プレママタウン

出産方法

専門家/メーカー

アーユルヴェーダ出産とは?

2005.06.01

学資保険相談キャンペーン実施中

「毎日毎日、極楽でした。あまりの心地よさに退院したくなかったくらい(笑)」と話すのは、第2子を出産したばかりのSさん。Sさんが出産したのは、インドの伝承医学・アーユルヴェーダと東洋医学の手法を取り入れている助産院。お産が気持ちよかったなんて、一体どんなことをしているのでしょうか?
今回は、妊娠・出産・産後と変わっていくママの心と体をケアしている助産院『お産の家 Be born』に伺って、話を聞いてきました!

取材協力

たつのゆりこさん/
『お産の家 Be born』
院長・助産師・鍼灸師。

「広く自然療法を取り入れて、母と子どちらにとっても自然な出産ができるようにお手伝いしています」

健診で極楽気分が
味わえる!

京王線千歳烏山駅から歩いて5分。そこは閑静な住宅街の普通の一軒家。通されたのも普通の家庭のリビング。妊婦さんが入院するとここが陣痛室になるのだそうです。2階のひと部屋が分娩室。ソファとふとんのある和室です。隣の部屋にはベッド。そこでは妊娠38週、いつ産まれてもいい状態、という妊婦さんが、全身マッサージを受けていました。3歳になる上の女の子も、おとなしくママのマッサージを見ています。

この助産院では、妊婦健診時に、尿糖や尿たんぱくの検査、腹囲、子宮底長、血圧やむくみ、赤ちゃんの心音や胎位などをチェックするだけでなく、全身裸になってのオイルマッサージを行っています。足の先から頭まで、念入りに。大きなおなかでも、クッションでおなかの上下を支えて、うつ伏せにもなります。お尻までしっかりマッサージされて、妊婦さんはすっかり、まどろみモード。鍼灸師の資格も持つ、たつのゆりこさんの施術は的確です。

「骨盤の歪みやリンパの流れ、経絡(けいらく)の状態などを診て、体を整えていきます。なかなか緊張を解けない人も、マッサージすることでだんだんゆるんでリラックスしてきます。触ると体の状態がわかるので、お産の予測も立てられますし、妊婦さん自身も、自分の体のことがよくわかってくるので、安産のためにはもう少し体を動かさないといけないとか、逆に無理してはいけないとか、食べ物にも気をつけないと、というようなことがわかってくるんです」と、たつのさん。

マッサージオイルのベースはアーユルヴェーダでよく使われるセサミオイル(ゴマ油)。個人個人の症状に合わせ、エッセンシャルオイルを加えて、アロマセラピー効果を高めることもあります。このマッサージは、産後も毎日行います。お産の翌日には、セサミオイルを頭にかけながらの、ヘッドマッサージも。

「このヘッドマッサージをすると、深い眠りに落ちます。一瞬、子どもを産んだことを忘れる、ってみなさんおっしゃいますよ」

住宅街の中の一軒家。ふつうのおうちにいる感覚で、リラックスできます。

これが妊婦健診?まるでエステみたいです。

よもぎ蒸しで、
汗びっしょり

マッサージが終わると、今度は「よもぎ蒸し」。真ん中に穴の開いた木箱に座り、肩からテントのように布をかぶります。木箱の中には、よもぎや紅花、びわの葉、桃の葉などのブレンドが土鍋に入れられ、火にかけられています。この蒸気で全身を蒸すのです。

「気持ちいいです~」と、もはや、ゆるゆるにリラックスして、とろけそうな目をした妊婦さん。20~30分すると、汗がどっと出てきます。

「よもぎなどには、血流を促して代謝をよくする効果があるんです。肌荒れにも効いて、肌もつるつるになります。このよもぎ蒸しをしても汗をかかない、という人は冷えがかなり強いため、お灸などその他の療法も組み合わせます」

よもぎ蒸しは産後も行います。よもぎには止血効果もあるので、産後の異常出血なども減るそうです。

毎回、来るのが楽しみになる健診。極楽の中身が少しずつわかってきました。もちろん、病院での健診も平行して受けてもらい、安全の確認をとりながら行っています。

マッサージのあとはよもぎ蒸し。20~30分すると、汗が出て血流もよくなり、老廃物も排出できる。

お尻には穴の開いた箱があり、中の土鍋で、よもぎや紅花、びわや桃の葉などが煮えています。

キッチンファーマシーで
健康になる

「アーユルヴェーダでは、キッチンファーマシーといって、台所の調味料、スパイスを薬として使うんです」。

中国に医食同源という言葉があるように、インドでも食べ物で体調を整えていくことをとても重要に考えています。実際に、何度も現地のインドでアーユルヴェーダクリニックに入院し、さまざまなトリートメントを体験してきた、たつのさん。

「クリニックの退院時に、調理指導があるんです! これまで白衣を着てたドクターが、最後にエプロンして健康になるための料理を教えてくれる(笑)。おもしろいでしょう! これにはびっくりしました」

たつのさんが、こうしたアーユルヴェーダ医療の経験から、まず妊婦さんに勧めるのは、「排毒スープ」。いま美容業界でもさかんに言われている解毒、デトックスできるスープと聞くと、興味深々。白コショー、山椒、ローリエなどのスパイスを使った野菜スープで、これを週に1回飲むと、消化がよくなり、排泄もスムーズになると言います。肩コリや筋肉痛まで改善するそうです。

「以前は少し体調に問題があるな、という人にしかすすめていなかったのですが、とても効果があるので、いまはみなさんにすすめています。一緒に飲んでいるダンナさんの肌もつるつるになると評判です(笑)」

野菜をボイルするときにも、インドのスパイスを使って茹でると、野菜の味がとてもよくなる。おいしくなるからたくさん食べられて、結果的に食物繊維やビタミン、ミネラルがしっかり摂れるのです。

「妊娠中も産後も、お肉は控えめに、といいますが、たまにはちゃんと食べたいですよね。そんなときスパイスに漬け込んでから焼肉にすると、消化がよくなります。こうして食べると、乳腺炎にもなりにくいんです」

妊娠中は、こうしたアーユルヴェーダ的な食事方法を指導。入院している間は、ひとりひとりのその日の体調に合わせてメニューが作られます。

「今日は出血が多めだから、にんにくやショウガを使った料理にしようとか、おっぱいの出が悪いから、あずきのお菓子を作りましょう、というように。ここは日本なので、もちろん和食とのミックスです」

料理に使うスパイスミックス。アーユルヴェーダでは、キッチンファーマシーといって、台所はまさに薬局。

入院中に出るおかゆの一例。ひとりひとりの体調に合わせて作ってくれる。

たつのさんが教えてくれた、
排毒スープの作り方

  1. 沸騰した鍋に鶏ガラとショウガ3cm大1個を入れて、1~2分したら、鶏ガラを取り出して、よく洗う。
  2. 鍋に3リットルの水を沸騰させ、岩塩ひとつまみ、白コショウ10粒、山椒10粒、ローリエ2枚、ニンニク1片のスライスを入れる。1の鶏ガラ、ニンジン大1本の輪切り、玉ネギ1個のスライス、パセリ5~6本、セロリの葉1本、ネギ2本分を入れ、中弱火で30~40分煮る。
  3. 強火にしてアクをとり、ワインビネガー大さじ1を入れて弱火で20分煮たら出来上がり。ザルでこしてスープだけをいただく。

体と心を整え、育児の
エネルギーを養う助産院

たつのさんが、こうしたアーユルヴェーダ医学と東洋医学的な手法を助産院に取り入れたのは、産後の不調を訴える女性があまりに多いからでした。「眠れない」「イライラする」「落ち込む」「髪が抜ける」「視力が落ちる」「肌が乾燥する」「肩が凝る」「セックスできない」……。

「日本では産後、なかなかゆっくりできないんですね。里帰り出産は、もう一度娘に帰るという意味で大事だったんですけれど。核家族になって帰らない人も多いし、実家に帰ってもそれはそれでせわしない。ゆっくり赤ちゃんと過ごす、という環境がなかなか整わないんです」

たとえば韓国には、産後調理院といって、産後の母子がゆっくりと過ごせる施設が約280ヵ所あるといいます。アジアには、まだまだ産後の女性をしっかりケアする社会的な風潮があるし、アーユルヴェーダや中医学などの伝統的な療法も体系化され、生活に根付いているのです。

産後は、とにかくゆっくりと体と心を立て直して、母と子が信頼関係をつくるとき。そのためのマッサージやよもぎ蒸し、食事法なのです。

「ですから、うちでは産後の面会も制限しています。来客があると、お客様のペースに巻き込まれて、自分の体のリズムや体調を無視してしまいがちですから。お産で女性の体と心、感情はダイナミックに変わります。その後の生活や人生観をも変える経験です。それはすばらしいチャンス! お産をきっかけに、明るくたくましく子育てできるエネルギーを、ここで養ってもらえたら、と思っています」

  • 『お産の家 Be born』の妊婦健診の費用は、マッサージやよもぎ蒸しも含めて1回7000円~、
    産後健診は1万円(ベビーシッター付き)。入院費用の目安は平均5日で40~45万円です。

取材協力/
助産師・鍼灸師 たつのゆりこさん
(『お産の家 Be born』院長)

あわせて読みたい記事

出産予定日の登録

出産予定日を入力してね!
登録するとあなたにおすすめの記事が表示されるよ!

記事をシェアしよう!

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!
  • ママ友が増えて悩みや不安を解消!

プレママタウン
入会キャンペーン

今なら全員に
「ナチュラル ムーニー」オリジナルサンプルプレゼント!

インドの伝承医学・アーユルヴェーダと東洋医学の手法を取り入れ、妊娠・出産・産後をケアしてくれるアーユルヴェーダ出産。お産が気持ちよくなるというその方法はどのような方法なのでしょうか?妊娠・出産のサポートサイト「プレママタウン」

新規入会キャンペーン
今すぐ会員登録しておむつ試供品をもらおう!