スマートフォンサイトはこちら

ようこそゲストさん!
ステキな会員特典がいっぱい

 

ようこそゲストさん!

妊娠期別目次

 
 

メニュー

妊娠9ヶ月

妊娠9ヶ月(32〜35週)
子宮の大きさ/子宮底長 30〜32cm(妊娠35週末)

胃のもたれ、動悸、息切れなどが出てきます

 子宮がみぞおちのあたりまで届いてきますから、胃や肺を上にもちあげ、心臓を圧迫するようになります。このため、胃がもたれたり、動悸や息切れなどの症状が強くなります。
  胃が子宮に押されると1回に食べられる量が減ります。過食をしないように、1回の食事量を抑えてくれる胃からのサインと受け止めましょう。食事量が減った分、すぐにおなかがすきます。お菓子などの間食が欲しくなりますが、これはガマン。1日の食事量を6回ぐらいに分けて食べる「小分け食い」にするのがコツです。

■体重管理を考えた食事について詳しくは

腰が痛くなったり足がつることも

 大きくなった子宮を支えるために、腰に負担がかかり、腰痛症状が強くなるママが多くなります。足のつけ根にも負担がかかり、股のあたりがつれたり、足がつったりすることがあります。
  おなかが大きくなると、体を動かすのがおっくうになりますが、適度な運動は、血行をよくして腰痛解消にも役立ちますし、太りすぎや妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の予防にもつながります。積極的に体を動かすようにしましょう。

尿が近くなったり、尿がもれたりします

 子宮が膀胱(ぼうこう)を圧迫して容量が少なくなり、尿が近くなります。残尿感といって、排尿後に尿が残っているような感じも出てきます。尿意を我慢すると膀胱炎などの原因になりますから、トイレは我慢しないようにしましょう。妊娠後期の軽い尿もれには専用のライナー、尿とりパッドを使うようにしましょう。
  くしゃみや咳をして下腹部に力が入ると、尿が少しもれることがあります。腹圧性尿失禁といって、お産が近くなったママにはよく見られるトラブルです。ホルモンや大きくなった子宮の影響で、内臓を支えている骨盤の底にある筋肉(骨盤底筋群)がゆるんだり、疲労します。もともと尿道が短い女性では、骨盤底筋のゆるみに伴い、尿もれが起こりやすくなるのです。尿失禁用のパットを使ったり、下着をまめに替えるなどの対策を。
  ただし、ときには破水(はすい)のことがあります。破水は赤ちゃんを包む卵膜が破れて中の羊水が流れ出るもの。尿と違って羊水は臭いがなく無色ですが、自分では区別がつかないこともあります。破水かも知れないと思ったら、早めに診察を受けましょう。

■尿もれについて詳しくは

■みんなの妊娠ライフについて詳しくは

この時期のおすすめ商品リンク
  • 妊娠初期
  • 妊娠中期
  • 妊娠後期
  • プレママタウン入会キャンペーン
  • ムーニーは“マザーズセレクション大賞”を受賞しました
  • ライフプランニング無料体験キャンペーン
  • ソニー生命 確定拠出年金無料相談キャンペーン
 

プレママタウンのサポート企業

特典いっぱい★会員になろう

 
  • ムーニー マザーズセレクション大賞3年連続受賞!
  • 「どうしようもない不安」「なんだか悲しくなる」そんな経験のあるマタニティのあなたへ。 lullaby for mom
  • 先輩ママに選ばれてNo.1 ムーニー
  • ソニー生命 ライフプランニング無料体験キャンペーン実施中!
  • ソニー生命 無料相談で合計200名様に豪華賞品があたる! ママ必見!話題の確定拠出年金の相談で豪華賞品プレゼント!