スマートフォンサイトはこちら

ようこそゲストさん!
ステキな会員特典がいっぱい

 

ようこそゲストさん!

妊娠期別目次

 
 

メニュー

乳腺炎(にゅうせんえん)

乳腺炎とは

乳腺がつまって炎症が起こり、痛みや発熱すること。母乳はどんどんできるのに、出ていかないトラブルなので、対策はとにかく母乳を外に出すこと。すべての乳管につまりがないよう、飲ませるか搾るかします。乳房が赤く腫れて痛くなり、高熱が出るほどの症状のときには病院へ。

みんなはどうだった?

Q.乳腺炎にかかりましたか?(回答者数=2160名)

かかった人は4分の1と少数派。かからなかった人は予防もしてなかったというラッキーな人も多いものの、油断すると誰でもかかる可能性もあるので、気をつけたいですね。

乳腺炎にかかりましたか?

先輩ママの体験談

予防には「甘いもの、脂っこいものを控える」「とにかく絞りきる」が主流。一方、乳腺炎かな、と思ったときには「冷やす」「マッサージ」がほとんどでした。冷やすときには「じゃがいもやさといもの湿布」と「食品用の保冷剤」が人気。

妊娠中毎日お風呂でマッサージをしていた。そのおかげらしいが特にトラブルはなかった。もちろん飲み残しがないようにしていました。

メロンの母さん[福岡県](乳腺炎にはならなかった)

第1子の時で産院からあまり母乳について教えてもらえず、よくわからないままあげていたのでおっぱいがパンパンに腫れて、痛くて本当に苦労しました。熱も出て病院で点滴を打ったりして母乳を中断しないといけませんでした。第2子の時は看護婦さんや助産師さん、友人などから情報を得て、食べ物から気をつけてとにかく赤ちゃんに吸ってもらって、しこりが出たり熱を持ったらジャガイモしっぷをつくってつけました。

おやゆびさん[東京都](重い症状になった)

入院中は看護士さんによく見てもらって、自分で判断してすることはありませんでした。

おのちゃんさん[神奈川県](軽い症状になった)

入浴時にマッサージをかかさずするようにしていた。関係ないかもしれませんが、きついブラジャーをしないで少し楽なハーフトップに変えて締め付けないようにしていた。

たれちゃんさん[大阪府](乳腺炎にはならなかった)

散歩中に急に乳が張り出したと思ったら痛くなり発熱してしまった。自分では痛くて乳を触れなかったのですぐに産院へ。看護婦さんに乳絞りをしてもらうと、あら不思議。熱も下がってしまいました。8カ月もたってからだったのでまさかかかるとは思ってませんでした。

コーンヘッドベビーのママさん[福井県](軽い症状になった)

私は、出すぎるおっぱいで粉ミルク代以上におっぱいマッサージ代がかかっていました。乳腺炎になりやすい人は、和食中心の献立に。牛乳は、カルシウムがいっぱい!なんて思ってたくさん飲むと脂肪分も多いので詰まる原因になる。おっぱいマッサージが上手な助産婦さんをみつけられると心強いです。おっぱいが腫れたらあまりあたためないこと。とにかく赤ちゃんに吸ってもらって詰まりがとれると一番いい。乳官開通法を自分でやる。

はーくんさん[東京都](重い症状になった)

予防にはストレスや疲れをためないのが1番だと思います。かかってしまった時は赤ちゃんに頻繁に吸ってもらって、睡眠をよく取りました。熱が出てしまった時は病院に行って薬を処方してもらいました。

Kimmyさん[その他海外](重い症状になった)

おっぱいを飲ませる時あらゆる角度から飲ませた。すこしでもしこりや痛みがあったら乳頭につまりがないかチェックした。おっぱいマッサージを受けた。脂っぽいものや甘いものを控えた。

ちょびさん[群馬県](軽い症状になった)

予防対策は搾乳か赤ちゃんにひたすら吸ってもらうことです。

クッキーポンさん[鳥取県](軽い症状になった)

長男の時は出産3カ月目くらいになりました。夜中に飲ます回数が少ないときがありあまった母乳をそのままにしていたのである日突然右が痛み出し、乳房がカチカチになり熱も40度近く出ました。病院で抗生剤などを処方してもらい乳房はシップで冷やし、余った母乳は搾乳機で搾って破棄しました。長女の時は出産10日で左がなってしまいました。治っても痛みは両方今でもあります。根っこみたいなものがあるんですね。

つるちゃんさん[宮崎県](重い症状になった)

すぐかかったので、母乳マッサージに3回くらい通った。それで、ずいぶん回復した。そこで指導されて、油っぽいものや、甘いものを控えるようにした。

あおいさん[兵庫県](軽い症状になった)

保健婦さんに薦められたのは、1日1回、授乳後の搾乳でした。おっぱいを吸う赤ちゃんの口の両端にあたる部分は、ほとんど吸えていないそうで、そこを搾乳すると乳腺炎を防げるといわれました。

くうくうさん[愛知県](乳腺炎にはならなかった)

熱が42度になり、死にそうだった。うわごとで子供の名前を呼んでいた

そうままさん[埼玉県](重い症状になった)

マッサージは、産院でビデオを借りて自分でもできるようにしていましたが、なってしまったときは、いじらずに医療用の保冷剤で冷やして産院へ行っていました。息子が7カ月の時にかかったのが一番重く、39度の発熱が同じ月に3回もありました。母乳はいずれの時も与えていました。搾乳器も購入しましたが、私の場合は手絞りタイプで、角度がついたものがとても使いやすかったです。

るりるりらさん[宮崎県](重い症状になった)

産後しばらくは甘いものを控えて和食中心にしていたが、一カ月検診後に安心してしまいお菓子や脂っこいものを食べた日が続いたせいか2カ月目に乳腺炎なってしまった。はじめはなんとなくちくちくした痛みがあり、だんだん触れるだけで胸が痛くなって赤くなり熱がでてきた。訪問専門の助産師さんに来てもらい葛根湯で熱を下げマッサージしてもらいあとは子どもに飲んでもらって治まった。

ゆっこさん[愛知県](重い症状になった)

出産直後から母乳の量がすごかったので、2カ月までは余ったら絞るの繰り返しでした。それでも、2回乳腺炎になり、40度近い熱や産後の疲れで死にそうでした。マッサージも飛び上がるくらい痛くて、そのせいで偏頭痛になり、体重も減る一方で、母乳が出すぎるがゆえの悩みが絶えませんでした。また、出すぎて困る人が周りに全然いなくて、この苦労があまり分かってもらえないのがとてもさみしかったです。

あかつきさん[福井県](重い症状になった)
 

プレママタウンのサポート企業

特典いっぱい★会員になろう

 
  • ムーニー マザーズセレクション大賞2年連続受賞!
  • 「どうしようもない不安」「なんだか悲しくなる」そんな経験のあるマタニティのあなたへ。 lullaby for mom
  • 先輩ママに選ばれてNo.1 ムーニー
  • ベルメゾン 妊婦さんが最低限必要なアイテムを厳選! マタニティ マストバイ アイテム 10
  • ベルメゾン みんなの育児日記無料プレゼント
  • ベルメゾン いつなにが必要?マタニティインナーSHOP