スマートフォンサイトはこちら

ようこそゲストさん!
ステキな会員特典がいっぱい

 

ようこそゲストさん!

妊娠期別目次

 
 

メニュー

取材協力:和光堂

母乳育児をサポートする
知っておきたいミルクのこと(2)

赤ちゃんの成長を支えるママのおっぱい。
バランスも完璧なすばらしい栄養源です。
100%母乳が理想だけれど、時にはミルクの助けを借りることも最後まで母乳育児を続ける秘訣の1つ。
今回は赤ちゃんの栄養摂取について、詳しく見ていきましょう。

母乳が基本の赤ちゃんの食事

生後1年間で赤ちゃんはどんどん大きくなります。その成長の源となるのが母乳です。必要な栄養素や免疫物質などをバランスよくそなえた完全栄養食なのです。

母乳とミルクについての詳しいお話はコチラ

▲ページトップへ戻る

授乳の「困った」をストレスにしない

赤ちゃんにすくすく育って欲しいという思いは全てのママに共通。だからこそ、授乳についていろいろと悩みを抱えて しまうことも。実際、多くのママが「困った」状況を体験しているのです。深刻に考えて不安やストレスにつながらないよう、気持ちを切り替え、前向きに考え ていきましょう。

母乳をよく出すためには

授乳について困ったこと(生後1ヶ月)
▲ページトップへ戻る

愛情あふれる授乳タイムを

母乳が不足したり、仕事などの都合で母乳をあげられないことも。何がなんでも母乳を、とストレスをためたりすると逆に母乳の分泌が少なくなることもあるので、そんなときはミルクで補うのも1つの方法です。栄養を与えることだけではなく、授乳をしながら赤ちゃんとママのスキンシップすることも大切。ミルクならパパも授乳に参加できるというメリットも。

こんなときは母乳が不足しているかも

・20分以上ずっとおっぱいを吸っているとき

・授乳後すぐにおなかをすかせて泣くとき

・体重の増え方が少ないとき

・便秘ぎみのとき

母乳不足の見分け方について詳しくはこちら

▲ページトップへ戻る

母乳をミルクで補うには

栄養のために母乳を授乳することを「母乳栄養」、母乳以外の乳汁で哺育することを「人工栄養」といいます。母乳を中心に足りない分をミルクで補う。これを「混合栄養」といい、比率の差こそあれ、母乳+ミルクの授乳方法が月齢とともに増えていきます。

栄養方法の推移
栄養方法の推移

混合栄養の与え方

母乳をあげたあと、不足分をミルクで補う

母乳とミルクを交互にあげる

▲ページトップへ戻る

離乳食と授乳の関係

赤ちゃんは日々成長し、必要な栄養の量も増えてきます。普通の食事に移行する準備として、5〜6カ月頃から離乳食 を段階的に与え、徐々に離乳食の比重を増やしていきます。9カ月を過ぎると、はいはいやつかまり立ちができるようになり、歯も生えてきます。離乳食も1日 3回になり、それまではバランスのとれた母乳やミルクが栄養の主体であったのが、離乳食へと移っていきますので、各栄養素をバランスよく、十分に補ってあ げることが大切になってきます。そこで、3回食が始まったら、離乳食だけでは不足しがちな栄養素を補い、栄養バランスを整える「フォローアップミルク」を 取り入れましょう。なお、この時期、鉄分不足やたんぱく質の摂りすぎなどを考えると牛乳の使用は好ましくありません。

離乳食の基本について詳しく知りたい方はこちら

 

月齢ごとの離乳食と授乳のバランス

育児用ミルクとフォローアップミルクの違いは?

赤ちゃんにとってパーフェクトな栄養源である母乳。育児用ミルクは、その母乳をお手本に作られたもの。一方、フォ ローアップミルクは、離乳食の脇役として、不足しがちなたんぱく質、カルシウム、鉄分、ビタミンなどを補うもの。それだけで栄養バランスのとれている育児 用ミルクと離乳食の脇役であるフォローアップミルクとでは栄養のバランスや量が違いますので、まだ栄養を主に母乳や育児用ミルクから摂っている赤ちゃんに フォローアップミルクを与えるのは良くありません。「早く成長してほしいから」と早い時期にフォローアップミルクをあげたりしないよう、気をつけてくださいね。

 
▲ページトップへ戻る

プレママタウンのオススメはコレ

育児用ミルク「はいはい」
育児用ミルク「はいはい」

和光堂レーベンスミルク「はいはい」は、永年の母乳研究と最新の乳児栄養の知識にもとづいてつくられた育児用ミルクです。母乳が不足したりあげられないとき、安心してお使いいただけます。赤ちゃんの体質や健康状態に応じて、医師、管理栄養士等の専門家にご相談ください。

フォローアップミルク「ぐんぐん」
フォローアップミルク「ぐんぐん」

満9か月頃になると、離乳食も3回食が始まり、栄養の中心は母乳や育児用ミルクから離乳食へ移ってきます。この成長期には、各栄養素をバランスよく補ってあげることが大切です。「ぐんぐん」は牛乳では不足しがちな鉄やビタミンC、ビタミンDを豊富に含みますので、3歳頃までの栄養補給に適したフォローアップミルクです。

オススメPOINT 1
はいはい ぐんぐん
溶けやすさが自慢の顆粒タイプ

独自の技術で作られた顆粒は溶けやすく、さっとミルクが作れます。夜中の授乳もラクラク。

オススメPOINT 2
はいはい  
母乳の成分とバランスに近づけました

消化吸収性に配慮して、β-ラクトグロブリン低減No1.(日本国内生産育児用調整粉乳において(ペプチドミルク、特殊ミルクは除く)2014年4月和光堂調べ)

初乳に多く含まれるラクトフェリン配合量No1.(日本国内生産育児用調整粉乳において 2014年4月和光堂調べ)

オススメPOINT 3
ぐんぐん  
栄養をバランスよく補給

牛乳では不足しがちな鉄を配合

ビフィズス菌をふやすガラクトオリゴ糖を配合

「はいはい」「ぐんぐん」について詳しくはこちら>>

母乳に近づけたミルク「はいはい」について詳しくはこちら>>

9カ月頃から不足する鉄分を補うにはフォローアップミルク「ぐんぐん」についてはこちら>>

和光堂ブランドサイト「授乳室はいはい.com」

母乳とミルクについてさらに詳しく知りたい方はこちら>>

プレママタウン「母乳育児を成功させるために 知っておきたいミルクのこと(1)」

商品概要

「はいはい」0カ月〜。缶入り850g、300g。お試し、お出かけ用スティックタイプ13g×10本入り。
「ぐんぐん」満9カ月頃〜3歳頃まで。缶入り850g、300g。お試し、お出かけ用スティックタイプ14g×10本入り。

赤ちゃんにとってパーフェクトな栄養源である母乳。 その母乳に近づけるべく改良されてきたミルクも、臨機応変、上手に取り入れて、赤ちゃんのすこやかな成長に役立てましょう。
▲ページトップへ戻る
 

プレママタウンのサポート企業

特典いっぱい★会員になろう

 
  • ムーニー マザーズセレクション大賞2年連続受賞!
  • 「どうしようもない不安」「なんだか悲しくなる」そんな経験のあるマタニティのあなたへ。 lullaby for mom
  • 先輩ママに選ばれてNo.1 ムーニー
  • ベルメゾン 妊婦さんが最低限必要なアイテムを厳選! マタニティ マストバイ アイテム 10
  • ベルメゾン みんなの育児日記無料プレゼント
  • ベルメゾン いつなにが必要?マタニティインナーSHOP