プレママタウン

赤ちゃんの成長・発達

専門家/メーカー

生後0ヶ月の成長発達「おぎゃ~は、ここがすごい!」

2017.08.07

「おぎゃ~!」の合図で、この世界に生きるスイッチをオンした赤ちゃん。この産声で始まった呼吸する能力。さらに、体の熱を作り出す能力、おっぱいを力強く吸って食べ物を獲る能力……。生きるために生まれてきた、赤ちゃんにみなぎる力強いパワーを、もう一度、発見して、かみしめて、味わって、感動! 子どもの体と心の発達研究の第一人者、榊原洋一先生の解説付きです。

監修者プロフィール

榊原洋一先生

お茶の水女子大学名誉教授
医学博士。1976年東京大学医学部卒業後、ワシントン大学小児神経研究部、東京大学医学部附属病院小児科などを経て、お茶の水女子大学理事・副学長。2017年より現職。「子ども学」の研究所「チャイルド・リサーチ・ネット」所長、日本子ども学会副理事長。専門は小児神経学、発達小児科学、特に注意欠陥多動性障害、アスペルガー症候群などの発達障害の臨床と脳科学。今後の活動について、「発達障害には様々な誤解があるので正しい理解を広げていきたい」と語る。『オムツをしたサル』『アスペルガー症候群と学習障害』など著書多数。

「おぎゃ~」で人生のスイッチオン!

「おぎゃ~!」

せまい産道をグッとこらえてくぐり抜け
外に飛び出すと大きな産声をあげた
Let’s Go !
新世界で生きるためのスイッチをオン!

「うんぎゃ~、おぎゃ~、ぎゃ~」

肺に新鮮な酸素を取り込んで
不要な二酸化炭素を吐き出して
カラダを目覚めさせているんだ

これからはおっぱいやミルクを
エネルギーに替えて大きくなっていく
そのためにもたくさん酸素が必要なんだ

毎日毎日 いっぱい泣くよ
泣くと肺やおなかまわりの筋肉も
あちこちいろいろ使うからね
泣くのは筋トレにもなるのさ

ママの子宮の中では
なあ~んにもしなくてよかったけど
これからは自分の力を育てて
発揮して生きていく

まずは呼吸して、おっぱいを飲んで
おしっことうんちをするところから

ママ、パパ、まわりの大人のみなさん
どうぞ、手を貸してください

Dr.サカキハラの「おぎゃ~、のここがすごい!」

生きるために必要なことは、ちゃんと自分でやっている

赤ちゃんは、ただ寝て、おなかが空くと泣いて、おっぱいを飲んでまた寝ているだけ――。そんなふうに映っているかもしれません。

でも、ちょっと視点を変えると、ものすごい能力を発揮していることに驚かされます。胎内は、へその緒から酸素と栄養をもらい、体温調節の必要もない、無菌状態の温室だった。それが、いきなり雑菌だらけのこの世に出て、初めて肺で呼吸をして、口から栄養をとって、おしっことうんちをする――。

胎内と180度違う異次元の世界で、最初にしなければいけないのは、「おぎゃ~」と泣くこと。酸素を取り入れる最初の行為です。

産道を抜けて外に出た途端、肺に空気が流れ込んで膨らみ、横隔膜を動かし産声をあげます。それに合わせて肺に血液が流れるようになる――。うまく仕組みができあがっています。

次に体温調節。人は運動して筋肉を動かしたり、食事を摂って栄養素を内臓や肝臓などでエネルギーに変えたりすることで、体の熱を作っています。生まれたばかりの赤ちゃんも、すぐに自分の体内で熱を作り始めます。

外の世界の音や光、肌で感じる様々な感覚も、赤ちゃんにはとても刺激的。これから五感を総動員して、まわりからの情報を脳にストックしていきます。

生まれて最初の2週間は、この世界に慣れるための適応の時期。この時期に必要なお世話は、母乳やミルクをあげること、おむつを替えおふろに入れて体を清潔にしてあげること、気持ちのいいお部屋の環境を整えてあげること、この3つだけです。

難しいことは考えず、赤ちゃんとのハネムーンを過ごしましょう。

あれこれ思い悩まなくても、赤ちゃんは呼吸をして、おっぱいに吸い付いて栄養を摂り、おしっことうんちをしている。生きていくために必要なことは、ちゃんと自分でやっています。

記事をシェアしよう!

出産予定日の登録

出産予定日を入力してね!
登録するとあなたにおすすめの記事が表示されるよ!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!
  • ママ友が増えて悩みや不安を解消!

プレママタウン
入会キャンペーン

今なら全員に「ナチュラル ムーニー」
オリジナルサンプルプレゼント!

会員登録をすると、
あなたの悩みに合った記事が表示されるよ!
今なら、ムーニーおむつプレゼント中!