スマートフォンサイトはこちら

ようこそゲストさん!
ステキな会員特典がいっぱい

 

ようこそゲストさん!

妊娠期別目次

 
 

メニュー

取材協力:ベルメゾン

早めの準備で慌てない!
ママのインナーまるわかりガイド【入院&産後編】

出産前後の毎日を快適に過ごすため、そして、
産後直後から勝負が始まる体型リフォーム計画を成功させるために、
今から、入院&産後のインナーについて知っておきましょう。
まだまだ先…と思っていても出産までのカウントダウンが始まると
買い物どころじゃなくなっちゃうかも。
入院のとき必要なもの、産後すぐから使うものは、
余裕があるうちに、チェック&購入を考えましょう。
(妊娠8ヶ月頃までにはそろえておきましょう。)

マタニティインナーまるわかりガイド【妊娠中編】はこちら

ママの体を考えた機能がいっぱい

マタニティインナーと同様、出産・産後のママがより快適に過ごせるよう、そして体を上手に回復させてくれるよう、細やかに配慮して作られるインナー。「短期間限定のアイテムだから、わざわざ用意しなくても」なんて、侮るなかれ。特に、リフォームインナーは、そんな油断がのちのちの後悔につながるかもしれません。それぞれのアイテムの役割と機能をあらかじめ知っておけば、事前の準備もスムーズ、購入計画を立てやすくなります。

入院準備のマル必アイテム
産褥ショーツ(そろえる目安=3〜5枚)
どんな役割?

出産直後から始まる悪露(おろ)を、腰までの防水布や撥水加工布でガードする産褥ショーツ。股下部分が開くのでパッドの交換や診察時に便利です。おなか側が全開するタイプもあり、予定帝王切開ならそちらを用意。退院後も1カ月程悪露が続くので、洗い替えを多めに用意しておくと安心です。

選ぶポイントは?

防水(or撥水)部分が大きい
肌にやさしい綿素材

悪露について

▲ページトップへ戻る

妊娠前のくびれ、自然に戻る?

先輩ママ達の中には、「産後、体重は戻ったけど体型は戻らなかった」という人が多いのです。というのも、産後に生じる子宮と腹壁の間に皮下脂肪が入り込み元に戻りにくくなるため。産後6カ月間は脂肪がやわらかく流動的。その間に、骨盤を戻し、妊娠前のウエスト、ヒップラインを取り戻すには、リフォームインナーの助けが不可欠。自然なまま、なんて言っていると重力に負けるのは必至。

▲ページトップへ戻る

リフォームの目的は見た目だけ?

昔から出産後すぐ、開いた骨盤やお腹のたるみを引き締めるため、さらしを巻いていました。これは同時に子宮の収縮、母乳の分泌の促進につながり、お腹の保温、内臓の下垂予防のため。体の内外をすっきりリフォームすれば、心身ともにリフレッシュできるはずです。

▲ページトップへ戻る

いつから、どうやって?

ボディリフォームは出産すぐから産後6ヶ月ぐらいが勝負。だからって焦って無理にしめつけるのは禁物です。回復に合わせて段階的にリフォームを進めましょう。そのためには段階ごとに、最適なリフォームインナーを選ぶ事が重要なポイント。就寝中も含め、24時間体制で、無理なくがんばりましょう。

リフォームインナー
産褥ニッパー
どんな役割?

妊娠・出産で広がった骨盤を引き締め、安定させると同時に、子宮の回復をサポートします。骨盤が広がったままだと、すきまに脂肪がたまりやすくなるので、入院中から、お医者様のOKが出たらすぐに着用をスタートします。

選び方ポイントは?

着脱しやすい
やさしくフィット

サポートショーツ
どんな役割?

直接つけるショーツにサポート機能をプラス。お腹とお尻をすっぽり包み、ガードルよりソフトな付け心地で、血流を妨げずに、戻りにくいお腹のたるみをシェイプアップ。

選び方ポイントは?

お腹部分のサポート機能
肌にやさしい綿素材

ウエストニッパー
どんな役割?

しなやかなラインを作るボーン入りのウエストニッパーで、ウエストのくびれを奪回します。ぷよぷよの下腹部の引き締め効果も。

選び方ポイントは?

着脱が簡単
サイズ調節がしやすい
くびれを作るハイウエスト
ボトムの下でごろつかない

 

〈ハードタイプ〉

〈ソフトタイプ〉

リフォームガードル

どんな役割?

ハイウエストで、お腹のたるみを引き締めながら、ヒップアップ、太ももまで下半身をトータルでシェイプアップ。パンツスタイルやタイトスカートもすっきり決まります。ソフトタイプとハードタイプがあり、お家用/外出用と使い分けると効果的。

選び方ポイントは?

ガードルが苦手な人はソフトタイプからトライ
ハードタイプはニッパー付き、ファスナー付き、サイドベルト付き
などから、自分の着脱しやすいものを
シェイプしたい部分に合わせてウエストの高さ、
すその長さをチョイス

リフォーム成功の秘訣

リフォームアイテムの正しいサイズの選び方は

便利なママ用インナー
授乳用インナー
どんな役割?

カップ部がクロスになって、簡単におっぱいが取り出せるようなつくりのママ用肌着。汗取りや体温調節に、オールシーズン役立ちます。

選び方ポイントは?

肌にやさしい綿素材
アウターのすそや胸元から見えても、重ね着風に見える
色や素材のものがあると便利

▲ページトップへ戻る

プレママタウンのオススメはコレ

産褥ショーツ

肌触りのいい天竺素材。クロッチ部分だけでなく、左前側からも開けます。

産褥ショーツ

産褥ニッパー

産後すぐから使えるソフトな付け心地でおなかをサポート。就寝中も安心。

産褥ニッパー

サポートショーツ

ストレッチ素材でほどよいフィット感。おなか部分は二重になっています。

サポートショーツ

リフォームガードル

パワーネット効果とウエスト裏打ちでおなか、おしり、ウエストを引き締め。
(ソフト)

リフォームガードル

リフォームガードル

ボーン4本入りで強力シェイプアップ。すべすべ素材で履きやすさも◎。
(ハード)

リフォームガードル

授乳用インナー

前のすそが長めで妊娠中から使えます。ハーフトップ付きなので1枚でも。

授乳用インナー

オススメPOINT 1
 
着心地と機能性を重視したデザイン

ちょっぴりつらいリフォーム作戦だからこそ、快適に着られる工夫があちこちに。

オススメPOINT 2
 
段階に合わせて組み合わせ自在

ステップごとのアイテムが豊富なので、集中シェイプアップしたい場所など、目的別に選べます。

オススメPOINT 3
 
色・サイズ・タイプが豊富

バリエーションが豊富なので、お好みのアイテムを見つけられます。

もっといろいろな商品を見たい方はこちら

産後リフォームのがんばり次第で、妊娠前より引き締まったラインも夢じゃないかも。ぺったんこのお腹、キュッとしまったウエスト、上がったヒップ、すっきりしたレッグライン。そんな理想のボディを頑張って手に入れるためのリフォーム作戦を、出産直後からスタートできるよう、早めにアイテムを用意しておきましょう。
▲ページトップへ戻る
 

プレママタウンのサポート企業

特典いっぱい★会員になろう

 
  • ムーニー マザーズセレクション大賞2年連続受賞!
  • 「どうしようもない不安」「なんだか悲しくなる」そんな経験のあるマタニティのあなたへ。 lullaby for mom
  • 先輩ママに選ばれてNo.1 ムーニー