プレママタウン

遊び・あやし

ひとり歩き期の赤ちゃんの遊び(1歳頃)

2011.05.25

学資保険相談キャンペーン実施中

1歳の誕生日を迎えたら赤ちゃんは乳児から幼児へ変身!
ボクもワタシもひとり歩きができるようになると赤ちゃんの行動半径はグンと広がっていきます。
探究心も冒険心も旺盛になって、遊びイコールいたずらになるのもこの時期。
「危ない」「ダメ」といいたくなる気持ちを抑えて上手に遊びをリードしてあげられるといいですね。
だって、遊びは赤ちゃんの大切な「成長ホルモン」!
「ボクもワタシもどんどん育っているよ」
遊びの広がりは赤ちゃんからママへのうれしいメッセージです。

ひとり歩き期赤ちゃんの
発達をわかっておこう!

体の発達

ひとり歩きができるようになると、目をひく物、好奇心をそそる物めがけて、赤ちゃんは自由自在に移動できるようになります。

視界は自分の背丈から広がり、手を伸ばして届く範囲もグンと高くなります。

歩くことで足や腰に力がついて、運動能力が飛躍的に発達するこの時期は、階段上りにチャレンジしたり、体を使う運動遊びが大好きになります。

手先の動きも器用になって、積み木を積んだり、小さい物をつまめるようになり、遊びワールドは大きく発展します。

小さなお菓子もつまめるよ

心の発達

ひとり歩きができてママから離れられるのは、同時に赤ちゃんの心も「ママと一緒の世界」から自立して「外とつながる自分の世界」をもつこと。

でも、まだ長くはママから離れられません。

ょっとママから離れてみては「ママ、見てる?」と振り返り、冒険にチャレンジしては「ちょっと怖い」とママのところに戻ってくる時期なのです。

ですから、ひとり遊びが活発になっても、いつも赤ちゃんを見守ってあげるのが大切。

り返る赤ちゃんの視線を、ママはしっかり受け止め、戻ってきたらやさしく抱いてあげて。

ママに守られている心の安定感をベースに、赤ちゃんはまた一歩、外の世界へと歩き出すのです。

「ママ、見てる?」とママの存在を確認

ママが遊びのリーダー

ひとり歩きをするようになる時期は個人差がありますが、1歳前後から1歳4ヶ月ごろになると、ほとんどの赤ちゃんが歩きはじめます。 この時期、まだお友達遊びをしないので、赤ちゃんの遊び相手はママ! ママが上手にリードしてあげると、どんどん遊びが発展するのがこの時期の大きな特徴。 ママがちょっとだけリードしてあげるコツがわかると、ママも遊びがとっても楽しくなりますよ。

運動遊び

“赤ちゃんが好きな遊び”のトップに君臨するのが体を使う運動遊び。 歩くに加えて「上る」が加わるこのころ、おうちの中に低い椅子や座り机など、赤ちゃんが上れる段差を見つけてあげましょう。

リードのコツ言葉と態度でほめましょう!

上れたら「できた!」と言葉をかけ、拍手してほめてあげてください。

ママのほめ言葉は、赤ちゃんの発達を促す魔法の言葉!

どんどんチャレンジする積極性が育ちます。

ママの言葉を真似して「できた!」と発声すれば、 言葉の発達にもつながりますし、言葉によるママとのコミュニケーションが成立します。

リードのコツ上ったら降りるをリード

最初は上ったままで降りられないけれど、ママが「おしりからおりるのよ」と手を貸してリードしてあげると、ほら、できるようになるでしょ!

「危ない」「ダメ」と禁止するより、上ったら降りると、次の動きをアドバイスしてあげましょう。「上る」という1方向の発達が「上って降りる」という双方向へと発達するきっかけになるのです。

おもちゃ遊び

おもちゃ遊びは、赤ちゃんの道具を使いこなす知恵の発達を促すツール。

たとえばキッチンセット。ついこの間まで魚焼き器を引っ張り出すだけだった赤ちゃんも、引っ張り出したら今度は入れる。 こんな動作ができるようになります。

運動遊び同様に、出すの1方向から、出して入れるの双方向へと発展します。

赤ちゃんの素敵な成長を確認できると、子育てって楽しくなるもの!

リードのコツ繰り返しを楽しませて

同じことを何回も繰り返すのが赤ちゃんの遊びの特徴です。 本人が飽きるまで楽しませてあげて。

プリンを取る・置く。かごからボールを出す・入れる。 磁石でくっつくおもちゃを離す・くっつける。 すべてが双方向性の遊び。繰り返しを楽しみながら、赤ちゃんは「ママから離れて・戻る」という心の発達を獲得しているのです。

リードのコツママのまねが大好き

「ちょうだい」とママが声かけすると、「はい」とくれるかも。 「ありがとう」とママが頭を下げると赤ちゃんも「ありがとう」。 赤ちゃんはママのまねが大好き。 ママのまねをしながら言葉やコミュニケーションが発達していくのですね。

ホラ、こんなことも
できる!

いないいないばあ

ついこの間までは自分の顔にタオルをかけられると怖くて、すぐにとっていた赤ちゃんも、記憶の回路が発達して、ホラ、ゆっくりタオルをとってママにむかって「ばぁ!」

“いないいないばあ”もおすわり期より進化しました

積み木遊び

この間まではママが積む積み木を壊すだけだった赤ちゃん。 今は小さな積み木も積めます。ママは「壊しちゃダメ!」とガードしないでね。 壊してもOK!とわかると、積んで壊すを繰り返しながら、器用になった手先をフルに使いこなします。

壊すことも禁じないで!

からだ遊び

ママと一緒にからだ遊びを体験していくと、ホラ、自分でするからだ遊びのバリエーションがどんどん増えていきます。 ママの体に上る、またがるなどの遊びや、さかさ抱っこなど、体はいろいろな角度や動きができることを教えてあげてね。

ずいぶんダイナミックになったね

あわせて読みたい記事

出産予定日の登録

出産予定日を入力してね!
登録するとあなたにおすすめの記事が表示されるよ!

関連するキーワード

関連用語集

記事をシェアしよう!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!
  • ママ友が増えて悩みや不安を解消!

プレママタウン
入会キャンペーン

今なら全員に
「ナチュラル ムーニー」オリジナルサンプルプレゼント!

1歳を迎えた赤ちゃんは乳児から幼児へ変身!ひとり歩きができるようになると行動範囲は一気に広がります。探究心も冒険心も旺盛になり「遊び=いたずら」になるのもこの頃。遊びは赤ちゃんの大切な「成長ホルモン」。むやみに叱らずにうまくリードしてあげてね。妊娠・出産のサポートサイト「プレママタウン」

新規入会キャンペーン
今すぐ会員登録しておむつ試供品をもらおう!