プレママタウン

赤ちゃんの成長・発達

専門家/メーカー

生後2ヶ月の成長発達「クーイング、ここがすごい!」

2017.10.02

学資保険相談キャンペーン実施中

生後2ヶ月…。「あーうー」「うぐんうぐん」……おや? これまでの泣き声とはあきらかに違う声が聞こえてきました。そう、クーイングです。言葉によるコミュニケーションの基礎練習が始まったのですね。
赤ちゃんにみなぎる力強いパワーをもう一度発見して、かみしめて、味わって、感動! 子どもの体と心の発達研究の第一人者、榊原洋一先生の解説付きです。

監修者プロフィール

榊原洋一先生

お茶の水女子大学名誉教授
医学博士。1976年東京大学医学部卒業後、ワシントン大学小児神経研究部、東京大学医学部附属病院小児科などを経て、お茶の水女子大学理事・副学長。2017年より現職。「子ども学」の研究所「チャイルド・リサーチ・ネット」所長、日本子ども学会副理事長。専門は小児神経学、発達小児科学、特に注意欠陥多動性障害、アスペルガー症候群などの発達障害の臨床と脳科学。今後の活動について、「発達障害には様々な誤解があるので正しい理解を広げていきたい」と語る。『オムツをしたサル』『アスペルガー症候群と学習障害』など著書多数。

あーうー、ただいま発声テスト中

おなかもいっぱい~♪
なんだかいいきぶん~♪

そう思ったらどこからか
「あー」「うー」
何か聞こえてきた
どこから聞こえてくるのかな?

む、むむっ!
これは自分で出しているみたいだぞ
どういうときに出せるのか
試してみなくちゃ

「あーうー」
ただいま発声のテスト中
「うぐんうぐん」
大きな声が出すぎて
びっくりしたよ

ママがやってきた パパもやってきた
「お話ししているの?」
声を出すのをやめて
ママやパパの声に耳を傾けた

もう一度「あーうー」といってみる
「おなかもいっぱいでゴキゲンだね」
とママの声 パパの声

どうやら「あーうー」というと
返事をしてくれるらしい
今度ママを呼ぶとき パパを呼ぶときにも
「あーうー」を使ってみよう

Dr.サカキハラの「クーイングの、ここがすごい!」

生後2ヶ月くらいすると、赤ちゃんは、泣き声とは違う声を出すようになります。「あーあー」「うーうー」といった母音を使った声です。鳩の泣き声「Coo」になぞらえて、クーイングと呼ばれています。

赤ちゃんは、思わず出た「あーうー」という自分の声に、自分でびっくりして楽しんでいるように見えます。自分で出した声を自分で聞いて、こんなふうに声が出るのか、と試してもいるようです。

発声のテスト、試運転を始めた赤ちゃん。それは同時にコミュニケーションのきっかけになる行為です。

京都大学霊長類研究所の正高信男さんの実験で、赤ちゃんのクーイングに対して親がまったく反応しないでいると、赤ちゃんはクーイングを出し続けました。ところが、その声に応えて声をかけると、「あっ」という感じでクーイングをやめることが確認されています。

赤ちゃんのクーイングによって、交互に反応しあう、コミュニケーションが生まれているのです。

はじめての育児。赤ちゃんにどう接していいかわからない、というママ、パパもいることでしょう。でも、特別なことをする必要はありません。

クーイングは赤ちゃんがご機嫌のいいときに出てきます。「あーうー」といったら、同じように「あーうー」と返してもいいし、「どうした?」「ごきげんだね」「楽しい?」など、声がけしてもいい。言葉は何でもいいのです。反応してかまってあげればいいのです。

といっても、1日中、赤ちゃんと付き合って、かまってあげないといけない、というものでもありません。泣いたり、ぐずったり、クーイングで声を出したときなど、赤ちゃんが求めたときに、かまってあげればいいんです。

何を話していいか、わからないときは、「いいお天気だね」「雨がザーザー降っているね」「おしっこでたね」「おっぱい・ミルクおいしかった?」「お風呂いい気持ちだね」……日常の生活の中のなにげないことを語りかければいい。ときには、だれかのグチ、仕事のグチをこぼしてもいいんです。赤ちゃんはかまってもらっている、ということに満足するでしょう。ただし、あまり怖い顔、怒りの感情はぶつけないでくださいね。子どもは不安になるでしょうから。

あわせて読みたい記事

出産予定日の登録

出産予定日を入力してね!
登録するとあなたにおすすめの記事が表示されるよ!

関連用語集

記事をシェアしよう!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!
  • ママ友が増えて悩みや不安を解消!

プレママタウン
入会キャンペーン

今なら全員に
「ナチュラル ムーニー」オリジナルサンプルプレゼント!

生後2ヶ月…。「あーうー」「うぐんうぐん」……おや? これまでの泣き声とはあきらかに違う声が聞こえてきました。そう、クーイングです。言葉によるコミュニケーションの基礎練習が始まったのですね。赤ちゃんにみなぎる力強いパワーをもう一度発見して、かみしめて、味わって、感動! 子どもの体と心の発達研究の第一人者、榊原洋一先生の解説付きです。妊娠・出産のサポートサイト「プレママタウン」

新規入会キャンペーン
今すぐ会員登録しておむつ試供品をもらおう!