プレママタウン

一目でわかる!
初めての妊娠ライフ

妊娠初期(1~4ヶ月)

2ヶ月~3ヶ月(4週~11週)

妊娠と診断された!

月経が止まって、体のだるさやつわりなどの妊娠の予兆を感じて産院の門をたたいたみなさん。予感が診断によって事実となって、喜びもひとしおのことでしょう。9ヶ月後、赤ちゃんがやってくると今までの暮らしが激変します。みなさんの体も初めて体験する変化がいっぱいで戸惑うこともあるかもしれませんが、いまのうちにこの期間の流れをチェックしておけば大丈夫です!とりあえず、妊娠が確定したなら、禁酒・禁煙はもちろん、薬の服用の際は必ず医師に相談してからと、自分とおなかの赤ちゃんの健康第一を考えることからスタートです。

産院を決めよう

妊娠の診断の際に、予め情報を集めて産院を選んだ人はもちろんそのままでOKですが、とりあえずの診察で行った人は、希望のお産ができる産院かよく調べて出産する産院を決めましょう。産院には、おおむね、妊娠初期は2週間に1回、中期は4週間に1回、後期は2週間に1回、臨月は毎週、健診で通うことになりますので、交通の便も大切です。里帰り出産を希望する人は、健診を受ける産院と、出産する産院の両方を決める必要がありますね。決めたら両方の産院にその旨を伝えましょう。産院の種類や分娩方法もいろいろありますので、下記をご参考に!

3ヶ月~4ヶ月(8週~15週)

親や職場に報告

ご主人と妊娠の喜びを分かち合った後は、ご両親や、働いている人は職場への報告を。おじいちゃん・おばあちゃんになるご両親は、必ず喜んでくれますのでお早めに。まだ安定期に入っていないので職場への報告を躊躇される人もいるかもしれませんが、つわりなどで万全に働けなくなることもあり、まわりのフォローが必要になることもあります。直属の上司には早めに報告しておきましょう。その際、いつ頃から産休に入り、育児休暇はどうするか、職場にその他の制度はないかを確認・相談しておくといいですね。

母子健康手帳をもらおう

一般に「母子手帳」と呼ばれる「母子健康手帳」は、健診のたびに妊娠中の妊婦さんの健康状態を記入してもらうための大事なもの。健診で赤ちゃんの頭殿長(CRL=頭からおしりまでの長さ)が2cmになったと言われたら(だいたい妊娠10週目ごろに、先生の指示が出たら)お住まいの自治体の役所に「妊娠届」を提出するともらえます。出産後も6歳までの子どもの成長記録を記入でき、妊娠に関するアドバイス事項なども書かれているので、必ずもらって、妊娠中は常時携帯しましょう。

体重管理をはじめよう

つわりがおさまってくると今度は食欲がわいてきます。けれど体重が増えていくなか、健全な状態を保つのは意外と大変。増やしすぎると妊娠高血圧症や産道が狭くなって難産の原因になるなど、母体にも赤ちゃんにもよくない状態になりますので、妊婦さんの適正な体重増加になるよう、食事管理と適度な運動を心がけましょう。

もっと見る閉じる

妊娠中期(5~7ヶ月)

5ヶ月(16週~19週)

マタニティウェアを揃えよう

安定期に入って徐々におなかのふくらみが目立ち始めると、今までの下着やウェアのサイズがあわなくなってきます。出産まではどんどんサイズが変化するので、サイズ調整機能がついたマタニティウェアやマタニティインナーが便利です。近頃は機能も満載で、おしゃれなものが増えているから、選ぶのも楽しめそう!

戌の日のお参りをしよう

日本には昔から、「妊娠5ヶ月目の戌の日に、腹帯を巻いて安産のお参りをする」というしきたりがあります。安産で子だくさんの犬のお産にちなんだものですが、この時期はおなかが大きくなり始めるため、おなかを支えたり腰痛を防止する意味でも、腹帯やマタニティーガードルをつけることは理にかなっていてオススメ。

6ヶ月~7ヶ月(20週~23週)

両親学級に参加しよう

産院や自治体が、妊娠中の生活やお産、初期の育児についてプレママ&プレパパ向けに教えてくれるのが両親学級(母親学級)。食生活や妊娠中に注意したいこと、お産のための呼吸法や、新生児の沐浴やおむつ替えなど、役に立つ情報をナマで聞ける絶好のチャンスです。複数回シリーズで実施されることが多いようです。将来のママ友だちを作れる場でもあるので、安定期に入ったら積極的に参加してみましょう。

ワーキングママは保育園を探しておこう

出産後、職場に復帰することを希望している人は、早めに保育園を探し始めましょう。近所にあるからと安心できないのが今の時代。特に都市部のベッドタウンでは保育園の数が追いつかずに「待機児童」と呼ばれる保育園に入れない子どもが大勢います。また保育園にも、自治体が認証している公立と、民間が独自に運営しているもの、民間に自治体が認証を与えているものなど種類もさまざま。自治体の役所で空き状況や募集について詳しく教えてもらえますので、早めに行って相談してみましょう。

7ヶ月(24週~27週)

マタニティスポーツにチャレンジ

安定期に入った後は、特別に心配なことがないのであれば、体はある程度動かしておいた方が体重管理にもいいですし、お産に備える体づくりにも役立ちます。ただし通常と同じようにはいきませんし、おなかの赤ちゃんに万一のことがないように、マタニティ専門のスイミングやエアロビクス、ヨガなどがおすすめです。

この時期にしかできないことを!

赤ちゃんが生まれると、生活は赤ちゃん中心になります。二人で行ける旅行も子どもたちが成長するまでしばらくお預け。ママが一人になれる時間もなかなかとれなくなります。安定期に入っておなかの重みもまだわずかな妊娠中期は、やりたいことをやっておく最後のチャンスかも。ご主人と旅行に行ったり、お友だちと出かけたり、映画館や劇場に脚を運ぶなど、思いっきり楽しんでおきましょう。

もっと見る閉じる

妊娠後期(8~10ヶ月)

8ヶ月(28週~31週)

ベビー用品の準備をしよう

妊娠後期に入ったら、赤ちゃんのための準備もスタート。生まれてから買うのでは遅いものを必要最低限準備しておきましょう。おうちの中も、赤ちゃんを迎えるために模様替えを。赤ちゃんの居場所を確保するだけでなく、大人よりも敏感な赤ちゃんのために、エアコンやカーペットは清潔にしておきたいもの。この際徹底的な大掃除を!

ワーキングママは産休に

法律では妊産婦には産前6週間、産後8週間の産前産後休暇が義務づけられています。職場での引き継ぎやご挨拶を済ませ、人事部には復帰の時期や配属の希望などについて相談しておきましょう。

9ヶ月~10ヶ月(32週~35週)

里帰り出産の人は実家へ

里帰り出産を予定している人は、できるだけ臨月に入る前に里帰りし、初期の育児用品も実家に送っておきましょう。それまでの健診の状態を、通っていた産院から出産する産院へどのように連絡するか産院に尋ね、情報が正確に伝わるようにしておきます。里帰りしたらなるべく早く、出産する産院で健診を受けましょう。

産後にすぐやることの確認を

ここまで来たら、赤ちゃんはいつ産まれてもおかしくない状態。出産後は、赤ちゃんの出産届をお役所に提出したり、パパやママの職場に扶養届けの報告をしたり、手続きがたくさん。そのためには赤ちゃんの名前もそろそろ考えておかなければいけませんね。また内祝いを贈る人のリストなども今のうちに作成しておくと産後に慌てずにすみます。

10ヶ月(36週~39週)

入院の準備を万端に

陣痛がいつ来ても大丈夫なように、臨月に入ったら入院準備品はまとめていつでも持ち出せるようにしておきましょう。またご主人がいないときに陣痛が来ることも予想されますから、一人で産院に行くための交通手段も確認しておきましょう。自宅を約1週間あけることになりますから、その間、ご主人にお願いしておくべきこともメモなどにまとめておくとよいでしょう。

いよいよ出産!

陣痛が定期的になったら産院に連絡して入院します。そしていよいよ赤ちゃんとのご対面へのクライマックス。分娩でパニックにならないよう、両親学級などでならった呼吸法などをおさらいして、落ち着いた気持ちで臨みましょう!

もっと見る閉じる

プレママタウンの会員になりませんか?

もっと詳しく、あなたの今の妊娠週数にあった情報をタイムリーに知ることができる、プレママタウンの会員になりませんか?登録は無料です! 会員になると情報だけでなく、ママひろばで友だちづくりもできるうえ、得するキャンペーンなども盛りだくさん!会員限定コンテンツとして、体重管理グラフもあります。プレママタウン会員に登録しておくと、育児の情報満載でいっそうお得な姉妹サイト「ベビータウン」会員への切り替えも簡単です。

プレママタウンとは?

  • 専門家からあなたへのアドバイス!
  • 出産に備えた専用の準備リスト!
  • ママ友が増えて悩みや不安を解消!
  • あなたの妊娠周期にあわせたアドバイスをメールで配信!
  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪

プレママタウン
入会キャンペーン

今なら全員に
「ナチュラル ムーニー」オリジナルサンプルプレゼント!