみたりといろいろ活用しているママが多いようです。また、味付けや具の大きさ、硬さなどを参考にするのも良いですね。

私はこうした!
(先輩ママのコメント集)

情報を集める

  • ママ友に作り方やいい方法を教えてもらった。

    (愛知県/一女のママ)

  • 離乳食開始前に、友達に色々アドバイスをもらった。道具やベビーフードの情報、離乳食の本もお古をもらった。

    (愛知県/一男のママ)

  • 離乳食の本やネットに載ってるメニューを参考にしました。自治体が開いてくれた離乳食講習会でもいろいろ教えてもらいましたよ。

    (東京都/一男のママ)

楽しんで作る

  • 離乳食は手間がかかりますが、少しの間なので私自身も楽しんで作ってます。貴重な時間かなと思います。

    (大阪府/一女のママ)

  • 自分が食べたいと思えるメニューにしたり、野菜スープやだしを良く使って作り、味見して自分がまあまあだと思えるとニヤニヤしたり。楽しんで作るようにしていました。

    (山梨県/一女のママ)

  • 子どもがおいしそうに食べる姿がかわいくて嬉しいから、作るのが楽しい。

    (三重県/一女のママ)

神経質にならない

  • 最初から気負わずに、赤ちゃんの様子を見てのんびり進めていこうと決めていたから。

    (京都府/一女のママ)

  • 好き嫌いや、栄養の偏りなどが多少あっても気にしないようにした。

    (神奈川県/二女一男のママ)

  • そんなに神経質になっても、仕方ないし、この料理が食べられないと死んじゃうってわけじゃない。

    (東京都/一男のママ)

手間を省く工夫をする

  • 日頃から自分(大人)の食事をきちんと作るようにしているので、そこからの取り分けで済む。

    (神奈川県/一男のママ)

  • 基本的には大人のメニューをベースに取り分ける形で作っていた。

    (東京都/一女のママ)

  • まとめて作って、製氷皿やラップなどで小分けにして冷凍してます!作るときは少し大変でも、後は電子レンジでチンするだけなので、とってもラクチンですよ~!

    (東京都/一男のママ)

ベビーフードを活用する

  • 市販のベビーフードを活用しました。

    (千葉県/一男のママ)

  • 子どもの月齢に合わせて、レトルトの離乳食を買ってきて、味付け、具の大きさ、硬さを参考にした。

    (神奈川県/一女のママ)

  • とにかく最初は柔らかく、口当たり良く作る。味付けをワンパターンにせず、必要ならベビーフードの調味料も使う。これで野菜など嫌がらずに今でも食べてくれます。

    (東京都/一男のママ)

あわせて読みたい記事

出産予定日の登録

出産予定日を入力してね!
登録するとあなたにおすすめの記事が表示されるよ!

関連するキーワード

記事をシェアしよう!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!
  • ママ友が増えて悩みや不安を解消!

プレママタウン
入会キャンペーン

今なら全員に
「ナチュラル ムーニー」オリジナルサンプルプレゼント!

まだ大人ほど食べられる食材も多くなく、量も少ない離乳食。毎日バリエーションをつけながら、栄養面も考えて作るのはなかなか大変ですよね。悩むことが多い離乳食作りですが、先輩ママやの体験談の中には解決方法がたくさんつまっているはずです。妊娠・出産のサポートサイト「プレママタウン」

新規入会キャンペーン
今すぐ会員登録しておむつ試供品をもらおう!